スタッフブログ

弊社の日本オフィス、カナダオフィス、そしてお客様からの、
リアルタイムの生の声をお届けいたします!

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
2021年01月07日

46歳で初留学 @ ILAC バンクーバー 前編

学校体験記 #3 ILAC語学学校 by 小谷比呂美

こんにちは。
ピュアカナダ留学センターの比呂美です。

弊社代表であり主人である小谷順士と共に1999年9月の創業のその日から、ウィリアムウッド(ビル)と共に3人でピュアカナダ、そしてカナダ留学に携わってきました。多くの方のカナダ留学のお手伝いをしてきました。

私は旅行では何度も何度もカナダに行ったことがあったのですが、ずっと留学した経験がありませんでした。ピュアカナダ留学センターのスタッフとして20年を超える勤続年数がありながら、留学経験ゼロなのは私一人であり、このことが心のどこかに引っかかっていました。
しかしピュアカナダ創業20周年の夏、通常は夫だけがカナダに出張に行くところを、20周年ということで私や子供達のチケットまで予約してくれたことで、子供達と共に現地の語学学校に通う短期留学を実現する機会を得ることができましたので、その時のお話をしていきたいと思います。

◆留学に行くチャンス

私は現在3人の子供を育てる母です。ピュアカナダの創業時からカナダ留学に携わり、カナダを訪問した際にはその素晴らしい環境に惚れ込んでいきました。カナダの人々の親切さ、おおらかさも大好きで環境も大好きですし、あとは留学だけが私の心に引っかかっていました。
実はこの20年で2度、主人から「留学に行ってくれば?」とチャンスをもらっていました。しかしその2度のチャンスは私自身が潰してしまっていました。いずれも「一人でやっていけるのだろうか」、「やっていく自信がない」という理由を別の理由にすり替えて、絶好の機会を逃すことになってしまっていました。

息子が小学3年生になってからは、実際に我が子を毎年送り出す側も経験するようになりました。息子が小学6年生になると長女が小学3年生となり、長男と長女が夏休みに留学しました。

そして、息子が中学3年生、長女が小学6年生、次女が小学3年生である2019年、とうとう夫と子供達が全員カナダに行き、私だけが留守番となってしまうという夏だったのですが、主人からカナダ行きの機会をもらうこととなり、これまで棒に振ってきた2度のチャンスから、「3度目の正直」ということで、短期間ではありますがカナダ短期留学に挑戦することを決意しました。これは46歳での一世一代の挑戦となりました!!

◆都市・学校を決めた理由

私は子供達と一緒の留学だったのでバンクーバーに行くことは決まっていました。もともとバンクーバーが大好きだったので私個人的にもワクワクしてましたね。これまでに何度もバンクーバーは訪れていましたが、何度行っても大好きな街です。

そんなバンクーバーの中で、どの学校に通わせてもらうか・・・20年もカナダ留学に携わっていますので、通いたい学校の候補は頭の中でいくつかに絞られていました。候補の学校は5校ほどありました。
子供達は「子供用プログラム」のある学校に通う予定でしたので、子供達と同じ学校だときっと子供達が私に、そして私が子供達に甘えてしまう部分もあると思ったので、子供達とは異なる学校にしようと決断しました。
今まで最も多くのお客様にお世話になった学校であり、満足度が非常に高い学校であり、カナダで最も大きな学校であり、スタッフが大好きな学校であり、子供達の学校にも比較的距離が近い、全ての条件が整ったのがILACという学校でした。
これまで私自身が通ったことのない学校でしたが、お客様の素晴らしい感想などを通して自信をもっておススメしてきました。しかし自分が実際に通ってみたらその良さが更に理解でき、今後お客様に更に自信を持っておススメできるのではないかと思い、最終的にILACに通わせて頂くことに決めました。

バンクーバー語学留学 ラウンジにて
バンクーバー語学留学 ラウンジにて

◆受講プログラムの概要

ILACでの一般英語コースは、8:30~13:30までの30Lessonと、8:30~15:20までの38Lessonがあります。通われている学生さんを見ているとやはり30Lessonを受講している生徒がほとんどでした。
皆13:30になったらそれぞれ予定があるので帰る生徒さんが多かったです。特に先生達も時間になったらすぐに帰られていたのが印象的でした。

受講の時間割は以下のような感じです。
8:30~11:30   文法、ライティング、リーディングなど
11:30~12:00  ランチ
12:00~13:30  発音、リスニング、リーディングなど

ILACではレベルにあったテキストを使用して文法を学び、その習った文法に沿って自分達のエピソードに置き換えて問題を一人一人が順番に答えていくなど、生徒を楽しませるように授業がすすめられており、実践的で自分の為になると思いました。

またテキストの物語をもとにペアになって、Aさん役、Bさん役に分かれてお互い感情を込めて読んでみたり、読む時に発音の仕方も練習しました。

あとは問題を解いた後、皆で答え合わせをするので自分がどの部分を間違っていたのか?などもはっきりと分かりますし、苦手な文章なども認識できたので良かったです。
また物語の話を聞いた後、各チームに分かれてディスカッションしたり、質問を自分達で考える時間もありました。

バンクーバー語学留学 クラスメート
バンクーバー語学留学 クラスメート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP