美しいカナダの自然 アルバータ州ジャスパー 美しいカナダの自然 アルバータ州ジャスパー

First Study初めての留学

カナダという国

カナダの自然

日本人留学生の誰もが感動し、心を奪われるカナダの手つかずの大自然。
美しい自然と共存するカナダの生き方に触れて下さい。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
カナダの美しい自然・環境

美しいカナダの自然 プリンスエドワード島州キャベンディッシュ美しいカナダの自然 プリンスエドワード島州キャベンディッシュ

美しいカナダの自然 オンタリオ州ナイアガラの滝美しいカナダの自然 オンタリオ州ナイアガラの滝

美しいカナダの自然 ケベック州モントリオール美しいカナダの自然 ケベック州モントリオール

美しいカナダの自然 ノバスコシア州ハリファックス美しいカナダの自然 ノバスコシア州ハリファックス

地球上でも有数の豊かな自然の中に暮らすカナダ人は、観光保全に積極的に取り組んでいます。
カナダは1971年、世界で二番目に環境省を設置して以来、大気、水、土壌、野生生物の保全、保護に全力を挙げています。国立公園や州立公園、保護地域で、環境を守る姿勢を徹底しています。その結果、野生動物の保護地域は拡大し、絶滅の危機に瀕する哺乳類、鳥類の割合も低く、過去10年間に絶滅した種は皆無となっています。
また、自治体や企業、国民のリサイクルやエコロジーへの意識は高く、多くのホテルでは客室にも分別用ゴミ箱を用意してごみ分別を促したり、長期滞在客にはタオル交換を控えるなどきめ細かな配慮をしています。
カナダはオゾン層破壊防止に関する国際的な取り組みにといても指導的役割を果たし、1997年には京都議定書にも合意。地球温暖化ガスの排出量削減の為熱心に取り組んでいます。
人にも自然にも優しいカナダで、素晴らしい留学を実現しましょう。

国立公園規則

カナダの国立公園はパークス・カナダという団体の管理運営のもと、自然環境と生態系の保護を目的にした国立公園法が制定されていて、様々な規則が定められています。規則を守らない場合、罰金が科せられ、公園内からの即時退去を命じられることもありますので、留学中に国立公園を散策する場合などは注意が必要です。
また国立公園以外でもアルゴンキン州立公園のように独自の規則が細かく規定されている場所もあるので注意が必要です。
以下に規則の一部を紹介致します。(ここでは一部を抜粋しますが、最新情報は各自で責任をもって確認してください。)

● 国立公園や州立公園に入る際には、管理事務所やインフォメーションセンターに立ち寄り、入園料を支払う必要がある。
● 野生動物にえさを与えたり、危害を加えたりしない。そのエリアを侵さない。
● ごみは果物の皮を含め、全て持ち帰る。
● 石、植物、動物の骨や魚なども含む公園内の全ての自然物、歴史記念物を傷つけたり、持ち出さない。
● 定められたトレイルを歩く。近道などはしない。
● 多人数では歩かない。団体の場合でも現地ガイドを含み1グループ10人以下が理想的。
● パークワーデン(レンジャー)など公園保安官の指示に従う。
● キャンプ滞在やフィッシングをする場合は、事前に許可証を取得しなければならない。
● トイレは指定された場所で済ませる。やむをえない場合は川や湖から30メートル以上離れた場所で。
● 石鹸は使用しないことが望ましい。もし使用する場合は川や湖から十分に離れた場所で使う。

熊への注意について

● 公園内ではクマの生息エリアに足を踏み入れていることを十分認識し、注意や対策を採ることが必要だ。
● グループでまとまって歩き、大声で話したり、手をたたいたりして人間がいることをクマに知らせる。水の音の激しい川沿いは物音に気づかない場合があるので注意する。
● イチゴやベリーの生えたところは近づかない(クマの好物なので)
● 動物の市外を見つけたらパークワーデンに連絡する。
● クマの糞や足跡を見つけたら、直ちにそのエリアから立ち去る。
● においの強い食べ物を持っていかない。食後は速やかに食器を片付ける。

紅葉、黄葉観賞

美しいカナダの自然 ノースウェスト準州イエローナイフ美しいカナダの自然 ノースウェスト準州イエローナイフ

美しいカナダの自然 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー美しいカナダの自然 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー

美しいカナダの自然 マニトバ州ウィニペグ美しいカナダの自然 マニトバ州ウィニペグ

美しいカナダの自然 ブリティッシュコロンビア州バーノン美しいカナダの自然 ブリティッシュコロンビア州バーノン

カナダの秋は、東部カナダではメープルを中心とした木々が真紅に燃える紅葉が、一方、西部ではポプラやアスペン、白棒等の木々が黄金色に輝く黄葉が山々を絵のような美しさで染め上げます。その風景はダイナミックで、日本の北海道と比べてもスケールの大きさは格段に上です。
また名所を車でで訪れるにしても、日本ほどの紅葉渋滞ができないことも魅力。地域やその年の気候により見ごろは異なりますが、概ね9月中旬から10月中旬まで、標高の高い地点から下へ、北から南へ前線が南下していきます。
毎年シーズンになると、ホームページなどで各地域への紅葉情報がこまめに発信されるのでチェックしてみて下さい。また、そのころはちょうど収穫の季節と重なり、グルメの楽しみの充実する季節でもあります。

黄葉観賞スポット

西部カナダ(ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州)   
西部カナダの秋は、ロッキー山脈のポプラや白棒が黄に染まり美しい光景を見せてくれます。
黄葉観賞には、ブリティッシュ・コロンビア州プリンスルパートからアルバータ州ジャスパーまで走るスキーナ号に乗って、車窓からみごとな風景を望める鉄道の旅がおすすめできます。
また、ロッキー山脈の西側、クートニーロッキーズからアルバータ州側へ抜けるルートをバスなどで鑑賞するのもおススメです。澄みきった秋空に氷河を抱く山、点在する神秘的な湖の色、常緑の針葉樹に映えてゴールドに輝く森林のコントラストは格別に美しいです。
見ごろは9月下旬~10月初旬頃。
サーモン遡上や松茸などの山菜狩り、ブリティッシュ・コロンビア州オカナガン地方の果樹収穫のシーズンとも重なることから、西部カナダを代表する味覚が楽しめます。

黄葉観賞スポット ケベック州

見ごろは9月中旬から10月中旬にかけて、北のシャルルヴォアから順に、ケベック・シティと近郊のオルレアン島、続いてローレンシャン、そしてモントリオールやイースタン・タウンシップスへと移動していきます。なお、9月中旬~10月の期間中、ケベック州政府観光局のホームページで州内地域の最新紅葉情報が発信されています。(日本の旅行会社で見られるメープル街道の北部エリアに当たります)

● シャルルヴォワ
ケベックシティから北へ、車で約1時間半のリゾート。芸術家に愛されるリゾートとして知られ、アートギャラリーや美術館も多く文化の香りが漂う地域です。紅葉の見頃はケベック州の中でも早く、9月中旬頃から。紅葉の広がる規模は他と比べて小さいが、点在する小さな町々の雰囲気や洗練された食事も楽しめます。また、ケベック・シティから”王の道”と呼ばれる旧道360号線は古き良きケベックの田舎の風景を楽しめるルートとして知られています。さらに、シャルルヴォワは、クジラやベルーガが見られるタドゥサックに近いことからも、人気が高まってきています。

● オルレアン島とモン・サンタンヌ
ケベックシティの郊外、セントローレンス川に浮かぶオルレアン島。島へ渡る橋は1本しかなく、フランス植民地時代を沸させる素朴な農村風景が今も残っています。
秋には一面のメープルの林が紅葉し、果樹園や水車小屋、小さな教会などと調和したのどかで風光明板な風景は、まるで物語の風景を再現したかのような美しさです。また、ケベックシティから車で約40分。スキー場で知られるモン・サンタンヌは都市の近くにいながら、みごとな紅葉が楽しめるポイントとなっています。

● ローレンシャン
モントリオールの人々が『 北へ行く』といえば、ローレンシャンへ行くことを意味している、というほど代表的なリゾートで、紅葉の名所として世界的に有名です。標高1000m前後の山々が連なる高原地帯で、どこまでもつづくメープルの森林が秋には一面赤、オレンジや黄に染まり、その広さとスケールの大きさはケベック州でも随一。紅葉に包まれて点在する湖沼の風景はまさに一枚の絵のような美しさです。
ビューポイントはコンドラで登るモン・トランプラン山頂の展望台や、モン・トランプラン自然公園からも素晴らしい景観が望めます。
アクセスは、モントリオールから車で北へ約1~2時間。

● イースタン・タウンシップス
モントリオールの南東に位置し、米国の独立戦争を逃れて移住したロイヤリストたちが築いた町。ケベック州では珍しく、米国ニューイングランド地方を思わせる風景画広がり、英語を話す人が多いエリアです。平凡な地に広がるこじんまりとしたリゾートで紅葉はローレンシャンとはまた違った、歴史を感じさせる町並みに溶け込む、風景ある美しさを見せてくれます。
アクセスは、モントリオールから東へ約80km。

黄葉観賞スポット オンタリオ州

美しい紅葉は、オンタリオ州では、9月中旬ごろからアルゴンキン州立公園のあるマスコーカ地方が、そして10月中旬頃にはナイアガラ付近が見ごろとなります。なお9月中旬~10月の期間中、オンタリオ州観光局より州内各地の最新紅葉情報がニュースリリースとして発信されていますので、興味のある方はチェックしてみて下さい。

● マスコーカ地方(アルゴンキン州立公園)
トロントの北に広がる森と湖のリゾートエリア、マスコーカ地方には紅葉が美しさでも知られています。マスコーカ地方にある自然保護区のアルゴンキン州立公園は、約7725㎞という広大な森林が、秋には燃えるような紅葉で埋める尽くされます。園内にはハイウエイが1本通りロッジが2軒あるのみで、みごとな紅葉の風景に人工物は一切見られない大自然がそこに横たわっています。紅葉を満喫するにはハイキングやカヌーが最適な旅の手段となっています。
アクセスはトロントからマスコーカ地方へは、車で北へ約1時間30分、アルゴンキン州立公園へは車で北へ約三時間

● アガワ渓谷
オンタリオ州、スペリオル湖に注ぐアガワ川にえぐられてできたアガワ渓谷を列車で訪ねる旅はいかがでしょうか?列車で曲がりくねった川に沿って上流に向かっていくと、車窓の両側は紅葉で赤く染まった森が続きます。紅葉の美しさと、点在するブルーの湖や、深さ500メートルもある息を呑むような渓谷美を合せて堪能できるとあって、カナダ人やアメリカ人に大変人気のあるコースとなっています。渓谷では2時間ほど下車してピクニックやハイキングをしながら紅葉に染まった渓谷美を楽しむことができます。
ツアー列車は6月上旬から10月中旬まで運行。米国ミシガン州と接するスー・セント・マリーより出発し、アルゴマ・セントラル鉄道で1日かけて渓谷をまわる。列車は冬景色を楽しむスノーレインも運行されています。

紅葉観光スポット ノバスコシア州

● カボット・トレイル
太西洋に浮かぶケープ・プレトン島の北西の海岸線を巡るカボット・トレイルは、カナダでも最も美しい景色を楽しめるルートの1つであり、紅葉のベストスポットととしても知られています。入り組んだ海岸線に張りつくすようにして、アップダウンする道路が走り、コバルトブルーの大西洋に崖、深い森といった風景が展開し見る者を圧倒します。シーズンにはあたり一面、真紅に染まった山々が連なり、半島の先端部にあるケープ・プレトン・ハイランド国立公園に入ると、より一層の鮮やかさと輝きさを見せてくれます。10月中旬、紅葉ピークの時期でも爽快な紅葉が楽しめるのも、このルートの魅了です。所どころビューポイントも設けられていて、沿道ではひなびた漁村やクラフトショップが点在していますので、こういうお店をまわってみるのも楽しいですね。

紅葉観光スポット ユーコン準州

日本ではあまり知られていませんが、ユーコン準州にも紅葉、黄葉の美しい見どころがあります。北に位置する為、他では見られない木々が、一気に黄色や赤に染まる様は見事な景色を織りなしています。

● クロンダイク・ハイウェイ
ゴールドラッシュの時代に金を求めて人々が移動した道として知られる、アラスカ州スキャグウェイとドーソン・シティを結ぶ全長717㎞のハイウェイ。ホワイトホースからドーソン・シティ間では9月上級から中旬に、みごとに黄色に染められた山々が望める。またホワイトホース~へインズ・ジャンクション間(約160㎞)も黄葉観賞スポット。そこからはぺリコブターでのクルア二国立公園氷河観光もできます。

● テンプスター・ハイウェイ
ドーソン・シティの手前から北東に、北極圏のイヌピックまでのびる全長約740kmのハイウェイ。8月下旬から中旬には木々が黄色や赤に変わり、絨毯をひいたように一面に広がります。ほとんどが未舗装でワイルドな旅が満喫でき、また、カリブーや白い頭ワシ、クマ、ムースなどの野生動物に遭遇するチャンスも多くなっています。

動物ウォッチング

美しいカナダの自然 アルバータ州バンフ美しいカナダの自然 アルバータ州バンフ

美しいカナダの自然 ブリティッシュコロンビア州ソルトスプリング島美しいカナダの自然 ブリティッシュコロンビア州ソルトスプリング島

カナダは野生動物の宝庫。中でも冬だけに出会える動物達がいます。
セントローレンス湾の流氷雪原で生まれるハープシールの赤ちゃんが見られるのは2月末~3月中旬のほんの2週間ほど。チャーチルでは10月~11月にかけてポーラーベアがやってきます。

充実した留学を実現し、旅行も思う存分楽しんでいただけるよう、信頼できる提携旅行会社をご紹介することも可能です。

お問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP