カナダ留学で得られるもの 素晴らしいカナダ

First Study初めての留学

カナダ留学

留学で得られるもの

カナダ留学で得られるものは、果たして英語力だけでしょうか?
これまでに留学を経験し、帰国した方々の口から出てきた言葉をご紹介致します。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
「英語力」「世界中の仲間」「将来の夢・目標」

カナダ留学で得られるもの 英語力を身に付ける

カナダ留学を経て「得たいもの」は何でしょうか?

留学前アンケートでは、「英語力」とおっしゃる方が大部分です。将来、就職に役立つよう、「英語力が必要だ」と感じておられる方が多いようです。

では、実際に帰国後、何を得て帰国されているでしょうか?

もちろん、「英語力」

学校で世界の友達と出会い、ホストファミリーと英語でたくさん話し、英語漬けの生活を送ることになりますので(自分次第)、もちろん劇的な英語力アップを得て、将来に繋げておられます。

日本では出会えない「世界中の仲間」

語学学校、高校でも、大学でも、専門学校でも、サマーキャンプでも、世界の仲間とたくさん出会うことができます。

カナダで、「あの日、あの時、あの場所」で出会わなければ、一生出会うことはなかったであろう大切な仲間です。

そして、多くの方が、「生涯の友」として、帰国後もずっと友情を育んでおられますよ!

明確になった「将来の夢・目標」

留学前は「将来、何をしたいのか、自分でも分からない」という方が非常に多いのが現状です。しかし、留学中、世界中の仲間との出会いを通して、そして日本とは異なる生活習慣や価値観に触れる経験を通して、「自分の可能性、自分の生き方」に気づかれる方が非常に多いです。

ピュアカナダ留学センター代表の小谷も、23歳でのカナダ留学を通して、将来の方向性を見つけた一人です。

ピュアカナダは「成長」と「自信」と「論理思考力」を提供します

カナダ留学で得られるもの 自信を得た子供

ピュアカナダは、単なる【カナダ留学の会社】ではありません。

「成長」と「自信」と「論理力」を提供することを大きなテーマとして掲げております。

「成長」

カナダ留学を終え、ご挨拶に来て下さる多くの方々は、本当に素敵な笑顔で「素晴らしい経験、出会い、成長を得ることができました」と喜びの言葉をたくさん下さいます。しかし、最初から全て順風満帆だったかと言えば、例外なく、誰もが壁にぶつかっておられます。その壁は人によって異なりますが、誰もがその壁を乗り越えた先に、自分自身の大きな成長を感じていることを話して下さいます。

日本の生活ではなかなか感じられない「あっ、今、自分は成長している」と感じられる瞬間が、必ずあなたにもやってきます!

日本人に圧倒的に足りない「自信」

カナダ留学中、親や親友はそばにいてくれません。壁に直面した際、自分で考え、自分で判断し、自分で選択することを求められます。

小さな壁は毎日訪れ、それを1つ1つ乗り越えて、「日々、小さな成功と積み重ねていく」という経験を通して、少しずつ自信を構築していくことができます。

もちろん小さな失敗もたくさんあります。しかし、誰もが必ず乗り越えることができる壁です。あとは挑戦するかどうか、この壁を乗り越えるかどうかですね。

世界共通言語と言われる「論理思考力」

外国人とのディスカッション(討論)の場面で、日本人は自分の意見をはっきり言えない方が非常に多いです。

「英語力が足りない」からでしょうか?もちろんそれもありますが、英語力が上級の方でも、ディスカッションになったら途端に発言できなくなる方も多いのが現状です。

「自信がない」からでしょうか?これももちろんあります。

しかし、最も根底にあるのは「自信を持って出せる自分の意見がない」ということではないかと考えています。そもそも、自分自身で「論理的に物事を考える力」を養うことが重要だと考えています。

ある世界的経営者は「世界共通言語は英語ではなく、論理的思考だ」と言われるほど、重要なものです。

留学を通して、様々な国の人々と出会い、話し、学び、気づくことで、あなたの論理的思考力は徐々に、しかし確実に磨かれていきます。

帰国直後、口に出てくる言葉「出会い」「感謝」「成長」「自分への承認」「自信」

カナダ留学で得られるもの 感謝の気持ちを表現

「英語力アップ」を目的に海を渡られる方が非常に多いです。
しかし、留学を終え、帰国した皆さんが口に出される言葉は「英語力が伸びた」ではなく、「出会い」「感謝」「成長」「自信」です。

帰国後の言葉

「家族や友達のありがたさを知り、感謝の気持ちを持つようになった」

「成長した自分を家族や友人に見てもらうのが楽しみ」

「自分は自分らしくていい、”みんな違ってみんないい”と分かった」

「また、カナダに帰りたい」

「世界中に仲間と出会い、自分は変われた」

「帰国時の機内で、人目もはばからず号泣しました」

「カナダでの時間は、日本の時間と濃度が全然違った」

「将来、自分が本当にやりたいことが見つかった」

「どこの国に行ってもやっていける」

「胸を張って、これから社会人に挑戦できる」

「感謝」

我々は、あらゆる瞬間に「空気を吸えていること」に感謝することはありません。

同じように、日本の生活で、いつもそばにいてくれる親や友人の存在に感謝する心を見失う(忘れている訳じゃないけれど)ことが多いのも事実です。

カナダへ渡った時、無償の愛を注ぎ続けてくれた家族への「感謝の気持ち」が溢れ、その気持ちを言葉にする留学生も少なくありません。(素晴らしいことだと思います)

お父さんお母さんの子でよかった

カナダ留学で得られるもの 成長する花

四国からカナダへ高校留学された女の子がおられました。
彼女は反抗期に入っていたのか、ご両親の言うことを聞かないような面が目立っていたそうです。
彼女が留学に出発して半年ほど経過した頃、お母様からTELを頂きました。

電話の向こうでは、お母様が泣いておられます。
お母様 「小谷さん、聞いて下さい・・・」
小谷  「どうされたんですか?」
お母様 「娘がね・・・娘がね・・・」
小谷  「ど、どうされましたか?」
お母様 「お父さんとお母さんの子に生まれて、本当によかったって言ってくれたんです」
私ももらい泣きしました。

このお母様は、「身体の距離は離れていても、留学を通して、心の距離が近くなった」とおっしゃいました。
この女の子は、カナダで高校を卒業後、カナダの大学も立派に卒業し、やりたいことを見つけ、今、自分の夢に向かって挑戦中です。

不登校から、自信を得て大活躍

カナダ留学で得られるもの 成長の階段を登る

中学時代、不登校だった関東の男の子がおられます。
彼とご両親は、関東から弊社にご訪問頂き、相談を受けました。
留学に出発するまで、本当に本当に心配されていたご両親でしたが、息子さんは立派に高校生活を過ごし、優秀な成績で卒業されました。
高校2年を終えて、3年目に入る前、日本に一時帰国した彼は、わざわざ九州に到着し、九州から様々な人々に会いながら関東に帰るという一人旅をし、弊社にも立ち寄ってくれました。
彼は、表情に自信が溢れる若い青年になっていました。
親御様からは、本当にお喜びを頂き、何度も何度もお礼を言って頂きました。
彼は立派に高校を卒業し、カナダの名門大学で活躍中です。

得られるものは、形のないもの

カナダ留学で得られるもの 成長する子供

ほんのごく一部の例をご紹介致しました。

得られるものを言葉で説明するのは非常に難しいですが、何かを感じて頂けたのではないかと思います。
もちろん、英語力はがっちり伸びています。国際感覚も磨かれます。
しかし、それ以上に、自立心であったり、自分で考える力であったり、問題を解決する力であったり、苦しい時に粘れる力であったり、将来のあらゆる場面で役立つ能力を、日本で生活するより何倍も得てきていると感じています。
そして、家族や友人への感謝の気持ちを持たれる方が非常に多いです。
夢を見つけられる方、自分の進むべき方向性を見つけられる方、自分自身の中に可能性を発見される方、新たな価値観を得られる方、様々です。

海を渡るという第一歩目から得られるものは、お金や時間を費やすに値するものだと信じています。
決して簡単な決断ではありませんが、ぜひご相談下さいませ。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP