ナイアガラの滝、カナダ滝を正面から空撮

Programs留学プログラム

都市から探す

ナイアガラフォールズNiagara Falls

世界で最も有名なナイアガラの滝、オンタリオ州を訪れる世界中の人々が訪問するこの地には、旅行業を学べるカレッジ正規留学が人気です。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
ナイアガラフォールズのデータ

ナイアガラの滝を横から鑑賞

ナイアガラの滝と霧の乙女号

オンタリオ州(ON)
都市名ナイアガラフォールズ
最寄りの空港
(ダウンタウンまでの距離)
ナイアガラフォールズの最寄りの空港は、トロント・ピアソン国際空港(レスター・B・ピアソン国際空港)になります。

トロント・ピアソン国際空港(YYZ)は、カナダにおいて発着数・旅客数ともに最大の空港で、世界で見ても29番目に利用者数が多い空港になります。

トロント・ピアソン国際空港からナイアガラフォールズのダウンタウンまでは、車で約1時間18分(約128km)でアクセスが可能です。

※ダウンタウン=町の中心エリア
人口ナイアガラフォールズは、人口は増加傾向にありますが、高齢化が進んでおり、14歳以下の割合が18.09%に対して、65歳以上の割合が17.03%になっています。

【広域圏の人口】
427,421人 ※2006年調べ

【市域の人口と人種別構成】
82,184人 ※2006年調べ
イギリス系:29.32% / イタリア系:19.77% / スコットランド系:17.82% / アイルランド系:14.35% / フランス系:11.16%
※2001年調べ
日本との時差夏:-13時間 / 冬:-14時間

※カナダの夏時間は、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで。
ナイアガラフォールズの気温
月別 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) -1.0 -0.5 5.1 12.2 19.3 24.2 27.2 26.0 21.3 14.7 8.0 1.9
最低気温(℃) -7.9 -7.7 -3.2 2.4 8.6 13.9 17.2 16.7 12.5 6.4 1.3 -4.7
降水量(mm) 69.5 67.4 75.5 75.5 76.5 87.5 75.4 81.6 95.2 84.3 91.0 90.7
降水日数(日) 18.2 15.7 14.7 14.6 13.1 12.2 10.9 11.1 12.3 13.6 15.5 17.5
ナイアガラフォールズの特徴

ナイアガラの滝、ホースシュー側から空撮

ナイアガラ川に面した街で、新婚旅行に多く訪れられる街として知られる。

 

アメリカ側にも対岸のニューヨーク州にナイアガラ市が存在する。

 

冬のナイアガラの滝は一面クリスタルの世界だ。

滝から上がる飛沫が空気中で凍ってダイヤモンドダストのようにきらきらと輝き、氷柱が美しい造形美を見せる。

クルーズ【霧の乙女号】は運休されるが、テーブルロックやジャーニービハインドザフォールなどのスポットは夏ほど混雑することもなく、その荘厳な姿を満喫できる。

夜はイルミネーションされた滝が一段と幻想的に輝く。

 

ナイアガラ・ウィンターフェスティバル・オブ・ライツが開催される期間はより豪華にライトアップされて、美しさを際立たせる。

ナイアガラフォールズのイベント・催し

ナイアガラの滝、ホースシュー側から空撮

凍ったナイアガラの滝

5月中旬:春の花祭り

5月、ナイアガラの滝周辺のプロムナードは一斉に花が咲き乱れる。

一気に春の香りに包まれるこの時期に、春の訪れを祝って開催される。

ミス・ナイアガラ・コンテストやパレード、アメリカとカナダの警察が参加する国際対抗綱引き大会など、人気イベントが催される。

9月17日~26日:ナイアガラ秋の収穫祭

ワインやフルーツの産地ナイアガラ半島で、ブドウの収穫を祝う秋の収穫祭。

セント・キャサリンズをはじめ各地でさまざまなイベントが開催される。

ワイナリー・ツアーやブドウ踏みつぶし大会が人気。

またその年の最も優れたブドウとワインが決定され、表彰式も行われる。

11月下旬~:ナイアガラ・フェスティバル・オブ・ライツ

滝や周辺のタワー、公園などが何万というライトを飾り付けられ、筑前田井が美しくクリスマスらしいイルミネーションでライトアップされる。

昼間でも飛沫がきらきらと凍りつき、周辺の木々も樹氷を作りクリスタルのように輝き魅せる滝が、夜は更に幻想的な美しさを見せる。

光のパレードや花火大会、コンサートも盛大に行われ、様々な光を受けて、滝はひときわ幻想的に浮かび上がる。

ナイアガラフォールズのみどころ・観光スポット

ナイアガラの滝のジャーニービハインドザフォールズ

ナイアガラの滝のライトアップと花火

凍ったナイアガラの滝

ナイアガラの滝

ナイアガラの滝のツアーは数種類ある。

Hornblower Niagara Cruiseではフェリーに乗って滝に接近し、水しぶきや壮大な滝を実感出来、Journey Behind the Fallsでは徒歩で滝の近くまで近寄る事が出来る。

また、Skylon Towerではヘリで上空から滝を見る事も出来、Niagara SkyWheelでは観覧車に乗って滝を眺める事も出来る。

ワイナリー

St. CatharinesとTwenty Valleyのワイナリーでは、ナイアガラ産のワインが楽しめる。

ナイアガラ・アイスワインも有名で、観光客のお土産に多く購入されている。

ナイアガラ・アイスワイン・フェスティバルの開催もあるので、要チェック。

ボタニカルガーデン

ナイアガラフォールズにはたくさんの美しい公園がある。

そのひとつに、ボタニカルガーデン(植物園)がある。

40ヘクタールの植物園には多年生植物、ツツジ、シャクナゲ、サツキなどや花壇があり、ハーブや野菜が栽培され、2,400本のバラも栽培されている。

ボタニックガーデンではワークショップも行っている。

ナイアガラフォールズの交通機関

ナイアガラの滝、カナダ滝とアメリカ滝

ナイアガラフォールズ交通局からバスが市内を巡回している。

VIA鉄道ではトロントなどの各方面とナイアガラフォールズを結んでいる。

GOトランジットと呼ばれる鉄道が観光シーズンの5月から9月にかけて、週末にトロントユニオン駅から1日3本運行されている。

中距離・長距離の移動はVIA鉄道やグレイハウンドを利用。

トロントへ
列車または 約2時間
ナイアガラフォールズの地図
日本からナイアガラフォールズまでのアクセス

ナイアガラの滝の下流

ナイアガラフォールズの最寄りの空港は、トロント・ピアソン国際空港(レスター・B・ピアソン国際空港)になり、トロント・ピアソン国際空港(YYZ)からナイアガラフォールズのダウンタウンまでは、車で約1時間18分(約128km)でアクセスが可能です。

関西国際空港(KIX)からトロント・ピアソン国際空港まで
東京を経由

関西国際空港から東京国際空港(HND)まで約9時間30分

東京国際空港からトロント・ピアソン国際空港まで約12時間5分

 バンクーバーを経由

関西国際空港からバンクーバー国際空港(YVR)まで約9時間30分

バンクーバー国際空港からトロント・ピアソン国際空港まで約4時間28分

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

お薦めのプログラム
お薦めの年齢
お薦めの目的
お薦めの学校
フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP