大学付属 単位認定留学 ゲルフ大学 Naohiroさん

Programs留学プログラム

プログラムから探す

単位認定留学

「数か月~1年間、カナダ留学した上で、日本の大学を4年間で卒業」することができるのが単位認定留学です。
このシステムを持った大学に所属している学生の皆さん、学生時代に留学を体験する絶好のチャンスです。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210

日本の大学に所属しながら、数か月~1年間、カナダで留学した時間を、【日本の大学の卒業の為の単位として認定してくれる制度】を【単位認定留学】と言います。
詳細は各大学により異なりますが、一般的に
■カナダの公立大学 or カレッジ
■一定期間以上の就学が必要
■大学付属英語コース or 大学正規コース or 付属語学コース+正規コースの組合せ
という大学様が多いようです。
(詳細は、必ず所属されている各大学様にご確認下さい)

ビクトリア大学へ単位認定留学 Yukiさんビクトリア大学へ単位認定留学 Yukiさん

大学、短大に所属しておられる18~22歳の方々が対象となります。

なお、所属大学(短大)が、単位認定の制度をお持ちであることが必要です。詳細は所属の各大学にご確認下さい。

カルガリーのマウントロイヤル大学へ単位認定留学 Sayaさんカルガリーのマウントロイヤル大学へ単位認定留学 Sayaさん

カルガリーのマウントロイヤル大学へ単位認定留学 Rikakoさんカルガリーのマウントロイヤル大学へ単位認定留学 Rikakoさん

バンクーバーのブリティッシュコロンビア大学へ単位認定留学 Aoiさんバンクーバーのブリティッシュコロンビア大学へ単位認定留学 Aoiさん

カナダ全土に魅力的な大学付属語学コースがたくさん存在しています。

ビクトリア(小都市)・・・ビクトリア大学(University of Victoria)ビクトリア大学

ビクトリア大学での留学では、
●国籍比率の制限あり
●留学生用にはなかなか行われていないボランティアのチャンスあり
●夏の短期コースでは大学寮での滞在を楽しめる
など、いろいろなアドバンテージがある点が見逃せません。
質の高いコースを提供するビクトリア大学、年間を通してとても温暖なビクトリアの気候も一つの魅力ではないかと思います!

ナナイモ(田舎)・・・バンクーバーアイランド大学(Vancouver Island University)

英語コースシステムの最大の魅力は、アカデミック準備コースでレベル5に到達した時点で、カナダ人学生が受講する正規学部のクラスも英語コースと一緒に受講できる点です。
比較的小さめの大学ということでキャンパス全体にアットホームな雰囲気が漂っているので、落ち着いてじっくり英語を学びたい方にオススメです。

バンクーバー(大都市)・・・ブリティッシュコロンビア大学(University of British Columbia)

UBCのポイントは何と言っても知名度と人気の高さ、早くから留学生への英語教育に取り組んできた、先駆け的な存在であること、カナダ留学の一番人気の都市・バンクーバーにあることです。大学内に全てが揃う環境に加えて、バンクーバーでも屈指の高級住宅地・ポイント・グレーや、お洒落なエリア・キツラノに隣接しており、ビーチや公園も多く、放課後の時間なども充実しそうです。 UBCを目指して世界から集まる留学生とともに、英語力UPに励みましょう!

カルガリー(中都市)・・・マウントロイヤル大学(Mount Royal University)

世界で最もクリーンな街・世界No1都市であり、エコロジー都市として世界的に有名なカルガリーで学び、留学生活を送れます。
しっかりとレベル分けをおこない、英語力が高くなってくると2つのコースから選べるのが魅力的ですね。
大学付属の語学コースとしてはめずらしく、EAC(スピーキングとリスニングに重点を置いたコース)があり、かなりの割合をコミュニケーションに費やす点は、参加学生からも好評です。

ウィニペグ(小都市)・・・ウィニペグ大学(University of Winnipeg)

綺麗で過ごしやすい中規模都市ウィニペグのダウンタウンに隣接した立地の大学で、快適な留学生活を送ることができます。
ウィニペグに留学した学生さんは「街も大きくないし田舎だけど、とにかくいい街です!ウィニペグ大好き!」という人がとても多いのが特徴です。また、他の大学より費用が安く設定されていること。これは外すことの出来ない重要なポイントではないでしょうか。

トロント(大都市)・・・トロント大学(University of Toronto)

カナダ最大の街トロントのダウンタウンに位置する、カナダ最大の大学でまさに都会型留学です。
カナダではほとんどの大学は都心部から少し離れた立地にあるのですが、トロント大学はダウンタウン内にあり、特にESLの教室のあるビルは地下鉄駅に直結している便利さです。
英語コース以外にも、放課後や週末の時間を利用してのボランティアやクラブ活動、アクティビティなどへの参加を推奨しているのは、授業時間以外にも英語やカナダ文化を学んでほしいというトロント大学の願いなのです。

ゲルフ(田舎)・・・ゲルフ大学(University of Guelph)

スタッフがフレンドリーで留学生のサポートに力を入れているので、初めての留学でも安心してご参加頂けます。
カナダ国内の大学の中で堂々の1位に輝いたゲルフ大学のフードサービス部門にも注目。ピザやハンバーガー等ファーストフードが多い一般の大学の学食ですが、ゲルフ大学ではオーガニック食材や地元の食材をふんだんに取り入れ、バランスのよい美味しいメニューを提供していることで有名です。無料のカンバセーション・バディ紹介、10に分かれたクラスレベル、少人数制、質の高いホームステイなど、留学に最適な環境を提供してくれるオススメの大学です。

モントリオール(大都市)・・・コンコーディア大学(Concordia University) 

フランス語が主体の街・モントリオールに住みながら、世界から集まる留学生や地元のカナダ人と肩を並べて英語を学ぶスペシャルな環境が、コンコーディア大学の特徴です。
初級レベルのクラスから用意され、英語力を基礎からしっかり身に付けていくためのカリキュラムで、日常生活でのコミュニケーション英語を伸ばしていく内容なのも嬉しいポイントです。
大きな敷地の大学だと街の校外にキャンパスを置くことが多い中、ダウンタウンの中心部に近代的なキャンパスを構え、利便性や放課後の充実にも大きく期待できます。

ハリファックス(中都市)・・・セントメリーズ大学(St. Mary’s University)

最大の特徴はEAP以外にEPPCという「コミュニケーションに力を入れたコース」が提供される点。進学準備的なコースが多い大学付属ESLとしては嬉しい内容です。そして1ターム8週間と短く区切っているので、集中力を持続しながら勉強しやすい環境と言えます。
上記以外に【ブリッジコース】があり、TOEFL62点/IELTS5.5あれば、ESL+1科目のレギュラーコース、TOEFL72/IELTS6.0あればESLを受講しつつ、大学本科の2科目の受講が可能になります。

単位認定留学のメリット

ナナイモのバンクーバーアイランド大学へ単位認定留学 Michikoさんナナイモのバンクーバーアイランド大学へ単位認定留学 Michikoさん

単位認定留学のメリットをご紹介いたします。

メリット① 4年間で日本の大学を卒業できる

カナダ留学した期間も含めて、しっかり単位を取得すれば、4年間で日本の大学を卒業できる点が、最大のメリットです。
留学すると【卒業が1年遅れてしまう】とお考えだった方も、この制度を利用すれば問題解決ですね。
通常であれば、休学しなければ半年~1年の留学は実現できませんが、単位認定留学制度を持った大学に所属されている方は、この制度を最大限有効に活用して頂きたいです。

メリット② 先輩の声が聞ける

単位認定留学の制度をお持ちの大学の場合、先輩でこの制度の経験者がおられるはずです。
そんな先輩から、【留学中はどんな生活をしていたか?】【自分でもやっていけるか?】【注意点は?】等の心配事や、【何が楽しかった?】【どんな出会いがあった?】【どんなことにチャレンジした?】など、様々なことを聞けますね。
同じ大学の先輩の言葉だからこそ、親近感を覚えることができるのではないかと思います!

メリット③ ご家族の理解を得やすい

単位認定留学は、所属大学の仕組みです。
どうしても留学を実現したいという方は、ご家族様の理解を得やすい道の一つではないかと思います。

注意点

単位認定留学制度をお持ちの大学・短大は、それぞれにルールをお持ちです。
それぞれのルールに従って【留学先・留学期間】を決定する事が重要となります。
必ず所属する大学にて詳細をご確認下さい。

単位認定留学に参加するためには

トロント近郊のゲルフ大学へ単位認定留学 Masaさんトロント近郊のゲルフ大学へ単位認定留学 Masaさん

ルールをしっかり把握することが重要です。
各所属大学によりルールは異なるようですが、
■大学付属、もしくはカレッジ付属語学コースでなければならない
■私立語学学校は認めない
■〇〇週間以上の留学、〇〇時間以上の学習というように、留学期間には明確な基準がある
■出発時期が決められている
■申込締切の時期が決められている
■提出すべき様々な書類がある
など、ルールをしっかり理解しましょう。
必ず各大学にある窓口で確認することが大切です。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プランについて

ウィニペグ大学へ単位認定留学 Mizukiさんウィニペグ大学へ単位認定留学 Mizukiさん

プラン例
ピュアカナダでは、大学付属語学コースで下記のようなプランをご用意しています!

プラン1 大学進学準備コース

最も一般的な【大学付属語学学校】のプログラム。
ほとんどの大学で提供しているプログラムとなります。
大学に進学した際に通用する英語力を身につけるため、
リーディング
ライティング
を中心に、【読み・書き・話す・聞く】を総合的に学べるコース。

プラン2 コミュニケーション英語

大学によっては、【大学進学準備コース】とは別に【コミュニケーション英語コース】を提供している大学があります。
平たく言うと【英会話中心】の授業が展開されます。

プラン3 英語+聴講

カナダの大学で【聴講】を認めてくれている数少ない大学のひとつとピュアカナダは提携しています。
英語コースを受講するだけでなく、カナダ人と共に【正規授業】にも参加し、【カナダの大学ライフをよりよいものにできる】という素晴らしい利点があります!
「中級の上」以上の英語力をお持ちの方にオススメ!
【聴講】とは・・・
英語力が足りない留学生の場合、通常はカナダ人と一緒に授業を受ける事はできず、英語コースのみとなります。
しかしカナダ人が受講している【正規授業】への参加を認めてくれる大学が稀にあります。この授業への参加を【聴講】と言います。
ただし聴講生の場合、テストを受けたり、単位を取得する事はなく、あくまでも【参加する】という形となります。

プラン4 ビジネスアドミニストレーション

TOEFL iBT79~80点、もしくはTOEIC755点以上で、大学3年生以上の方にのみご参加いただけるプログラムです。
Certificate in Business Administration(CBA)という、12週間で修了できる特別プログラムのご紹介が可能です。カナダ人も多数参加するプログラムであり、12週間、集中的に勉強していただく厳しいコースですが、過去にも【日本の大学生】で修了いただいた方も多数あり、自信を持ってオススメできるコースです。
英語コース3ヶ月~6ヶ月と、CBAを組合せての1年間の留学というような手配も可能です。お気軽にご相談くださいませ。

プログラムに関するお問い合わせはこちら

お薦めの都市
お薦めの年齢
お薦めの目的
お薦めの学校
お薦めの体験談
フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP