ビクトリアでワーキングホリデーを実現されたAkariさん ワーホリ ビクトリア Akariさん

Programs留学プログラム

プログラムから探す

ワーキングホリデー

人生で一度だけ取得できるカナダ・ワーキングホリデービザ。
働ける(仕事ができる)、語学研修ができる、旅ができる、もちろん何もしなくてもOK。
最大1年間の人生の休暇がワーキングホリデーです。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210

ウィスラーでワーキングホリデーを実現されたMaikoさんワーホリ ウィスラー Maikoさん

トロントでワーキングホリデーを実現されたTaekoさんワーホリ トロント Taekoさん

ワーキングホリデーとは、ビザの種類です。
協定を締結した国に最長1年間滞在可能となる特別なビザで、若者(18歳から30歳)を対象としている点は観光ビザや学生ビザと異なります。
また観光ビザや学生ビザと比較して、最も自由度の高いビザと言えます。
滞在資金を補うために、現地で働く事が出来る点が、他のビザと大きく異なります。

ワーホリでできること

・最長一年間滞在できる
・仕事・アルバイトができる(最長一年)
・学校に通い、英語や専門分野の勉強できる(最長6か月)
・ホームステイやアパート暮らしができる
・旅行を思う存分楽しめる
・ボランティアできる(地元の人々と交流が持てる絶好のチャンス)
・スポーツを思う存分楽しむ(カナダならではのスキーやスノーボードのウィンタースポーツ、乗馬、ゴルフ、釣り、カヌーやカヤック、マウンテンバイクなど)
・研究や調査など、海外での長期滞在を通して行うべき活動にも従事できる
・何もしないで過ごすこともできる(のんびり過ごすことももちろんOK)

ワーホリでできないこと

少し【理屈っぽい】ですが、あえて挙げるとすると
・仕事を目的にビザ取得はできない(あくまで人生の休暇という意味合いが強いため、渡航前に既に仕事が決まっているのはルール違反)
・カナダへの渡航前に仕事先を決定することはできない
・学校に半年以上通うことはできない
半年以上学校へ通いたい場合は、学生ビザが必要。
・一年以上滞在することはできない(ワーホリは一年間限定。観光ビザ・学生ビザへ切り替えると滞在延長が可能な場合も)
・人生で、2度、カナダのワーホリビザ取得はできない

圧倒的にできることが多いのがワーキングホリデービザです。
年齢的に取得チャンスがある方は、しっかり計画を立て、まずはビザ取得からスタート。

18歳から30歳の誕生日を迎える日までに申請が必要。

トロントでワーキングホリデーを実現されたAiさんワーホリ トロント Aiさん

カナダ全土が対象都市となります。

最初に語学研修を希望の方

語学学校のある都市が対象となります。

語学研修から始めない方

全ての都市が対象となります。

ビザ

ワーキングホリデービザの取得が必須となる。

ピュアカナダのお客様の就職例

カルガリーでワーキングホリデーを実現されたMamiさんワーホリ カルガリー Mamiさん

バンクーバーでワーキングホリデーを実現されたMegumiさんワーホリ バンクーバー Megumiさん

ピュアカナダでは、(報告を受けているだけで)ワーキングホリデーメーカーの方々は次のような仕事に就かれています!
◆カナダ人経営の服のショップ店員(カルガリー
◆オーロラツアーのガイド(フォートマクマレー)
◆オーロラツアーのガイド、その他様々な接客(イエローナイフ
◆カナダ人経営のお店で販売(ハリファックス
◆カナダ人経営の引越し屋(トロント
◆ナイアガラのツアーガイド(ナイアガラ
◆スターバックス(バンクーバービクトリアなど)
◆寿司レストラン(バンクーバートロントなど)
◆カナダ人経営のカフェ(バンクーバーカルガリートロントなど)
◆国際映画祭のボランティア(無給)(トロント
◆カナダ人経営の花屋さん(バンクーバーウィスラー
◆ベビーシッター(バンクーバーハリファックスなど)
◆スキー場スタッフ(バンフ
◆ホットパイ屋のスタッフ(バンクーバー
◆語学学校日本人スタッフ(トロント
◆コンビニスタッフ(トロント
◆百貨店(ビクトリア
◆その他、日本食レストラン
など多数。
仕事を獲得できるかどうかは、「どれだけ行動できるか」と「どれだけ仕事に就きたいと強く思っているか」が重要になってきます。
お気軽にご相談下さい。

何と言っても、働けるチャンスがある

バンクーバーでワーキングホリデーを実現されたMarikoさんワーホリ バンクーバー Marikoさん

トロントでワーキングホリデーを実現されたJunkoさんワーホリ トロント Junkoさん

ワーキングホリデーの最大の特徴は【働ける】という点。
海外で働くという経験は、必ずあなたの人生にプラスの影響を与えてくれるはずです。
多くの方は日本食レストランで職を得ていますが、日本食ブームに乗って、カナダ人客も多く、英語を使う機会は多いですよ。
もちろん、その他のレストランはもちろん、スターバックスのようなカフェ、服のショップ店員、百貨店など、頑張る人は幅広い職種で仕事を得ているのも事実です。

中には【英語力は低いが、君の人間性の素晴らしさで採用した】と言って、低い英語力の状態で雇われ、最後まで勤め上げた方すらあります。

また、日頃からレジュメ(履歴書のようなもの)を持ち歩いていたある女性が、友達と街を歩いているとき、かわいいカフェを見つけ、「すみませーん、スタッフと雇っていませんか?」と飛び込んだところ、「昨日からスタッフが産休で、、、明日から来れる?」という劇的な出会いを遂げた方もあります。

チャンスはどこに転がっているか分かりません。
チャンスは諦めない人間のもとにやってくるものです。
だからこそ、諦めることなく、自分を猛アピールすることが大切ですね。

人生で最も自由に使える時間

トロントでワーキングホリデーを実現されたTaekoさんワーホリ トロント Taekoさん

ワーキングホリデーに参加する1年間は、前述の通り、
■仕事ができる(ボランティアも)
■学校で勉強できる(最大6か月)
■旅行ができる
■スポーツ三昧
■何もせずぼーっと過ごせる
という、なんでもOKな時間。
だからこそ、自分らしい時間の使い方をして頂きたい。

ワーキングホリデーのメリット

カルガリーでワーキングホリデーを実現されたAiさんワーホリ カルガリー Aiさん

カルガリーでワーキングホリデーを実現されたMamiさんワーホリ カルガリー Mamiさん

本プログラムへの参加目的は、当然ながら人それぞれである。

費用を安く抑えられる

最大6か月の語学研修に参加後であっても、仕事を通して費用を補える為、1年間滞在して必要となる費用は、語学研修と比べて安く抑えることができます。

仕事を通してお金を補い、生の英語に触れ、更に文化や人脈を広げられる

カナダ人と同じ職場で働く経験をすることは、当然、お金の面のメリットだけではありません。
カナダ人と日常的に生の英語に触れることができるチャンスに溢れています。
仕事場で使われるリアル英語であり、同僚同士の何気ない会話にすら学びがたくさんあるはずですね。
更にスタッフ同士だけでなく、客からも、人脈が広がる可能性は大いにあるでしょう。
自分次第で世界が広がるのがワーホリの魅力です。

思い通りに1年を描ける

英語を勉強してもよし、働いてもよし、旅行してもよし、スポーツしてもよし、人生のバカンスを楽しんでもよし、なんでもありのワーホリだからこそ、自分らしく1年を描きたいですね。
語学学校や仕事だけで1年を過ごすのはもったいない。
日本ではできない様々な出会いや体験を通して得られるものは多いです。
長期滞在ができ、多くのチャンスがあるビザだからこそ、真剣に1年を描いてみる価値があるはずです。
自分らしい1年を思う存分描きましょう。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

プログラムに関するお問い合わせはこちら

お薦めの都市
お薦めの年齢
お薦めの目的
お薦めの学校
お薦めの体験談
フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP