スタッフブログ

弊社の日本オフィス、カナダオフィス、そしてお客様からの、
リアルタイムの生の声をお届けいたします!

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
2020年06月18日

カムループス教育委員会~カナダ留学訪問記 #11

学校訪問記 #11 カムループス教育委員会

こんにちは。
ピュアカナダ留学センター代表の小谷順士(こたにじゅんじ)です。

弊社の哲学、「ご紹介する全ての学校を訪問する」という点について、20年以上前から続く学校訪問の中でも、印象に残っている学校をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

カナダ高校留学卒業留学1年留学、1学期留学)を実現したい方には、常に自信を持っておススメすることができる教育委員会をご紹介致します。

カムループス教育委員会(Kamloops-Thompson School District)との出会い

正直、カムループス教育委員会との最初の出会いの瞬間は覚えていません。おそらくメールでコンタクトがあったのだと思います。そこから果たしてどのくらいの期間が経過して初めてお会いしたのかも不明です。
しかし、初めてお会いしたアラン・ドッド氏が本当に話しやすく、とても好印象を持てる方でした。カムループスという町のこと、ブリティッシュコロンビア州の高校留学システムのこと、カムループス教育委員会の強みなどを丁寧に説明して頂きました。その後何度もお会いする時間を重ね、カムループスに魅せられていきました。
アラン氏と何度も何度もお会いしました

アランさんは何度も弊社を訪問し、何度もミーティングを重ねました。

カムループスを訪問

何度もアランさんにお会いしてカムループス教育委員会の訪問を決意した僕は、スケジュールを組んで訪問日時を伝えました。
バンクーバー空港からカムループスに移動する飛行機は小型機のため、少し不安定な気がして少し怖い感じがします(笑)揺れると乗り物酔いがある僕は、カムループス空港が見えた瞬間にホッとしました。
バンクーバー→カムループスの小型飛行機

僕が乗ったバンクーバー→カムループスの小型の飛行機

空港を降りると日本人スタッフのリカさんにで迎えて頂きました。リカさんとは東京にあるカナダ大使館のセミナーで他の教育委員会のスタッフ達と共にお会いしたことがありました。とても人が良く、楽しい方です。
笑顔で迎えて下さった彼女の運転で留学生を受け入れている4校のうちの2校を訪問させてもらいました。1校はサハリ高校、もう1校はノーカム高校。どちらも教育委員会内で人気の高い高校とのことで、以後、弊社のお客様にも大変喜んで頂いている高校です。
ノーカム高校を訪問

リカさんの案内でノーカム高校を訪問

サハリ高校を訪問

リカさんの案内でサハリ高校を訪問

カナダの高校は作りは非常に似ていますので、おおよそイメージは理解しています。それでも、留学生部門の彼女と各学校のスタッフや清掃職員までが楽しそうに談笑している姿を見て、「教育委員会内のスタッフが連携を取れている」と感じることができました。

留学部門のスタッフ達との面会

リカさんにカムループスツアーをして頂き、高校を2校訪問した後、留学生部門のオフィスを訪問し、チームの皆さんとお会いすることができました。
カムループス教育委員会初めての訪問

左から日本人スタッフのリカさん、当時のディレクターのキャロルさん、右がアドミッションのソニアさん。

僕が訪問した日、残念ながらアランさんの都合がどうしても合わなかったのですが、その他の留学生部門のスタッフさん達とお会いでき、留学生部門のオフィスでしっかり時間を取って話し合いを持つことができました。キャロルさん、リカさんと僕の3人で、改めてアランさんから伺っていた内容の確認やカムループス教育委員会の強みや魅力を聞かせいただきました。

その後、カナダ高校留学を目指す高校生のために多くのコミュニケーションが非常にスムーズに行えるようになりました。

かわいいおっちょこちょい

留学生部門でのミーティング後、カムループスのショッピングモールや観光名所を周って頂きました。最終的に「小谷さん、飛行機の出発までに時間があるから、日本人が経営しているラーメンを食べに行きましょう」とお誘い頂き、伺うことになりました。日本人のご夫婦が経営されていてとてもとても美味しいラーメンでした。お礼を言って店を出た瞬間、急にリカさんが焦りだし「やだ、私勘違いしてた。急がなきゃ」とのこと。僕もその日にバンクーバに戻らなければならなかったので、ハラハラの道中でしたが、空港に滑り込みセーフでした。「ごめんね~、小谷さん。もし遅れてたら、我が家に泊まってねっ」と言って頂き、本当に本当にフレンドリーで裏表のないリカさんのお人柄はすごく魅力的ですよ!

日本で何度も

アランさん、リカさんを中心に、その後も日本で何度もお会いし、カムループスでの留学を考えている高校生達とお会いしてきました。そのたびに夢を胸に持った皆さんの背中を押していただき、最終的に素晴らしい留学を実現して頂くために力を発揮して下さいました。その後、多くの高校生がカムループスで夢を実現し、更なる夢に向かって羽ばたいていかれました。間違いなく素晴らしい留学先がカムループス教育委員会だと断言できます。
アランさんとディレクターのドンさん

アランさんと、キャロルさんの後任ディレクタであるドンさん

Tatsuhiro君と教育委員会スタッフ

Tatsuhiro君と教育委員会スタッフ
Yusuke君とリカさん

リカさん来日時にお会いしたYusuke君と!

Tatsuhiro君の留学体験談はこちら
Yusuke君の留学終了時の感想はこちら

別れ

ある日、アランさんから連絡が入りました。「順士、次の日本への出張が僕の最後の日本への旅になる。君とは必ず会いたい」と言ってくれたので、「その日の最後のアポで大阪に来てほしい」と伝えました。
彼が大阪に到着したときは、僕も仕事を終えて彼を迎えました。この日が最後となるアランさんとそして後任のロブさんと3人で居酒屋に行き、お互いの家族の話、今までの経歴、教育への想い、これからの話などをして、お酒をたくさん飲んで、たくさん笑って別れました。
留学生に素晴らしい留学を実現をして頂くために共に戦った仲間が業界を去っていくのが寂しい気持ちでしたが、僕達はまだまだ続いていく道をしっかり歩んでいくことをアランさんに伝え、そのバトンはロブさんに引き継がれ、今も続いています。
アランさんの最後の日、後任のロブさんも一緒に

アランさんと最後の別れ。後任のロブさんと共に。

満足度の高いカムループス

今までカムループス教育委員会を選択し、高校留学を実現された皆様の満足度が非常に高いのが特徴です。その満足度は、留学生部門のスタッフ達の献身的なサポートの賜物です。本当に困った時に対応してくれるスタッフ達の存在こそが、カムループス教育委員会の強みです。アランさんと初めて会ったその日からお別れする日まで、「カムループス教育委員会の強みは、スタッフの献身的なサポートの質だ、つまり人だ」と言い続けていたことが、今も頭から離れません。

カムループス教育委員会に興味を持たれたら

カムループス教育委員会には、これまで多数のお客様にご留学頂きました。1学期高校留学、1年高校留学、高校卒業留学のいずれも、とても満足度が高く、喜んで頂いています。

バンクーバーから飛行機で約30分、人気の高いブリティッシュコロンビア州内陸部に位置する非常に快適にお過ごしいただけるエリアです。カナダらしい生活を体験しながら、英語力を伸ばし、自分を成長させる留学に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ下さいませ。
お問合せの方法は以下から。
資料請求はこちら
メールからのお問合せはこちら
LINEからのお問合せはこちら
お電話からのお問合せはこちら
無料カウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP