Company会社案内

スタッフ紹介

辻本彩

初めまして。
カナダバンクーバーオフィスに勤務しておりますAyaです。
大学時代の長期留学でカナダに惚れ込みCoop Programで2回目の留学。その後ワーキングホリデーで3回目の留学を経て永住権を取得。現在カナダ在住です。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
カナダに来たきっかけ

英語が得意でも大好きでもなかった私がカナダ留学を決めたきっかけは単純な“ライバル心“からでした。仲が良かった友達よりも英語が上手くなりたい、そんな思いで大学2年生の秋、Pure Canadaのサポートにより1年留学のためトロントへ旅立ちました。
私の英語力はというと超初心者レベル。日本での英語の成績は良い方だったので少しぐらいは出来ると思っていましたがカナダでは全く役に立たず、毎日理解不能の日々。
しかし「せっかくカナダまで来たのだから1年という限られた時間の中で吸収できるものは全部吸収して帰ろう!」そう心に決めて勉強を始め友達作りやボランティア活動など自ら積極的に行動することをモットーに留学生活を過ごしていました。

正直なところ、初めの3~4ヵ月間はなかなか外国人の友達が出来ず日本人の友達とばかり出かけていました。クラスも初級スタートということもあってクラスメイトは日本人ばかり。その影響もあり初めて海外で1人で生活していく中で母国語が通じる日本人の友達の存在はとても大きく、毎日日本語を使っていました。今思えば自分を甘やかしていた部分でもあったと思います。

しかし4ヵ月目を過ぎた頃「さすがにこのままではダメだ」と毎日図書館に行き勉強したり毎朝ラジオを英語で聞いたりと少しずつ勉強に集中していきました。幸い、私のホームステイには私以外にも留学生が3人住んでおり、彼らとはとても仲が良かったので帰宅してから映画を見たりビリヤードしたり、パーティーしたりと本当にたくさんの時間を彼らと過ごしました。彼らとの時間が私のスピーキング力を上げてくれたと言っても過言ではないぐらいです。

そうしてようやく英語力も伸び始めカナダでの生活が楽しくなってきた頃、あっという間に1年という年月が過ぎ日本に帰国しました。

2回目の挑戦

帰国した時は大学3年生の秋。周りの友達は就職活動まっしぐらでした。もちろん私も遅れを取り戻すためにセミナーに参加したり面接練習したりと就職活動を頑張っていました。しかし就職活動を続ける中で、今後の人生どのように生きていきたいか?と自問自答した時に一番に出た答えは「就職する」ことよりも「カナダに戻りたい」でした。そこで両親にその意思を伝え就職活動を辞め、アルバイトをして貯金に励みました。
大学卒業した年の5月、2回目の留学の地をバンクーバーに選び、Coop Programで留学生活をスタートさせました。始め半年間は語学学校へ通い、更なる英語力の向上を目指しIELSや大学準備コースなどを受講、毎日授業の難しさに負けそうになりながらも必死に勉強しました。
その後スキーリゾートでのインターンが決まり約3か月間、カナダ人やオーストラリア人、ニュージーランド人に囲まれながらキッチンで楽しく仕事をしていました。
この留学もたくさんの人との出会いはもちろん、英語環境で働くという就業経験も貴重な体験となりました。

最後のチャンス、そしてその後

2回もカナダに留学した私はますますカナダに魅了され、とうとうワーキングホリデービザで3回目の留学生活をスタートさせました。ワーキングホリデービザが取れるのは人生1度きり。滞在の延長も出来ません。なんとかしてこの1年でカナダに長期に滞在できる方法を見つけないとこれがカナダに長期で住める”最後のチャンス”だと思っていました。
仕事は接客業が良かったのでカフェを中心にレジュメを配り歩き、ローカルカフェで仕事始めました。バリスタは経験してみたかった職業でしたし、いろんな国籍の同僚とも仕事が出来て毎日楽しく一所懸命働きました。

そこで思いもよらぬ転機が訪れました。

ワーキングホリデーが終わりに近づいていたある日、私の仕事ぶりを認めてくれたオーナーがワークビザのサポートのオファーをして下さりワークビザを取得、そのまま永住権を取得に繋がりました。
“カナダに長期で住みたい”という夢が実現できたのです!

その後2年半お世話になったカフェを退職、現在PURE Canadaの一社員としてバンクーバーオフィスで勤務させて頂いております。

これから留学する方々へ

カナダ留学は間違いなく私の人生を180度変えました。
私が留学を思い立ったキッカケは大した理由ではありませんでしたが、数年後の自分がカナダに住むことになるなんて留学当初は想像もしていなかった未来です。

そして今、私の留学のすべてを支えてくれたPure Canadaの一社員として皆さんの留学のお手伝いをさせて頂けることがとても嬉しく思います。

英語もあまりしゃべれない、外国で生活することも不安。留学に挑戦するという事はとても大きな一歩を踏み出す事だと思います。でもその一歩を踏み出すことで自分の想像をはるかに超えるものがそこには待っています。私の留学経験も活かし一人でも多くの方の”新しい挑戦”をサポートさせて頂きたいと思います。

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP