大学付属語学留学 バンクーバー Aoiさん ホストファミリーと 大学付属語学留学 バンクーバー Aoiさん ホストファミリーと

Testimonials留学体験談

ありのままの自分で入れることの素晴らしさに気づいたバンクーバー留学

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
バンクーバー留学の感想

大学付属語学留学 バンクーバー Aoiさん カナダ人の友達と大学付属語学留学 バンクーバー Aoiさん カナダ人の友達と

大学付属語学留学 バンクーバー Aoiさん ホストの子達と大学付属語学留学 バンクーバー Aoiさん ホストの子達と

今日小谷さんからのお話を聞いてさらに留学へ行ってよかったと思いましたし、これからもっともっと自分のやりたいことを自分なりに頑張ろうと思えました。
これから就職して社会人になっても小谷さんのように目を輝かせながら働ける人。辛いことがあっても仕事が好きだから、楽しいからと言って続けられる人。退職してからの人生も楽しみだと言える人。そんな人になりたいです。

カナダでたくさんの人と出会い、一人ひとりみんなそれぞれ素晴らしい人たちでした。もちろん中には反面教師的な存在の人もいました。しかし、みんなそれぞれ価値観も考え方も容姿もちがっていて当たり前であり、それが本当に素晴らしいことだと気づけました。人とちがうことに恐れずチャレンジしてみようと思えました。自分らしく、ありのままで生きていこうと思えました。世界ってとっても広いんだと思えました。ありのままの私を受け入れてくれた人たちに本当に感謝しています。私もそんな人でありたいです。これは留学に行かなかったら気づけなかったことだと思います。
今はまだまだ自分の知らない世界が広がっていることにワクワクしています。

私も留学してたくさんのことに気づきましたし、龍大の説明会以降たまに後輩に留学について聞かれることがあります。みんな留学する理由は様々ですが、私は全員に「絶対行ったほうがいい」と伝えています。それはもちろん英語力もですが、それ以外のたくさんのことは今後の人生に大きな影響を及ぼすと思うからです。人生で本気で出会ってよかったと思える仲間にも私は出会えました。
これからも小谷さんには留学したい人の背中を押してほしいと思っています。その手助けに少しでもなるなら、これからもできる範囲でなんでもします。
またお気軽にご連絡ください。

バンクーバーではダウンタウンでカウントダウンライブがあり、かなり盛り上がりました!

1月9日からこの留学の目的であるEGCプログラムがスタートしました。
韓国の漢陽大学の大学プログラムを受け入れたため周りはほとんど韓国人です。
クラスはひとクラス12人で、そのうち10人が韓国人、1人(自分)日本人、1人ブラジル人、という感じです。

このプログラムのレベルは基本的に300レベル前後らしいのですが、みんなかなり英語が話せるので実際は500~600レベルのクラスになっています。
クラスは2クラス存在するのですが、私はそのうちの500~600レベルのクラスにいます。もうひとつのクラスはおそらく400~500レベルだと思います。
レベルの高いクラスに入れて嬉しいのですが、正直、授業ついていくのに必死です。
それでも自分の本当にやりたかったことができているので必死に食らいついています。

先生は生徒が疑問に思ったことをその場でディスカッションのトピックにしたり、その場でパッと出た単語について話したりとかなり自由な授業です。その中で文法の問題をしたりします。そして、答え合わせをする前に必ずその問題を友達同士でチェックします。もちろん間違っていても責められませんし、なぜそう思ったのかということが大切です。
日本ではとてもできない経験をしていると思いますし、私としてはむしろこっちの授業スタイルが好きです。

クラスメートはみんなとても親切でおもしろいです。初日は本当にビクビクしながら登校したのですが、みんなとてもフレンドリーで安心しました。笑
韓国人はみんな同じ大学から来ているので外国人の友達を積極的に作ろうとしているのがわかりました。これは私にとってはとても良かったです。また、みんな年齢が近いことと似たような文化を共有しているのですぐに仲良くなれました。

似たような文化を共有しているのも事実ですが、お隣の国でも文化的にちがう点もお互い発見できて楽しいです。
韓国の高校では言語選択をするときに日本語か中国語を選べるそうなので日本語を選択した人たちは少し日本語が話せます。お互いの言語を教え合うのもいい勉強だと感じました。

最近は「あと3ヶ月弱しかない!」という焦りもあります。なので、韓国人の友達に教えてもらった「meetup」というサイトを使ってバンクーバーにある地域のサークル(コミュニティ?)のようなものに参加しています。カフェやレストランなど公共の場で会うようになっているので安心です。時間帯も昼間や夕方、遅くても20時までなので私にとってはとても便利なツールです。
もっと色んな人たちと出会うきっかけになればと思っています。

メールでは書ききれないくらいもっともっと伝えたいことがあるのですが、それは帰国してからお伝えできたらなと思います。
残り3ヶ月弱ですが、できることを自分なりに一生懸命やっていきます!!

Aoi

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP