超緊急時の対応 アメリカ同時多発テロ アメリカ同時多発テロ イメージ

Reasons選ばれる理由

評価

アメリカ同時多発テロ

治安が良く、人々が平和に暮らすカナダですが、緊急事態が起こることが稀にあります。当時、留学中だったお客様に対して弊社がとった対応をご紹介いたしします。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
緊急事態対応例

超緊急時の対応 アメリカ同時多発テロアメリカ同時多発テロ アメリカの一場面

1999年9月にピュアカナダをオープンして以来、カナダ関わる大きな事件は3つありました。

2001年 アメリカ同時多発テロ(アメリカ)
2003年 SARS・サーズ(香港)
2006年 モントリオール銃事件(カナダ)

このページではアメリカ同時多発テロ事件が起こった際の弊社の当時の対応をご紹介いたします。

アメリカ同時多発テロ

超緊急時の対応 アメリカ同時多発テロアメリカ同時多発テロ ペンタゴン

超緊急時の対応 アメリカ同時多発テロアメリカ同時多発テロ 献花台

9.11 同時多発テロの対応

2001年9月11日 ニューヨークで世界を震撼させた”同時多発テロ”が発生しました。ピュアカナダ代表の小谷順士はその夜テレビニュースで知りました。
あまりに衝撃を受け、しばしテレビに釘付けでした。2機目がトレードセンターに激突。そしてビルの崩落を見て唖然としました。

その場ですぐにカナダに留学中の学生全員に無事の確認を取りました。
日本時間の翌日は当時のピュアカナダの定休日。しかし、ピュアカナダではバンクーバーオフィスと手分けをし、全学生に連絡を取りました。ニューヨークに最も近い大都市トロントを中心に連絡を取り、全員の無事を確認し、ご家族様に大変安心していただくことができました。

学生 「あれっ、小谷さん、どうしたんですか?」
ピュア 「テロがありましたが周りの人も含め大丈夫ですか?」
学生 「あっこっちはぜ~んぜん大丈夫ですよ。テレビで見てびっくりしたけど・・・」
ピュア 「混乱はありませんか?」
学生 「私は全然大丈夫ですよ。周りのみんなも全然平気で学校にもみんな通っています。少し道路の封鎖とかあった程度です。」
ピュア 「そうらしいですね。国境も完全封鎖してるそうですからトロントは安心です。」
学生 「私達は大丈夫なので安心してください!」
ピュア 「一安心です。それでは他の学生さんにも連絡するのでこれで。ご家族はきっと心配されているのでメールか何かで日本のご家族に連絡を必ずしてください。約束ですよ!」
学生 「分かっています!必ず連絡します。それにしてもさすがピュアですね。他の友達は誰も留学センターから電話受け取った人なんていませんよ。」

その日、ピュアカナダには多くのご家族様からお電話をいただきました。無事をお伝えし、安心をお届けすることができました。

カナダではなく、隣国アメリカのことでもご家族様は本当にご心配なさった事だと思います。カナダはほとんど混乱もなく、全員が無事&元気に留学を続けておられました。

全学生に連絡を取れるまで丸3日を要したため3日間は営業がほぼ出来ない状況でしたが、全国にいらっしゃるご家族様の安心した声を聞いて判断は間違いなかったと確信しました。

もちろん二度とあのような惨事が起きることなく、誰も傷つくことなく、平和な日々が続く事をピュアカナダ全員が願っています。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP