語学留学 インターンシップ バンクーバー Ayumiさん 店の仕事仲間と 語学留学 インターンシップ バンクーバー Ayumiさん 店の仕事仲間と

Testimonials留学体験談

最高の職場で働けたバンクーバーワーホリ

バンクーバーでワーキングホリデーに挑戦されたAyumiさん。英語は苦手で、恥ずかしがり屋の彼女は、人に恵まれます。働き始めた服屋は接客に厳しい店でしたが、英語力より人間性を見てこようしてくれたボスから最後にかけられた言葉とは!

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
ボスが私を雇ってくれた理由

小谷さん、お久しぶりです。以前お世話になりましたAyumiです。お元気でいらっしゃいますか? 

先日、カナダから帰国しました。本当にとてもとても良い経験をさせて頂きました。

バンクーバーでは、まず私は、手配して頂いたILSC(語学学校)に3ヶ月行きましたが、私は英語が全くダメでした。。恥ずかしがり屋でコミュニケーションが下手で、ほんとにひどかったんです…笑
学校内では、先生達がとっても優しくて、話すように自然に導いてくれたり、間違いも全然怒られたり笑われたりすることもなかったので、3か月が経過する頃には、間違うことに対しての抵抗感が当初よりかなりましになったと思います。

ILSCを終わった後、すぐに仕事を探しました。語学学校で、英語のミスを犯すことや、人に話しかけることに抵抗感がなくなったと思っていたのですが、実際に仕事を探すとなると、全く異なる感じで、いきなり壁にぶつかりました。
ただ、どんなときにも、人に恵まれてきたな~って思うんです。

英語が苦手、恥ずかしがり屋な私がダウンタウンにある服屋さんで、英語を使って接客をしていました。すごくないですか??笑 私はほんっとに人に恵まれてます。
同僚は親切に教えてくれたり、困った時にはヘルプしてくれましたし、常連のお客様が声をかけてくれることもありました。そんな時にはとても嬉しい気持ちになりました。特に最初の頃は、「私はお店に役に立てているのかな~?」と疑問に思うことも多く、でも、周りの人に助けられながら、何とか最後までやり抜くことができました。

最後お店を辞める時に、「なぜ私を雇ってくれたのか」を、ボスに聞きました。「確かにAyumiの英語力は問題ありだった」って言われました。でも彼は、「私は中身を見たんだよ、絶対この子ならやってくれると思った。みんなスタッフも、お客さんも、Ayumiのことが大好きだからずっとここで働いてくれないかな?でもまだまだ英語も十分とは言えないから、ここを学校と思ってくれていいんだよ。Ayumiにとっても、すごい良い場所だと思う。だからもう少しこ こで働いてほしい。ワークビザを何とか出してあげるから。」って言ってくれたんです。

 …泣けません??笑

もちろん、今ワークビザを取るのは不可能に近いことは分かってたんですが。でもこんなところで、こんな私を認めてくれる人がいるなんて、こんな幸せなことはないと思いました。このお店はとても接客に対して厳しいところでしたが、たくさんの仲間に出会えることができ、お客さんともたくさんお話ができて、ほんとに良い経験をさせて頂きました。決して良いことばかりではなく、何度も涙したこともありましたが、でもその数だけ私は強くなれた気がします。 

 私は留学前のカウンセリングの際、小谷さんに、学校の先生になりたいとお話しました。いろんな英語があっていいと思います。カナダにはいろんな国の人がいて、お互いを尊重し合っている国だと思いました。色んなコミュニケーションがありました。

 大切なことは、相手の文化を理解する。尊重する。そして自分自身をも伝えていくことですね。

まだまだ私は勉強が必要ですが。。教育現場でもすごくそれはいえる事だと思うんです。いじめ、自殺、そういった問題等が挙げられていますが、それを踏まえ、“偏見をなくす”という意味でも、お互いを理解しようとする気持ち、コミュニケーションの大切さを授業の中で伝え、関連付けていきながら、小さな教室から世界に広げられるような英語の授業をつくりあげていきたいと思いました。うまく言葉にできてませんが…笑

これからももっともっと勉強して、人の役に立てたらいいなと思っています。

なかなか決断できない私に勇気を持って背中を押していただいて、ありがとうございました。私の留学を、ピュアカナダさんにお世話になって本当に良かったです。
本当にいろいろとありがとうございました!!
Ayumi

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP