カナダの基本情報

First Study初めての留学

カナダという国

カナダの基本情報

世界で最も留学に適している国、カナダ。

カナダには魅力があふれています。
治安、親切な人々、美しい自然、数え上げればきりがありません。
さまざまな角度から見ることで、よりカナダの魅力を感じてください。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
基本情報

留学に最適な国カナダ留学に最適な国カナダ

基本的なカナダの情報をご紹介いたします。

面積 909万平方キロメートル(世界第2位)
人口 約3,200万人
首都 オンタリオ州オタワ
言語 公用語は英語とフランス語
公立の案内は全て2ヶ国語表示
通貨 カナダドル
気候 以下の表参照
時差 以下の表参照
サマータイム サスカチュワン州以外は採用
税金 以下の表参照
喫煙の年齢制限 18歳未満は喫煙してはいけない
飲酒の年齢制限 18歳未満は飲酒してはいけない
(アルバータ・マニトバ・ケベック州)
19歳未満は飲酒してはいけない
(上記以外の州)
カナダの州情報と税金

カナダの税金(GST・PST)カナダの税金 GST

カナダでは、物品サービスの販売ごとに、一律5%の物品サービス税(GST:Goods and Services Tax)と、州税(PST:Provincial Sales Tax)が課税される。

  人口 州都 税金
(GST)
税金
(州税)
ブリティッシュコロンビア州 406万人 ビクトリア 5% 7%
アルバータ州 300万人 エドモントン 5% 0%
サスカチュワン州 102万人 レジャイナ 5% 6%
マニトバ州 115万人 ウィニペグ 5% 8%
オンタリオ州 1,167万人 トロント 13%※
ケベック州 737万人 ケベックシティ 5% 9.975%
ニューブランズウィック州 76万人 フレデリクトン 15%※
プリンスエドワード島州 14万人 シャーロットタウン 15%※
ノバスコシア州 94万人 ハリファックス 15%※
ニューファンドランド州
ラブラドール地方
54万人 セントジョンズ 15%※
ユーコン準州 3万人 ホワイトホース 5%
ノースウェスト準州 4万人 イエローナイフ 5%
ヌナブト準州 3万人 イカルイト 5%

※ オンタリオ、ニューブランズウィック、ノバスコシア、ニューファンドランド州、プリンスエドワード島州では、ハーモナイズドセールス税(HST)の制度が導入されており、GSTは加算されません。
GSTは2008年1月より5%に変更。

時差

カナダの時差カナダの時差

カナダは6つの時間帯に分かれており、サマータイムを採用(サスカチュワン州を除く)しています。毎年3月の第2日曜に時計の針を1時間進め、11月最初の日曜に針を元に戻す。したがって、夏時間では日本との時差は1時間少なくなります。

  主要都市 時差 日本の正午
太平洋岸 バンクーバー
ビクトリア
-17時間 19:00
山岳部 カルガリー
エドモントン
-16時間 20:00
中央 レジャイナ
ウィニペグ
-15時間 21:00
東部 トロント
モントリオール
-14時間 22:00
大西洋岸 ハリファックス
シャーロットタウン
-13時間 23:00
ニューファンドランド セントジョンズ -12.5時間 23:30
四季

カナダの春夏秋冬カナダの春夏秋冬

カナダの四季は日本とは異なり、年間の降水量が少ないため夏は湿気が少なくさわやかな気候や気温の地域が多いです。冬は氷点下20度まで下がり、日本よりも寒い気候や気温になります。

太平洋沿岸(バンクーバーやビクトリア、ウィスラーなど)
晴れの日が多くなるが雨の日は肌寒い。バンクーバー・ビクトリアでは同時期の東京よりも暖かいことも。ウィスラーやBCロッキーなどの山岳地帯では降雪もある。
日中は暑くなるときもあるが、湿気がなくさわやかな日が多い。早朝、夜間は冷え込むこともある。
秋の訪れは比較的早く、さわやかな日が多い。
バンクーバーは雨天、曇天が多いが、ビクトリアは比較的晴天が多い。両都市ともそれほど寒くなく、雪はめったに降らない。ウィスラー、BCロッキーなどの山岳地帯では降雪量も多い。
カナディアンロッキー(バンフやレイクルイーズなど)
5月上旬までは降雪を見ることもあり、冬の気候が続く。5月中旬に遅い春が訪れる。冬服が必要。
1年中で一番さわやかな季節。日中と朝晩との温度差が18度にもなる日があるほど激しく、雨の日はかなり冷え込むので真夏でもセーターやコートは必要。稀に降雪を見ることもある。山岳気候なので天気が変わりやすく、雨具は必需品。晴れた日には紫外線が強いのでサングラスが必要。
秋の訪れは早い。9月や10月でも積雪を見ることがある。10月上旬にはインディアンサマーと呼ばれる。さわやかな晴れの日が続く。
10月下旬には冬が訪れる。雪も比較的多く真冬にはマイナス20から30度まで下がることもある。完全防寒が必要。時として『シヌーク』と呼ばれるフェーン現象に見舞われることもある。野外で活動する場合は風情報にも注目。風の強い日は体感温度が違うため、条件によっては凍傷になる場合もあるので服装に注意。
中部平原。湖岸地方(ウィニペグやトロント、ナイアガラなど)
春でもセーターなどが必要な場合もある。逆に5月と6月には夏日もある。
比較的さわやかな気候。トロントなどの湖岸地方では高温になることもある。
さわやかな日が多く、湖岸地方やマスコーカ地方では9月下旬から10月中旬にかけて紅葉が最も美しい。
南部は雪が比較的少ないが、寒さは相当厳しい。北部は寒さも厳しく降雪も多い。
東部大西洋沿岸(シャーロットタウンとハリファックス)
春でもセーターなどが必要な場合もある。逆に5月と6月には夏日もある。
湿度が低いためさわやかで比較的すごしやすい。
9月下旬から10が中旬にかけて紅葉が美しい。気温の高低差がある。
雪が多く寒いが、大西洋沿岸地方は海流の影響で内陸部ほど寒くはない。
北部3準州(イエローナイフとホワイトホース、イカルイト)
広範囲にわたる北部3準州は緯度によっても気候が変わってくる。
北緯60度から64度までに位置する3つの州都では夏は日差しも強く気温も15から20度くらいまで上がる。期間は6月から8月にかけてと短い。
ほとんどありません。
冬は厳しく、気温もマイナス20から30度まで下がる。厚手の下着、スキー用マスク、手袋あるいは厚手のミトン、使い捨てカイロ、ロングブーツに風邪を通さないコートが必要。さらにオーロラ鑑賞の際は防寒具をレンタルする必要がある。
ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

人口

カナダの各州の人口カナダの各州の人口

カナダの人口についてご紹介をいたします。

人口の多い州
  人口
1位 オンタリオ州(ON州) 1,200万人
2位 ケベック州 745万人
3位 ブリティッシュ・コロンビア州 410万人
4位 アルバータ州 310万人
人口の多い都市
  人口
1位 トロント 500万人
2位 モントリオール 350万人
3位 バンクーバー 210万人
4位 オタワ&ハル 110万人
5位 カルガリー 99万人
6位 エドモントン 97万人
自然

環境保護の先進国であるカナダ。

世界的に人気が高いロッキー山脈やナイアガラの滝、オーロラ、紅葉など、見所満載です。バンフ国立公園など、39の国立公園、1,000を越える州立公園があり、国土の9%が保護地域に指定されています。

自然と触れ合いながら留学生活を送れるのもカナダ留学の魅力の一つです。

モザイク国家・カナダ

カナダで暮らす人たち人種のモザイク

カナダに暮らす人々の多くは移民であり、さまざまなバックグラウンドを持っています。カナダがモザイク国家と呼ばれる所以です。

イギリス系やフランス系の他、ドイツ系、イタリア系、中国系、ウクライナ系、北米インディアン、オランダ系、ポーランド系と続く多数の移民が隣同士で仲良く暮らしています。

さまざまなバックグラウンドを持つ人々がコミュニティーを形成し、独自の文化や伝統を継承しながら共存しています。カナダでバスや電車に乗ると英語以外の言語が聞こえてくることがあると思います。様々な文化のお祭りが行わている地域もあります。ぜひあなたの目で確かめてみてください。

先住民族の歴史・文化

ヨーロッパ人が渡来する、はるか昔から、カナダには、多くの先住民族が住んでいました。現在はファーストネーションやイヌイット、メティス、デネといった先住民族が伝統を守りながら暮らしています。

ファーストネーション

15世紀、アメリカ大陸を発見したコロンブスがそこをインドと勘違いし先住民を”インディアン”と呼んで以来、何世紀もその名が浸透していました。しかし、現在は彼らが自ら名乗る”ファーストネーション”という言葉がカナダの先住民を表す総称として定義しています。現在は住宅環境や就学率も向上し、職業ニーズに合った訓練教育を受ける学生も増え、企業化が多方面の産業分野で活躍しています。また、芸術家たちが彫刻や絵画などで自分達の祖先の伝統と技術を掘り下げた作品を創造して国内外の芸術界で高い評価を受けています。
現在、先住民の文化や言語、伝統的な信仰や慣習は再評価され保存促進するセンターが増えています。また、年配の人たちは再びその伝承に重要な役割を持つようになっています。さらに、先住民新聞やラジオ、テレビネットワークも発達し、彼ら自身の言語で情報を送り番組を放送しています

イヌイット

以前はエスキモーと呼ばれた先住民族でカナダには世界のイヌイットの約4分の1が住み、大陸北岸沿いや北極諸島に点在する集落で暮らしています。
カナダ政府による公共・社会サービスにより、各地の集落に散在していたイヌイットは学校や協会、店舗を持った大きな村に集まって住むようになっています。かつての犬ぞりやスノーモービルや全地走行車に、モリはライフルに、雪の家イグルーは電化設備の整った家に替わりました。
しかし、多くのイヌイット達は今でも伝統的な狩猟や漁業で生計を立て、伝統的な芸術工芸品を作り続けています。イヌイットの彫刻や版画、タペストリー、ビーズワークなどは彼らの生活や動物、神話や霊的世界を表現している作品が多く、世界的に有名で芸術的価値が高いとされています。

デネ

極北カナダの森林部に昔から住んでいる民族で、文化的にイヌイットとは異なると言われています。彼らは数千年の昔から狩猟や漁業、毛皮用動物の罠猟をしながら遊牧民的な生活を営んできました。今でも多くの人は伝統的なライフスタイルを持って暮らしています。動物の皮や骨、木を使った伝統工芸作りに優れていて、これらの技や生活の知恵は、歌や物語で伝承されています。

メティス

数百年前にフランス系毛皮商人と結婚した先住民の子孫を一般にメティスと言います。毛皮交易で仲介人や運搬労働者として重要な役割を果たしながら、独自の社会、文化を築いてきました。学校ではフランス語が使われ、彼らの多くがフランス語を話すことから先住民族の中でも早くから賃金労働に従事してきた歴史があります。

お問合せ

ピュアカナダへお問い合わせ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP