ウィニペグのダウンタウン

Programs留学プログラム

都市から探す

ウィニペグWinnipeg

ヨーロッパ的な雰囲気を漂わせる街・州都ウィニペグでは、高校留学、2つの大学で大学付属語学留学、語学留学、ワーキングホリデーなど、多彩な留学を実現できる街です。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
ウィニペグのデータ

ウィニペグの街並み

ウィニペグの公園

マニトバ州(MB)
都市名ウィニペグ
最寄りの空港
(ダウンタウンまでの距離)
ウィニペグの最寄りの空港は、ウィニペグ国際空港(正しくは、ウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港)になります。

ウィニペグ国際空港(YWG)は、マニトバ州において、最も重要なハブ空港であり、またマニトバ州内の唯一の国際空港になります。

ウィニペグ国際空港からウィニペグのダウンタウンまでは、車で約20分(約9.5km)でアクセスが可能です。

※ダウンタウン=町の中心エリア
人口ウェニペグは、マニトバ州の州都であり、州の人口のうち、半数以上が集中しているため、州内で最も人口が多く、カナダ国内では8位の人口数になります。
余談ですが、ウィニペグに住む人たちのことを「Winnipegger(ウィニペガー)」と呼びます。

【都市圏の人口 / 市域の人口】
730,018人 / 663,617人
※2011年調べ
日本との時差夏:-14時間 / 冬:-15時間

※カナダの夏時間は、3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで。
ウィニペグの気温
月別 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温(℃) -11.3 -8.1 -0.8 10.9 18.6 23.2 25.9 25.4 19.0 10.5 -0.5 -8.5
最低気温(℃) -21.4 -18.3 -10.7 -2.0 4.5 10.7 13.5 12.1 6.4 -0.5 -9.2 -17.8
降水量(mm) 19.9 13.8 24.5 30.0 56.7 90.0 79.5 77.0 45.8 37.5 25.0 21.5
降水日数(日) 0.67 0.93 2.9 5.1 11.3 13.3 11.4 10.7 10.3 7.9 3.0 0.84
降雪量(cm) 23.7 12.5 16.5 10.6 2.6 0.0 0.0 0.0 0.3 4.8 19.9 23.0
降雪日数(日) 12.4 7.7 7.4 2.9 0.56 0.0 0.0 0.0 0.11 2.3 8.6 11.5
ウィニペグの特徴

ウィニペグの航空写真

州都は、大平原に他民族の文化が花開いたウィニペグ(カナダ第七の都市)。

最北のツンドラ地帯ではホッキョクグマに出会える。

サスカチュワン州の東隣。

やはり広大な大平原が続くが、北上してハドソン湾へ向かえば大湿地帯、ツンドラ地帯へと変化する。

 

州都の『ウィニペグ』は、カナダのほぼ中央に位置し、かつては西部への門といわれた交通の要。

19世紀の交易で栄えた歴史ある街で、近代的な都市となった今でも、ヨーロッパ的な落ち着いた雰囲気と文化の香りが漂う。

 

世界的に有名な『ロイヤルウィニペグバレエ団』や『ウィニペグミシュランのガイドブックで三ツ星の評価を受けており『マニトバ人間自然史博物館』、ハドソン・ベイ・カンパニーが毛皮交易所として築いた砦の『ロウワーフォートギャリー』など見所が多い。

 

複数の民族が集まり、国際色豊かな料理屋祭りが楽しめるのもこの街の魅力である。

 

ウィニペグに住む人の通商は“ウィニペガ―”

ウィニペグのイベント・催し

ウィニペグの大平原

毎年1月に行われる、BIG FUN FESTIVALでは、5日間に渡って、ウィニペグのダウンタウンにて音楽フェスティバルが開催される。

 

色んな世代のミュージシャンが演奏を繰り広げる、見ごたえのある祭典だ。

 

6月には同じダウンタウンにてジャズフェスティバルが、こちらは11日間にも渡って開催される。

4万人を超える来場者があり、奏者も国際色豊かである。

ウィニペグのみどころ・観光スポット

ウィニペグの航空写真&川

ウィニペグの建物

マニトバ人類自然史博物館

館内は8つのギャラリーに分けられていて、カナダの植民地史、マニトバの歴史、インディアンの生活など人間と人間を取り巻く環境と調和の歴史についての展示を行なっている。

なかでも1668年ハドソン湾にやってきた帆船”ノンサッチ”のレプリカは見ごたえ十分。

この船こそがのちの毛皮貿易のハドソン・ベイ・カンパニー設立のきっかけになった。

 

年中オープン (冬期は月曜休館)

Manitoba Museum of Man and Nature Tel.(204)956-2830

ロウアー・フォート・ギャリー

ウィニペグから北へ32キロメートルにある北米史上重要な史跡。

 

1830年ハドソン・ベイ・カンパニーが毛皮交易センターとしてレッド・リバーの河畔に建設した砦。

砦の内部は植民地時代に毛皮貿易に携わった人々の生活の様子をそのまま再現している。

ビーバー、オオカミ、キツネなどの毛皮が保管されていた小屋、実際に売買が行なわれた建物、鍛冶屋、インディアンのテントのほか、ビッグ・ハウスとよばれるハドソン・ベイ・カンパニーの会長宅もあって、そこでは当時のコスチュームを身に付けた会長夫妻、メイドが気軽に見学者に話しかけたりもする。

 

5月中旬から9月中旬まで。

Lower Fort Garry National Historic Park Tel.(204)785-6050

ロイヤル・ウィニペグ・バレエ団

1939年創立のこのバレエ団はカナダで最も古い歴史を持ち、その技術、洗練されたスタイル、レパートリーの広さなどあらゆる点で世界屈指。

日本でも度々公演を行なっている。

イヴリン・ハートは中でも人気のバレリーナである。

 

Royal Winnipeg Ballet Tel.(204)956-0183

公演スケジュールは (204)956-2792

ウィニペグの交通機関

バーノンの市内はウィニペグトランジットから30本以上のルートのバスが走っており、ダウンタウンの中心街は無料で乗れるエリアもあります。

飛行機で移動
バンクーバーへ 約3時間
カルガリーへ 約2時間
トロントへ 約2時間20分
サスカトゥーンへ 約1時間20分
VIA鉄道カナディアン号で移動
バンクーバーへ VIA鉄道カナディアン号で約38時間40分
ウィニペグの地図
日本からウィニペグまでのアクセス

ウィニペグの最寄りの空港は、ウィニペグ国際空港(ウィニペグ・ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港)になり、ウィニペグ国際空港(YWG)からウィニペグのダウンタウンまでは、車で約20分(約9.5km)でアクセスが可能です。

関西国際空港(KIX)からウィニペグ国際空港まで
バンクーバーを経由

関西国際空港からバンクーバー国際空港(YVR)まで約9時間30分

バンクーバー国際空港からウィニペグ国際空港まで約2時間35分

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

お薦めのプログラム
お薦めの年齢
お薦めの目的
お薦めの学校
お薦めの体験談
フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP