シニア留学 バンクーバー 英語教師育成コース Hifumiさん シニア留学 バンクーバー 英語教師育成コース Hifumiさん

Testimonials留学体験談

バンクーバーでのシニア留学挑戦

シニア留学と言う形でカナダへの挑戦を決断されたHifumiさんから、現地到着3日目とご帰国後に頂戴したメールをご紹介します。学校もホストファミリーさんもフィットされ、快適に過ごされ、多くを学ばれ、新しい発見や成長など、彼女が感じられたことをご紹介致します。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
お礼

ピュアカナダ留学センター御中 小谷様、皆様。

こんにちは!
こちらはもう冬のように寒いです。お休みの日に失礼してしまいました。Hifumiです。
このたびは、出国まで細かいところまで本当にお世話になりました。私の年齢になると、不安などに頭が先回りしてしまって、色々と質問などでご迷惑をおかけしてしまいましたが、皆様のお陰で、とても落ち着いて出発を迎えることができましたし、到着した今も落ち着けています。

カナダにきて早3日。もう長い間、いたような気持ちになっています。
ホームステイの方々は優しく迎えてくださいました。年齢的なこともあってか、とても気遣って下さいますし、ゆっくりですが、お茶しながら会話を楽しめています。日本のことをお話したり、カナダのことを伺ったり、今までに感じたことのない感覚を味わっていますよ。

学校への行き方や電車の乗り方など、丁寧に教えてくださったので、今では安心して一人ででかけられるようになりました。

明日からいよいよ学校が始まりますが、落ちついて学習に取り組めそうです。(う~~~ん、でもやっぱり、初日に学校の門をくぐるのだけは緊張しますね。でも、この年でどんなチャレンジが待っているのか、これを楽しみに変えていきたいと、自分自身を鼓舞しています!)
また何かあれば、カナダオフィスのTomomiさんにも相談できるという安心感もあり、ありがたく思っています。

せっかく得た貴重な機会ですので、時間を無駄にせず、楽しむことを忘れず、時間を過ごしていきたいと思います。時差ぼけもおさまってきましたので、無事に到着し、無事に過ごせていることのご報告でした。またご連絡させて頂きますね。

お礼まで。

Hifumi

お礼のお電話

ピュアカナダ留学センター御中小谷様

お世話になっております。無事、11月24日に日本に帰国致しました。
この度は、私にとってとても大きな挑戦でしたが、最初から最後まで、勇気を与え続け、背中を押し続けて頂いて、本当にありがとうございます。

学ばせて頂いたKGIC(現SSLC)、とても良かったです。クラスは半分が日本人、あとの半分が韓国人でしたが、皆がどんな時も英語で話すという環境でしたので英語も伸びたと思いますし、そても良い経験になりました。年齢に関係なく、お互いを尊重して話ができるという留学環境は、日本では得られないものですね。こういうフランクな関係、大好きです!
先生方にも、特別視することなく、常に公平に扱ってくれて、とても居心地のよい空間で、これまたありがたかったです。

またホストファミリーに関しても、わがままを聞いて頂いて、マザーも良い人で良い環境を提供頂いて、本当にありがとうございました。同世代ということもあり、色々とお話しすることができて楽しかったです。一緒にお散歩したり、食事の準備をしたり、食後に少しワインを頂きながらお話したり、日本文化のことをお話したり、カナダのことを伺ったり、どれもこれも新鮮で、とても貴重で楽しい時間で下よ。

出発する前には、小谷さんからたくさんの資料やiphoneの使い方などを教えていただいていたおかげでとても助かりました。まだまだiphoneが得意とは言えませんが、それでも必要な機能を使って、カナダで過ごしてこれたことは自信になりました(笑)

ピュかカナダさんのオリエンテーション資料を見たら詳しく記載されているので、何かあればオリエンテーション資料を見て、それでも分からないことがあればトモミさんに連絡していました。またiphoneのFacebookとラインのおかげで、日本の娘たちともすぐに連絡とれましたし、Facebookではたくさんのお友達もできました。iphoneは日本でもできることですが、カナダに行かなければ、こんなに使えるようになっていないと思いますので、これまた大きな収穫です!

不安な点も多々あった中、この度は出発前から留学中もお世話になり本当にありがとうございました。 とても素晴らしい留学を実現することができました!!

Hifumi

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP