スタッフブログ

弊社の日本オフィス、カナダオフィス、そしてお客様からの、
リアルタイムの生の声をお届けいたします!

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
2021年01月21日

International Gateway Kelowna(IGK)~カナダ留学訪問記#22-1

アイキャッチ IGK

ピュアカナダ留学センター代表の小谷順士(こたにじゅんじ)です。

弊社の哲学、「ご紹介する全ての学校を訪問する」という点について、20年以上前から続く学校訪問の中でも、印象に残っている学校をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介したいのはケローナというブリティッシュコロンビア州中部にあるInternational Gateway Kelowna(IGK)という学校です。バンクーバーやトロントのような大都市の環境ではない素敵な環境を提供するこの学校は魅力が満載です。

筆者(ピュアカナダ留学センター代表小谷順士)はIGKに2年連続で息子&娘の留学でお世話になった思い出深い語学学校でもあります。

ケローナ(Kelowna)という魅力的な土地

ケローナという名前を聞かれたことはありますでしょうか?
バンクーバーから北東に車で約4時間半、飛行機で約1時間の距離にある地方都市でありながら、年間を通して100万人の観光客が訪れると言われるほどカナダでは知られた土地でもあります。人口の80%以上が白人のカナダ人が生活する都市ということもあり、バンクバーやトロントと異なり、留学生がイメージする「カナダらしいカナダ」と言えます。町でアジア人を見かけることは少なく、英語のみで生活する環境がそこにはあり、治安がよく、フレンドリーで助け合いの精神が根付いている町でもあるとスタッフは話してくれました。

内陸の町であるケローナですが、巨大な湖に面しており、夏は数あるビーチでスポーツアクティビティを楽しめるのも人気の一つです。

ワインが有名な土地なので、美味しいフルーツのメッカです。そのため、フルーツ狩りやワイナリー巡りなども非常人気が高いです。もちろん周囲は自然が豊富なのでキャンプなどカナダならではの体験ができます。学校帰りにハイキングにでかけたり湖で泳ぐこともでき、夏をケローナで過ごす生徒には絶好の機会が溢れています。冬はアイススケートやアイスホッケー観戦などを楽しめますし、スキーヤーやスノーボーダーにとっては、ビックホワイトというスキー場(ケローナから45分)で気軽にスノボやスキーが楽しめるので、留学を実現するにはもってこいの環境となります。

そんな魅力的な町とは知らず、僕の人生で初めてケローナと接したのは今から25年前。
僕がケローナを通過(笑)したのは1995年初夏のことでした。カナダ横断の旅を始めた直後、ロッキー山脈への道の途中で通過したのですが、当時、これと言った印象はなく、僕の中では良くも悪くも感想すらない町に分類されていました。

美しいケローナ
美しいケローナ
美しいオカナガン湖とケローナ
美しいオカナガン湖とケローナ

しかしファーストコンタクトから25年が経過した今、ケローナという町に魅了され、大好きで大好きで仕方がありません。素朴で人が優しくて、小さな地方都市なのに、それでいて足りないものは何もない、そんな町にあるのがInternational Gateway Kelowna (以後IGK)という学校です。

IGKという学校との出会い

僕がIGKのスタッフさんと初めてお会いするまでにファーストコンタクトから18年、創業から14年の時間がかかりました。2013年、学校のスタッフさんが弊社にアポを取って訪ねて来てくれました。彼女の名刺も残っていますが、ここでは名前は記載しません。彼女は一生懸命にIGKの魅力をお話しいただいたことは間違いないのですが、残念ながらその魅力を僕自身が感じ取ることができず、結局、そこからIGKに興味を持つことはありませんでした。
なぜ魅力を感じられなかったのか、今となっては理由は分かりません。当時訪問して下さった彼女のトークなのか、熱量なのか、、、今振り返ってみても答えはありません。
しかし僕が改めてケローナを訪れようと思ったのはそれから更に時間が経過しなければなりませんでした。

IGKでハッピーバースデー
IGKでハッピーバースデー

IGKが耳に入ってきた

2014年のある日、バンクーバーにある某専門学校のスタッフさんとお話をしていた時、「小谷さん、IGKのココさんって面白いですよね~」と、何気ない会話の中でこのような話が出てきました。「僕、ココさんって存じ上げないんですよね~」と答えて、その場のIGKについての話は終わりました。
更に数週間後、別の学校のスタッフさんとお話していると「IGKって面白いですよね」と話してくれた方がありました。
僕からすると「あ、またIGKだ、今まで僕のアンテナに入ってくることなかったのに、この1か月で2人がIGKについて話している」ということで急に興味を持ち始め、改めて2013年当時に訪問して頂いた際の情報を引っ張り出したり、ウェブサイトをチェックしたりしました。しかしウェブサイト等に記載されている情報を見る限りだけでは、この学校のどこにそれほどの魅力があるのか、まだ分からない状態でした。カナダに数多ある語学学校の中で1年に1~2どの出張で訪問できる学校の数は限られているため、確信が持てないとなかなか訪問することができません。そんな中、一気に僕のアンテナに引っかかってきたのは間違いありませんでした。

丁寧な対応

気になる学校、お客様にとってプラスの学校だと思ったら、どんな場所にあっても必ず訪問するのが僕ですが、まだ確証を持てずにいました。
「田舎への留学」のお問合せを頂いた際に、IGKさんも問合せすることを何度か試みてみました。「〇〇と言う問合せがあるのですが、貴校では対応できますか?」というように問い合わせてみると、その都度丁寧な返事が返ってきます。
まだ会ったこともないエージェント(弊社)に対して丁寧な対応をしてくれるということは、生徒さんにも丁寧なんだろうな~と想像しながら、想像を巡らせていました。

IGKの入口
IGKの入口

ということで今回はここまでです。
IGKという魅力満載の学校はカナダ語学留学だけでなく、カナダ高校留学にもつながる他にはないプログラムを多数提供している学校です。しかし縁が更に深くなり、我が子をお任せするに至るまでにはまだいくつかのステップを踏んでいくことになります。
そのお話は次回以降でご案内していきますね。

お問合せの方法は以下から。
資料請求はこちら
メールからのお問合せはこちら
LINEからのお問合せはこちら
お電話からのお問合せはこちら
無料カウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP