サービス(カナダ) 緊急時の24時間対応

Reasons選ばれる理由

サービス内容(カナダ)

24時間・緊急連絡時の対応

本当に困った時にこそカナダ国内で寄り添うのがピュアカナダです。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
緊急時とは?

サービス(カナダ) 緊急時の24時間対応 行方不明

1999年以来、「24時間・緊急時対応」のサービスを行ってきました。
本当の緊急時というのは滅多に起こりません。しかし、滅多に起こらないから不要なサービスかというともちろんそうではありません。カナダ留学中の皆さんに遭ってはいけないことですが、どんなに気を付けて生活をしていても日々生活をしていると何かしらのトラブルに巻き込まれる場合も考えられます。 
・ホームステイ先でのトラブル
・パスポートや財布等の紛失
・体調不良
などの緊急事態が起こった場合、24時間日本語でつながる電話番号をお渡しし対応しています。

実際にあった事例

サービス(カナダ) 緊急時の24時間対応

サービス(カナダ) 緊急時の24時間対応 しっかりした準備が成功のカギ

実際に起こってしまった緊急事態の一部をご紹介いたします。

事例①・・・ホームステイ先からキックアウト

弊社ではホームステイのトラブルは非常に少ないのが自慢の一つです。
しかし、次のような事件が起こってしまいました。

3日後にはホームステイ先を移る予定の男子学生がいました。引っ越しは3日後の予定なのですが、ホストファミリーに「明日の朝一番に出て行ってほしい」と言われ、途方に暮れるしかありませんでした。カナダ時間の夜中2時頃から日本オフィスとのやり取りを開始。カナダ時間の夜中4時頃にカナダオフィスのスタッフが対応を開始しました。

この日は偶然にも大きなイベントがある日で近隣のホテル等はどこも満室。新しいステイ先を見つけるのも不可能な週末。そのため、その日の朝特例として弊社スタッフの自宅に1泊して頂き、翌日無事に引っ越しを完了しました。

事例②・・・夜中に財布の盗難に遭ってしまった

カナダ時間の夜中11時半頃、カナダオフィススタッフの緊急時用携帯電話が鳴りました。電話の相手は20代前半の女子学生。夜、お店で友人と時間を過ごしていて財布を紛失したことに気づきパニックになって電話をしてきたとのこと。弊社スタッフは「まずは落ち着くこと」を話し、そして状況を聞きました。財布は「自分で紛失したのか盗まれたのか分からない」とのことでした。しかし、盗難に遭った可能性が高い状況だったため、警察への被害届の出し方のアドバイスと海外旅行傷害保険の会社への連絡を指示しご安心頂きました。

事例③・・・行方不明に・・・

ある高校生が夜になっても自宅に戻らないとホストファミリーから相談がありました。「通常であればとっくに帰宅している時間帯なのに、、、、とても心配」とのことでした。当時、彼は携帯電話を持っていませんでした。ホストファミリーが心当たりのある場所に電話をし、弊社も学校関係者に電話をかけました。結局、誰も彼の所在を知らず、どうすることもできませんでした。ホストファミリーも弊社も眠れぬ夜を過ごした翌朝、彼はひょっこり帰宅しました。

真相は友達とショッピングセンターで話し込んでいたら夜遅くになってしまい「あぁ、遅くなってしまった。遅くなったから友達の家に泊めてもらおう」とこの友人のお宅に泊めてもらい、泊めてもらう旨をホストに伝えないまま翌朝を迎えたという事でした。

高校生は無断外泊は許されず、またホストに何の連絡もせずという状況だっただけにホストから、教育委員会から、我々から、そして親御様からも、カミナリを食らいました。

事例④・・・夜中に体調を崩してしまった

夜中に「体調を崩した」という連絡が届きました。状況を確認すると夕方から腹痛を感じ始め、夜になっても体調が戻らないとのこと。しかし、夜中はホストファミリーが親戚の集まりに参加するため自宅を留守にしているときで自宅に一人だけという時でした。自力で動くことができないという状況の中、車を持った協力者にお願いをし(この時は学校関係者)、救急病院に連れて行ってもらいました。幸い大きな病気ではありませんでした。

最近はほとんどなくなりましたが、いざという時の対応としてとてもお喜び頂いています。なお、緊急でない事態でも真夜中に連絡が入ることが過去にはありました。しかし、緊急でない場合は営業時間内に連絡を頂くようお願いしておりますのでご理解下さいませ。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP