スタッフブログ

弊社の日本オフィス、カナダオフィス、そしてお客様からの、
リアルタイムの生の声をお届けいたします!

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
2020年10月22日

Youtubeライブ配信で登壇頂いた世界の仲間3

EduKiwiニュージーランド留学センター

こんにちは。
ピュアカナダ留学センター代表の小谷順士(こたにじゅんじ)です。

今回は先日行ったYoutubeライブ配信に登壇して頂いた方々とのことをご紹介したいと思います。前回、オーストラリア留学のプロフェッショナルである
エアーズロック留学センター 吉田 宏幸社長(オーストラリア)
Hiko留学ネットドットコム 藤原 愛彦社長(オーストラリア)
のお二人との出会いをご紹介致しました。

今回はEduKIWIニュージーランド留学センター 相川 壮史(ニュージーランド)との出会いをご紹介致します。

15年前、子供を外に連れ出すと!

2004年だったか2005年にさかのぼります。
僕、妻、そしてまだ赤ちゃんだった息子(当時0歳か1歳)と3人で休日に食事に行った時のことです。食事に行ったのはオフィスがある大阪・京橋の和食レストランでした。
赤ちゃんと一緒に食事をする際、お母さんはゆっくり食事をすることができないことが多いです。そこでゆっくり食事を楽しめるように「外で遊ばせてくる」とやっと少し歩けるようになった息子を連れてレストランの外に出ました。

息子とレストランの外で遊んでいると、そこに通りがかった7人くらいのグループがありました。日本人と白人さんのグループでした。その中に息子と同じくらいの年齢のよちよち歩きの子供がいたことで、どちらともなく会話が始まりました。

「英語が話せるの、日本では珍しいですね」

細かなことまでは覚えていないのですが、おそらく最初は日本語で話しかけられたと思います。「同じくらいの年齢ですね」というような他愛のない会話から始まったと思います。
最初は日本人同士で話していましたが、白人さん(後にニュージーランド人だと分かりました)とも話し始めました。もちろん英語です。
彼らは英語が話せる僕に驚いた様子でした。しかし会話が進むにつれ、お互いに心地よく会話を交わすようになりました。彼らがニュージーランド在住であること(白人さんの一人は日本在住であったこと)、皆さんご家族で、ニュージーランドから一時期帰国し、家族の時間を過ごしておられることなどを聞くことができました。「あなた、英語が上手ですね。日本では珍しいですね」と言われ、「カナダの仕事をしていますから」なんていうやり取りをしたのを覚えています。
相川社長が登壇中

えっ、こんな奇跡的な出会い、ある~?

そんな中、「あなたのお仕事は?」と聞かれたとき、「僕はカナダ留学の会社を経営しているんだよ」と答えました。すると、一瞬彼らが固まったように感じました。
それもそのはず、彼らはニュージーランド・クライストチャートに拠点を置く留学センターを経営されている方々だったからです。

何かが違ったら生まれなかった出会い。

妻にゆっくり食事を楽しんでほしいと思って、ほんの少しの時間レストランの外に出た時間に、ニュージーランドからの一時帰国を楽しんでおられるご家族とのほんの一瞬の交わりは、本当に偶然だったのだろうか、それとも必然だったのだろうか、そう思わされるほど、偶然であり、必然とも思え、不思議で説明のできない出会いでした。

子供同士が遊び始めたことがきっかけだったと思います。
お互いに留学を生業としていることから、出会いの価値をよく理解した同士だったことが、この一瞬の交差を意味のあるものにしてくれたのかもしれません。

言葉を交わしたのは、僅か10分くらいだったと思います。
帰宅後、僕から相川さんに連絡したのか、相川さんから連絡を頂いたのか、覚えていませんが、いずれにしても15年以上経過した今も関係が続いていることは事実です。

僕は、これまでの人生で、カナダでも、オーストラリアでも、もしあと1分早かったり遅かったりしたら決して出会うことはなかったであろう人生に大きな価値をもたらす出会いをいくつも経験してきましたが、相川さんとの出会いもまさにこの奇跡的な出会いの一つでした。

えっ、まじですか!?

もう一つ、相川さんと僕を驚かせたことがあります。
実は相川さんのお子さんと、うちの息子の誕生日が、同じ年でたった1日違いだったこと。ニュージーランドと日本という異なる国に同じ年に生まれ、たった1日しか違わない男の子同士が出会う可能性はどのくらいの確率なのでしょうか?

相川さんのお子さんはニュージーランドで高校生となっておられます。
そして我が子はカナダ留学を目指して準備を進めてきて、今はコロナに阻まれて渡航できない状況となっていますが、今の経験すらも間違いなく将来のどこかのタイミングのために必要だったと言える経験になっていることと思います。

自信を持ってお繋ぎできる3人

このように、オーストラリア留学のプロであるヒロとは24年前、ヒコさんとは10年前、そしてニュージーランド留学の相川さんとは15年前に、いずれも不思議なご縁で結ばれることになりました。

一瞬で終わってしまう出会いもありますが、これら3つの出会いはこうして10年以上の時を経て、留学業界が競い合うのではなく協力し合う形で留学を目指す人々の力になりたいとコラボができたことが本当にうれしかったです。
登壇者3人が座談会中

カナダと言う留学に最高の国をご紹介して22年目を迎えています。
これまでに、ニュージーランドやオーストラリアとカナダを迷われている方々にたくさんお会いしました。またカナダ留学を終えた後に「今度はニュージーランドかオーストラリアに行ってみたい」という相談を受けることもありました。そんなとき、弊社の大切なお客様を信頼して任せられるのがこの方々で、実際にそういう相談を受けた時には胸を張ってご紹介してきました。

次回以降も期待して下さい

コロナという人類史上類を見ない未曽有の大災害で世界が翻弄される中、人の役に立ちたいという想いからお声がけさせて頂き、皆さんに快諾頂いて実現したYoutubeライブ配信の座談会、多くの方に喜んで頂けるのであれば、、、と、今後第二回、第三回と、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのリアルをお届けしていきたいと思っています。
ぜひ今後の回も多くの方にご覧頂きたいと思っていますので、どうぞよろしくお願い致します。

というわけで、3回にわたり、座談会「人気留学先ワールドバーチャルツアー~3か国の”いま”を知る~(カナダ・オーストラリア・ニュージーランド)」でご協力を頂いた3人の留学プロフェッショナルとの不思議な出会いについてご紹介致しました。今後も弊社のブログでは学校訪問記や弊社スタッフの留学体験記、その他様々なチャレンジについての感想などをシェアしていきますので、ぜひお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP