カナダの文化と習慣 カナダフラッグを持つ若者達

First Study初めての留学

カナダという国

カナダの文化と習慣

様々なバックグラウンドを持った人々が肩を並べて平和に生きる国・カナダの文化や習慣をご紹介します。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
カナダ人の文化や習慣、カナダ人って?

カナダの文化と習慣 カナダの象徴のイラスト

カナダの文化と習慣 入国スタンプ

カナダの文化と習慣 地球儀を持つ若者達

多民族国家で異文化に寛容

カナダは多くの移民を受け入れていますので、世界中から様々な人種の人々がカナダ人として暮らしています。

人種差別もさほど無く、個々の考えや文化の違い、宗教の自由を尊重し、調和を大事にしています。日本人でも外国人と思われることなく、普通に声をかけられたり、道を聞かれたりします。

みんな違って、みんないい

単一民族である日本人にとって、街に外国人がいると際立って見えます。

しかし、カナダでは誰が歩いていても誰も気にしません。様々な人種が共存していることが当たり前になっているからです。

それは容姿、生活習慣、考え方、生き方に至るまで、誰もが違って、その違いを尊重し、共に生きていくという考えがカナダには根付いています。

フレンドリー

移民の国ということもあって、様々な人に対してフレンドリーに対応します。
街で気軽に声をかけられますし、英語が苦手な人にも理解してあげようとする気持ちで優しく対応してくれます。 新しいグループへ少し勇気を出して参加してみれば、すぐに仲間に入れてもらえるでしょう。年齢、性別、人種などを気にすることなく、みんながファーストネームで呼び合うような、
おおらかな性格で接してくれます。

細かいことは気にしない

先に挙げたフレンドリーでおおらかな性格からか、細かいことにはあまり気にしない人が多いです。
良いか悪いかは別として、役所等のしっかりした会社でも人によって言ってることが違ったりという事があります。物事に対して柔軟に対応してますので、レストランでも嫌いなものがあれば注文時に伝えると代わりのもの対応してくれたりと、とにかく相談してみるといいですね。
また、合わせて時間にもルーズな国ともいわれます。公共の交通機関が時間通りに来ないことも
しばしばあり、例えば業者との約束も3-4時間くらいの間のいずれかの時間でくる、といった曖昧な約束をし、その時間にも遅れてくることもあって、その日は家から出かけられないという事もあります。プライベートでも似たようなこともあり、あまり細かい約束やルールは決めないですね。
こういった文化に慣れるのもカナダで生活するのに重要な事かもしれません。

はっきり意見を言う

カナダ人は、日本人のように何も言わなくても空気を読む、気遣いで行動するという事があまり
ありませんので、はっきりと口に出して自己表現、意思表示をします。 好き嫌いもはっきり
しているため、自分の意見、考えは周りに流されることなく伝えるようにしましょう。

家族との時間を大切にする

仕事が終了時刻を迎えると、カナダ人は残業などせずに自宅に戻って家族との時間やプライベートを思う存分楽しみます。
家族の誕生日には、カードやプレゼントを贈り合い、頻繁に家族で集まります。
クリスマス時期には、どんなに離れて暮らしていても、必ずと言っていいほど、家族と共に時間を過ごします。

週末は少し長く寝て、朝&昼ごはんはブランチ

平日はしっかり仕事をし、週末は少し遅くまで寝て、朝食(ブレックファースト)と昼食(ランチ)を合わせてブランチを食べる習慣があります。
週末は少し家事を楽にして、休日を楽しもうという知恵ですね。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP