ノバスコシア州で高校留学中のMadokaさん ノバスコシア州 高校留学 Madokaさん

Programs留学プログラム

プログラムから探す

高校留学とは

高校留学は、人格を形成していくのに大切な期間である高校時代をカナダで過ごすことで英語力とグローバルな感覚を身に付け、世界に羽ばたく人材として成長できる機会です。カナダ人や世界から集まる留学生と共に過ごしながら大人への第一歩目を踏み出しましょう!

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210

ノバスコシア州で高校留学中のTomohiroさんノバスコシア州 高校留学 Tomohiroさん

ノバスコシア州サッカープレー中のTomohiroさんノバスコシア州 高校留学 Tomohiroさん

カナダ高校留学とは、カナダの公立高校・私立高校に入学し、地元カナダ人と共に授業を受けながら楽しく高校生活を送る留学のことをいいます。

カナダでは90%以上の生徒が公立高校に通っています。公立高校へ留学する場合、例外的に寮を持っている1校を除いてほぼ全ての留学生がホームステイ滞在となります。私立高校は、男子校・女子校などもあり、それぞれ独自の伝統的な授業と個性を持っているのが特徴。半数がキリスト教系の学校です。私立高校は公立高校とは異なり寮滞在が多い傾向にあります。カナダの公立高校のレベルは世界的に見ても高く安定しています。

高校生の留学は大きく分けて以下の3パターンです。

卒業を目指した高校留学

必要とされる単位数を取得し、カナダで高校卒業資格を取得する留学。

(卒業に必要な単位数は州ごとに異なります)
高校卒業留学について、詳しくはこちら

1年間 or 1学期間(5カ月)の高校留学

1年間の高校留学・・・9月から翌年6月までの1年間カナダの高校に在籍し、留学後は日本の高校に復学する留学。(稀に、2月から翌年1月までの1年間の留学をされる方もいらっしゃいます)
1学期間の高校留学・・・9月~翌年1月 or 2月~6月の5ヶ月間カナダの高校に在籍し、1学期間の留学後に日本の高校に復学する留学。
高校1年留学・1学期留学について、詳しくはこちら

高校体験留学(1学期未満)

1ヶ月・2ヶ月・3ヶ月・4ヶ月という短期間でカナダ人と机を並べ、高校生活を体験する留学。体験できる高校は数校しかありませんが、ある学校では最短1ヶ月からの体験留学ができます。

*7月と8月はカナダの高校が夏休みのためご参加頂けません。
高校体験留学について、詳しくはこちら

シートゥースカイ教育委員会スコーミッシュで高校留学中のWakanaさんシートゥースカイ教育委員会 スコーミッシュ 高校留学 Wakanaさん

ノバスコシア州で高校留学を満喫したRyugoさんノバスコシア州 高校留学 ラグビー部副主将を務めたRyugoさん

高校留学(中学留学・小学留学)には、それぞれに適した年齢があります。

卒業を目指した高校留学の対象年齢

小学1年—単独渡航は難しい為△
小学2年—単独渡航は難しい為△
小学3年—単独渡航は難しい為△
小学4年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
小学5年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
小学6年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
中学1年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
中学2年—○
中学3年—○
高校1年—○
高校2年—○
高校3年—期間内での卒業がほぼ難しいので△

1年間の高校留学の対象年齢

小学1年—単独渡航は難しい為△
小学2年—単独渡航は難しい為△
小学3年—単独渡航は難しい為△
小学4年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
小学5年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
小学6年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
中学1年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
中学2年—○
中学3年—○
高校1年—○
高校2年—○
高校3年—期間内での卒業がほぼ難しいので△

1学期間(5か月)の高校留学

小学1年—単独渡航は難しい為△
小学2年—単独渡航は難しい為△
小学3年—単独渡航は難しい為△
小学4年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
小学5年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
小学6年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
中学1年—単独渡航は難しい為△(単独OKの学校あり)
中学2年—○
中学3年—○
高校1年—○
高校2年—○
高校3年—○

3ヵ月以内の高校体験留学

小学1年—×
小学2年—×
小学3年—×
小学4年—×
小学5年—×
小学6年—×
中学1年—○
中学2年—○
中学3年—○
高校1年—○
高校2年—○
高校3年—○

ノバスコシア州で高校留学中のAkiraさんノバスコシア州 高校留学 Akiraさん

弊社ではカナダの大都市ではなく、郊外・中都市・小都市・田舎を中心にご紹介しています。

■ブリティッシュコロンビア州

バンクーバー
バーナビー
リッチモンド
ウィスラー・スコーミッシュ・ペンバートン
カムループス
クオリカムビーチ
ケロウナ
スコーミッシュ
ソルトスプリング島
チリワック
デルタ
ナナイモ
ビクトリア
バーノン
ラングレー

■アルバータ州

カルガリー
エドモントン
ストラスモア・ドラムヘラー・スリーヒルズ

■マニトバ州

ウィニペグ

■オンタリオ州

オタワ
トロント
コーンウォル
スミスズフォールズ
ブロックビル
チャタム

■ケベック州

シェルブルック
マゴグ

■ニューブランズウィック州

セントジョン
フレデリクトン
モンクトン

■プリンスエドワード島州

プリンスエドワード島
キャベンディッシュ
シャーロットタウン

■ノバスコシア州

ハリファックス
ノバスコシア州各地

カナダの教育制度

ノバスコシア州で高校留学中のDaisukeさんノバスコシア州 高校留学 数学クラスの友達 Daisukeさん

ノバスコシア州での高校留学中、ダンス部で活躍されたDaisukeさんノバスコシア州 高校留学 ダンス部 Daisukeさん

カナダでは教育は州が管轄しています。
週ごとに教育制度は異なりますが、国として教育は重要視されており世界的にも高い教育水準で知られています。
英語とフランス語の2つが公用語として用いられ、国民の約59%が英語、23%がフランス語を母語としています。州によっては英語だけでなくフランス語で授業が行われる学校、両方の言語を使用する学校が存在します。

カナダの教育制度

カナダでは一般的に日本の小学校1年生がGrade1、高校3年生が Grade12にあたります。
・小学1年 → グレード1
・小学2年 → グレード2
・小学3年 → グレード3
・小学4年 → グレード4
・小学5年 → グレード5
・小学6年 → グレード6
・中学1年 → グレード7
・中学2年 → グレード8
・中学3年 → グレード9
・高校1年 → グレード10
・高校2年 → グレード11
・高校3年 → グレード12

受講する科目

カナダの高校では日本の大学のようにひとりひとり授業が異なります。
学期の初めに各校のガイダンスカウンセラーと相談しながら、自分のカリキュラムを組んでいきます。
以下はカナダのある高校で提供しているコースのサンプルです。

*各校で異なります

■Health Career Education

HCE 8 & 9
Planning 10

■Business Education

Computer Skills 9 & 10
Business Education 10
Business Computer Applications 11
Information and Communication Technology 11
Accounting 11 & 12
Marketing 12
Entrepreneurship 12
Information and Communication Technology 12
Business Information and Data Management 11 & 12
Yearbook 11 & 12

■Digipen Program

Digital Game Design 9 & 10
Computer Animation 11
Video Game Programming 12
Digital Media 11 & 12

■English

English 9, 10, 11 and 12
Communication 11 & 12
English Literature 12
English as a Second Langauge 10, 11 & 12
Writing 10 & 12

■Fine Arts

Visual Art 9 & 10
Art Foundations 11 & 12
Studio Aets 11 & 12
Vocal Jazzs 9, 10, 11 and 12
Concert Band 9 & 10
Jazz Studies 9, 10, 11 and 12
Guitar Studies 9, 10, 11 and 12

■Theater Arts

Drama 9, 10, 11 and 12
Theater Performance 11 & 12
Theater Production 11 & 12
Directing & Scriptwriting 12

■Home Economics

Fashion Studies Introduction 9 & 10
Fashion Studies Intermediate 11
Fashion Studies Advanced 12
Foods & Nutrition 9 & 10 & 11
Foods 12
Family Studies 9, 10, 11 and 12

■Mathematics

Essentials of Mathematics 9, 10, 11 and 12
Mathematics 9
Workplace and Apprenticeship Mathematics 10, 11 & 12
Pre-Calculus 11 & 12
Calculus 12

■Modern Languages

French 9, 10, 11 and 12
Introductory Secwepemc Language 11
Secwepeme Language 11
Japanese 9, 10 and 11
Introductory Spanish 11
Spanish 11 & 12

■Physical Education

Physical Education 9 & 10
Girls in Motion 11 & 12
Sport Performance 9 & 10
Human Performance 11 & 12
Adventure Tourism 12

■Sciences

Science 9 & 10
Biology 11 & 12
Chemistry 11 & 12
Earth Science 11
Physics 11 & 12
Astronomy 11
Health Science 12

■Social Studies

Social Studies 9, 10 & 11
Civic Studies 11
BC First nations 12
Comparative Civilizations 12
Geography 12
History 12
Law 12
Social Justice 12

■Technology Courses

Metalwork 9, 10, 11 and 12
Art metal 9 & 10
Art Metal & Design 11 & 12
Wood work 9 & 10
Carpentry & Joinery 11 & 12
Advanced Wood Tech 10
Creative Wood 11
Power Technology 9 & 10

■Other Courses

21st Century Media and Collaborative Research
Teacher Assistant 11 & 12

上記はサンプルですが、学校によってはクッキングコース・ヘアドレッシングコース・アウトドアエデュケーションなど面白いコースを提供する学校も多くあります。
同じ教育委員会内の学校でも提供される科目は異なりまた年度によって変わることがあります。

セメスター制度とリニア制度

セメスター制度の説明セメスター制度

リニア制度の説明リニア制度

カナダの高校は9月~翌年6月の10か月が1学年です。
ほとんどの州で1年間で8科目を受講することになります。

授業の進め方については大きく分けて2タイプの制度があり「セメスター制度」と「リニア制度」と呼ばれています。

■セメスター制度

9月~1月の5ヶ月間と2月~6月の5ヶ月間の2学期制度。
1学期目(9月~1月)・・・受講科目A・B・C・D
2学期目(2月~6月)・・・受講科目E・F・G・H
つまり1学期間、4科目に集中するという制度。

■リニア制度

9月~6月の10ヶ月間をひとくくりとして、10ヶ月間を通して8科目を受講する制度。日本の制度と似ています。
1学期目(9月~1月)・・・受講科目A・B・C・D・E・F・G・H
2学期目(2月~6月)・・・1学期目同様受講科目A・B・C・D・E・F・G・H
つまり全ての科目を10ヶ月かけて学ぶ制度。

セメスター制度の学校の時間割例(クオリカム教育委員会)とリニア制度の学校の時間割例(デルタ教育委員会)

入学条件と語学力

ラングレー教育委員会で高校留学で卒業を迎えたKyokaさんラングレー教育委員会 高校留学 Kyokaさん

カナダで高校留学を実現するためにクリアすべき入学条件や語学力をご紹介!

必要な成績

必要とされる成績には教育委員会によって多少の差があります。
しかしおおむね“真ん中より上”なら、たいていの公立教育委員会が受入れてくれています。

私立高校の場合はそうはいかず高い成績が要求されます。

もし成績が悪い、もしくは不登校で出席率が足りない場合でもあなたが強いやる気を持っている場合はご相談下さい。

これまでに不登校だった方、成績が悪かった方のお手伝いを何度もさせていただきましたが、皆様素晴らしい高校留学をされ無事に卒業をされています。カナダには成績よりも生徒のやる気が何よりも大切だと受け止めてくれる教育委員会もあるんです!

必要な英語力

高校留学を開始する時点で高い英語力をお持ちの方は多くありません。

「全くコミュニケーションが取れない」という方もたくさんおられました。
しかしそんな方でも楽しく高校留学を過ごしておられます。

だからといって言葉の通じない留学は決して簡単なことではありません。
「相手の言っている事が分からない」「言いたいことが言えない」など、様々な壁を越えた先に楽しい留学生活があります。

そこで、弊社ではあえて下記の2つを【高校に必要な英語力】として定義したいと思います。
①ドンドン積極的に話す姿勢 
②英語をずっと使い続ける持続力

この2つは直接の英語力とは異なるかもしれません。文法力でもスピーキング力でもありません。しかしこの姿勢を持つことこそ英語力が伸びる鍵だと信じています。

英語力がほぼゼロだった若い高校生達が、遠い異国の地でたくさん現地の仲間を作って素晴らしい留学生活を送っています。「英語力がないから高校留学できないんじゃないか」と悩んでおられる方がおられましたらまずはご相談下さい。

成績のつけ方

ノバスコシア州で高校留学中のTomoyukiさんノバスコシア州 高校留学 Tomoyukiさん

もちろん授業についていくことが大前提ですが、留学生である日本人にとって留学開始当初は特に英語で行われる授業はハードルが高いものです。
成績の評価基準は大きく分けて【出席率】【授業参加率・態度】【宿題提出】【テスト結果】になります。
【出席率】は遅刻や欠席せずに授業に参加することでクリアすることができます。病欠などの場合はホストファミリーに電話してもらうなど、届け出が必要です。
【授業参加率・態度】はどれだけ積極的に授業に参加できるか、意見を発言できるかなどで判断されます。カナダ人はどんどん授業に参加してくるので負けずに発言を心がけることが重要です。これに加えて分からない部分は授業外で教師に質問をしたり、教師の助けを借りることもプラスになることが多いです。
【宿題提出】は出された課題・宿題を漏れなく提出することでクリアできます。このポイントがかなり重要です。難しい課題が出された場合でも諦めず、仮に未完成であっても提出することが成功の秘訣です。
【テスト結果】は中間テスト・期末テストの結果が反映されます。

高校留学の準備

ノバスコシア州で高校留学中にハロウィンを楽しむAkiraさんノバスコシア州 高校留学 Akiraさん

カナダ高校留学の準備に当たって初めは「分からないことだらけ」だと思います。
・いつから始めればいいの?
・何から始めればいいの?
下記はあくまでも一般的なスケジュールですが、特に最近は人気の高校留学先は満員になる時期が早いためできるだけ時間に余裕を持った形で記載しています。

3つのタイプに分けてご紹介します!

■4月に高校留学開始
  • 準備期間
     4月~11月:ピュアカナダへ無料資料請求
     11月~12月:留学先・プランを決定
     〜2月中旬:就学許可証(学生ビザ)申請のための書類準備
     2月中旬:就学許可証申請  問題なければ約4週間で取得できます。

 3月下旬:日本で学年修了(中学卒業・高校1年修了など)
 4月上旬:日本出発

■9月に高校留学開始

準備期間
 11月~2月:ピュアカナダへ無料資料請求 *この時点で人気留学先は満席の場合があります
 2月~3月:留学先・プランを決定
 〜4月中旬: 就学許可証(学生ビザ)申請のための書類準備
 4月中旬:就学許可証申請 問題なければ約4週間で取得できます
 4~7月下旬:日本の在学校で、1学期修了
もしくは3月に中学を卒業し4月~8月まで日本の英語学校等で英語力向上に取組む等
 8月下旬:日本出発

■2月に高校留学開始

準備期間
 3月~8月:ピュアカナダへ無料資料請求
 8月~9月:留学先・プランを決定
 〜10月中旬:就学許可証(学生ビザ)申請のための書類準備
 10月中旬:就学許可証申請 問題なければ約4週間で取得できます
 1月下旬:日本出発

高校留学は大きな決断です。
最良の高校留学を実現するためにできる限り早い段階から時間に余裕を持って準備されることをおすすめします!

可能性は無限大

ノバスコシア州で高校留学中のEikoさんノバスコシア州 高校留学 Eikoさん

高校生の年齢は何もかもが可能性無限大の希望と夢に溢れた時代です。
この年代でカナダでの高校留学を夢見て、それを実現する生徒が増えています。

・治安が良い
・教育水準が高い
・授業料がリーズナブル
・人々がフレンドリーで親切
・世界で最も標準的な美しい英語

様々な魅力をもったカナダの高校生となり、現地の学生と机を並べて様々な経験をしてよく学び、自ら気づくことで生徒の輝く未来につながる成長を必ず得ることができるのが高校留学。

これまでにサポートさせて頂いた多くの生徒さまが、最初は英語がほとんど分からない状態からスタートされました。次第に英語に慣れて友達ができて少しずつ自信を身に付け、授業についていけるようになるとカナダ人と対等に意見交換をして、弾ける笑顔で高校留学を過ごされます。そんな姿はまぶしいほどにキラキラ輝いています。みんな驚くほど壁を打ち破っているんです!
弊社ではそんな高校留学生を一人でも多く輩出し、世界で活躍する人材の育成に全力を尽くしたいと考えています。1999年の創業以来、数多くの高校留学のお手伝いをさせていただきました。「この生徒さんなら大丈夫だ!」と思える方が多い反面、「この生徒さんはとっても不安だなぁ。ちゃんとやっていけるかな??」と不安になる生徒さんもおられます。

しかしそんな彼ら・彼女らでも、驚くほど逞しく壁を打ちやぶり自分の居場所を作り上げてきました。もちろん最初から英語が話せる訳でも現地に知り合いがいる訳でもありませんので「英語が通じない」「友達がいない」という時間を乗り越えていきます。頻繁に発言を求められるカナダの高校生活では、最初は一言も発言することができない方が多いですが、少しずつ言葉が増えていって最後にはカナダ人と言い合いをする方まで!!

今まで高校留学を実現した全員が何らかの“壁”に打ち当たっていますが、
その全員が壁を乗り越えています。乗り越えた壁の数だけ自信が芽生えます。
自信にあふれキラキラ輝く高校生活をピュアカナダと一緒につかみましょう!

高校留学を目指す理由

ノバスコシア州で高校留学中、クラスメートとの写真 Junyaさんノバスコシア州 高校留学 Junyaさん

高校留学を目指す理由は人によって様々。

・カナダで自分の可能性を伸ばしたい
・英語を習得したい
・自分の考えをより主張できるようになりたい
・国際感覚を身に付けたい
・世界中の友達がほしい
・世界で活躍できる人間になりたい
などの理由だけではなく

・日本には馴染めない
・新しい再スタートの場がほしい
・自分らしく頑張れる場がほしい
などの理由もあります。

弊社ではいずれもポジティブな理由ととらえてサポートいたします。例外なく誰もが壁に直面しますが、これを乗り越え目標の留学期間を無事に終える生徒がほとんどです。

高校時代に大きく成長し、将来の夢を見つけて大学・そして社会へ、飛び出していく多くの若者を応援して参ります。

高校留学におけるリスク

ノバスコシア州で高校留学中、フルーツピッキング Akiraさんノバスコシア州 高校留学 Akiraさん

高校留学に挑戦する上で、決して無視することができないことがいくつか存在します。
・決して安くはない費用がかかる
・大切な家族や友人と離れ離れになる
・不十分な英語力での挑戦となる
・順応できず、途中帰国する可能性を否定できない

など確かに不安要素は少なくありません。

■決して安くない費用

1年間日本で高校生活を過ごすのと比べると、より多くの費用がかかることは明確。弊社ではご家族が汗水流して貯められた大切なお金であることを理解した上で、それでも挑戦する価値のあるものだと考えています。渡航する本人も心して挑戦するべきであると考えます。

高校留学というものは形のあるものではありません。しかし、大切な子供にとって一生の宝になる経験や出会い、気づきの機会となることは間違いありません。生まれてからずっと単一民族国家・日本文化の中で育った人間が、一人見知らぬ土地で違う言語を話す違う文化の人々の中で過ごすという時間は、その人間を強く柔軟にし、視野を広げるだけでなく、家族のありがたさや大切さにも気づき大きな成長をもたらす機会となることは間違いありません。

決して安くないお金ではありますが、大切なお子様の将来のための大いなる意味を持ったお金であると信じています。

■大切な家族や友人と離れ離れになる

日本とカナダは地理的に太平洋を挟んだ地球の反対側にある国同士。
決して家族や友人に「会いたいから」と気軽に会いに行ける距離ではありません。
距離が離れることで大切な人々のありがたさや大切さに渡航する本人だけでなく友人や家族の全員が気づき、感謝の気持ちを持つようになるのが留学です。
「毎朝ご飯を作ってくれたお母さんの存在は当たり前ではなかったんだな」「いつもどっしり構えてくれているお父さんのお蔭で色々な挑戦ができてたんだな」と、日本にずっといては感じられない大きな気づきは、距離を置くことで初めて生まれるものです。

■まだ不十分な英語力での挑戦となる

日本人の中で英語力が十分な生徒は数えるほどしかいません。
「英語力をしっかり伸ばした段階で留学する」という考えであれば高校生はおろか、大学生・社会人になってもそのチャンスは訪れないでしょう。英語力が不十分、人によっては限りなく英語力ゼロに近い状態であっても高校留学に挑戦することはできます。
英語力を気にするよりも、「海外に出たい」「自分の可能性に挑戦したい」「世界で通用する人間になりたい」そういう想いこそが壁を乗り越える原動力となります。英語力があるに越したことがないのも事実ですが、英語力について不必要に心配しすぎることはないと断言できます。

■順応できず、途中帰国する可能性を否定できない

確かに全ての留学生に対して“現地の環境に順応できない可能性”が存在しています。しかし1999年の創業以来、弊社でサポートした学生のうち途中帰国した方はたったの2名だけ。この事実を鑑みるとほぼ全ての学生が留学の目的を達成しているといっても過言ではありません。
もちろん誰にでも壁があり、苦労があり、悩んだ時期もあるでしょう。しかしこれらの時間ですら、留学を終える時に「あの壁や苦労があったお陰で成長できた」と思えるものです。
「100%目標を達成して帰国できます!」というような確証をお約束することは世界中の誰にもできません。しかし壁に打ち当たり、倒れても立ち上がり、考えて考えて乗り越える強さを身に付けることができる」ということは断言できます。長い人生を考える上で、挑戦する価値がある他ならない素晴らしいチャンスです。

高校留学における家族の役割

ノバスコシア州で高校留学中、友達との写真 Ayakaさんノバスコシア州 高校留学 Ayakaさん

高校留学は決して留学する本人だけのものではありません。
送り出す家族にとっても、愛する子供が傍から離れる痛みが伴います。
日本出発前に涙される親御様も多いです。それでも子供の将来に向けての成長の為に唇をかんで笑顔で送り出されます。
同じ親として感動すると同時に、胸の苦しさも感じる瞬間です。
大きく成長するために親がその胸を焦がして送り出していることを子供にも感じてほしいと願い、弊社ではよくこのような話をオリエンテーション時にお子様にお伝えしています。親の愛はいつか必ず子に通じると信じています。
子供が壁にぶつかれば共に苦しみ、子供の成長を共に喜び、無償の愛で見つめてくれる家族のお蔭で実現できるのが高校留学です。
感謝の気持ちも伝えていきたいと思っております。

高校留学と言う大海原に漕ぎ出そう!

ノバスコシア州で高校留学中、友達との写真 Junyaさんノバスコシア州 高校留学 Junyaさん

カナダで高校留学を実現するということは、すなわち同じ年齢の地元カナダ人たちが通う高校へ一人で旅立つということです。たった1人で何も知らない大海原に船出するのです。
“誰も知り合いのいない環境”で、母国語でない英語を駆使して、一から人間関係を築き、自分の居場所を作り上げていきます。最初は自信がなくてまだまだ子供だった表情も、日を追うごとにたくましく成長されていくのが分かります。

1年を終え、一時帰国したお子様と再会されたご家族様からは「しっかりした感じがする」「英語を話せるようになって、自分の子じゃないみたい」「カナダ人の友達を連れて帰ってきた」と喜びの声を毎年いただきます。

高校留学の前はご本人もご家族様も不安でいっぱいです。
しかし1年後には予想を上回る成長を得ておられる方々が本当に多いのがカナダ高校留学です。

ピュアカナダ留学センターが最適な留学プランをお作りし、現地オフィスと共に迅速にサポートいたします。

勇気をもって、一歩目を踏み出してみて下さい。
そこには今までに見たことも想像もできなかった景色が広がり、無限の可能性があふれているはずです。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

お薦めの都市
お薦めの年齢
お薦めの目的
お薦めの学校
お薦めの体験談
フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP