語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー インターン先の皆さんとの最後の日 Yuiさん 語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー インターン先の皆さんとの最後の日 Yuiさん

Testimonials留学体験談

ケローナで語学留学&バンクーバーでインターンシップ

VanWest Collegeケローナ校では素敵な仲間達と出会いカナダの田舎生活を大満喫。バンクーバー校に移動後は赤十字でのインターンシップに挑戦し大きな成長を遂げたYuiさんの体験をご紹介致します。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
VanWestでの語学留学とインターンシップ

語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー インターン先の皆さんにはよくしてもらった Yuiさん語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー インターン先の皆さんにはよくしてもらった Yuiさん

語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー 赤十字でお仕事中 Yuiさん語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー 赤十字でお仕事中 Yuiさん

語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー 別れのハグ Yuiさん語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー 別れのハグ Yuiさん

語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー 赤十字の仕事場の皆さんと Yuiさん語学留学 インターンシップ 仕事体験 長期留学 ケローナ バンクーバー 赤十字の仕事場の皆さんと Yuiさん

ピュアカナダ留学センター 小谷さん

こんにちは、Yuiです。
今日は私の留学について前半のケローナと後半のバンクーバーに分けてお送りしますね。お陰様でよい出会いに恵まれ素晴らしい留学ができました。

留学プランの詳細

6ヶ月間ケローナで過ごしました。
うち3か月ESL、2か月ビジネス英語、1か月再びESL

次に4か月をバンクーバーで過ごしました。
3週間、ケンブリッジ検定試験FCE
2週間、ケンブリッジ検定試験CAE
12週間赤十字でインターンシップをしました。

その後アメリカに一人旅、ロス、ラスベガス、グランドキャニオン、サンフランシスコなど6泊7日の旅行をし帰国しました。

ケローナについて

VanWestケローナ校は全校で30人くらいの小さな学校で、全員が友達でお互いがHello、How are youと言えて、皆が大好きで、皆が仲良くて、本当に最高の時間でした。パーティー、友達やファミリーにお世話になり楽しい思い出ばかりです。

ケローナで何が一番楽しかったかという質問には【素敵な皆に出会えたこと】と常に答えています。それほど仲の良い仲間、素敵な仲間に出逢えました。

ケローナが好きすぎて ケローナを離れるときには本当に悲しい気持ちでいっぱいでした。

留学中出会えた人

中国、台湾、韓国、ベトナム、サウジ、イラン、フィリピン、日本
ポーランド、スイス、コロンビア、メキシコ、パナマ、カナダ、アメリカなど・・・

カナダにいる間、「英語で話したいからお願い」と日本人のクラスメートに伝えると皆、最初から協力してくれました。
バンクーバーキャンパスでは日本人の友達は作らず、外国人の友達ばかりになりました。友達とは湖で泳いだりビーチバレーをしたりボーリングをしたり本当に楽しかったです。

ホストファミリー

日曜日はファミリーと教会に行っていたのですが、最初は何も分からずがっくりすることも多かったのですがその後、ずっと一緒にくっついて行く内にチャーチの人とも仲良くなることができ、ポットラックパーティーなどに呼んでくだされたようになりました。

ホストファミリーには色々なところに連れて行っていただきました。
お散歩に誘ってもらったり、スターバックスにコーヒーを飲みに行ったり、ハイキングに行ったり、教会に行ったり。とても仲良くなれました。

英語力について

最初はホストブラザーの名前も聞き取れずスペルを聞いてやっと分かったくらいだったのですが、優しい人々に囲まれ、徐々に英語力が伸びていきました。う~~~ん、今の記憶では留学当初からそれほど苦労をした記憶はありません。でも緊張してはしていたと思います。韓国人2人がルームメイトでした。その後に来たコロンビア人がめちゃ英語ができる子で・・・5歳も下の子だったのに・・・
多くの人々と交流することにより英語力は次第について行き、仲間と過ごす中で自然と英語でやり取りをしている自分がいました。

インターンシップについて

ケローナでの時間を終えケンブリッジ検定試験コースを受講後、私はバンクーバーにある赤十字のオフィスでインターンシップをさせて頂きました。

・赤十字にはいっぱいの役割があります
・作業療法士がクライアントが何が必要かをデータ打ち込みました
・収入なども打ち込みました
・3か月に1回、クライアントに手紙を送り、送り返してもらった手紙をチェックし、問題がないか、それをスタッフとやり取りということもさせていただきました
・ドキュメントを整理も担当しました
・秘書の人のお手伝いさせていただきました

月曜日~金曜日 朝9時半~4時半まで

最初の1か月はスタッフと距離があって勝手が分からないことが多かったですが、徐々に慣れていくことができました。
トレーナーとして私を担当してくださったのが秘書の方だったのですが、彼女が2週間のバケーション中、その人の仕事を全部私が担当することとなりました。
その経験を通して様々な人達に自分から話さないといけなくなって怖かったけど、自分から話しかけるようになりました。
話しかけてわかったことは実は皆さん超やさしかったということです。
皆がとても親切に助けてくれました。インターンシップの期間はアッという間に過ぎ、最後は日本に帰りたくない気持ちでいっぱいになりました。

私の最後の日、メッセージカードを置いてくれててご飯一緒に行って、帰ってきたらプレゼントが机の上にぼんぼん置いてあって。私が1つ1つに喜ぶから皆がニヤニヤして笑っているのが面白かったです(笑)
ケーキも準備してくれていて本当に恵まれているな~と思いました。

留学を振り返って

これが私の留学になります。
思えば出会いに恵まれ、人に助けられ支えられた2都市留学となりました。どちらも素晴らしい町でどちらも充実していて私を成長させてくれました。出会えた全ての人々に感謝の気持ちでいっぱいです。

この度はありがとうございました。

Yui

留学から帰国後のTOEICスコアについての嬉しいご報告

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP