ジュニア プリンスエドワード島 バンクーバー ILAC SAC Toukoさん ジュニア プリンスエドワード島 バンクーバー ILAC SAC Toukoさん

Testimonials留学体験談

中学時代のサマーキャンプが人生を変えた

中学時代にバンクーバーでサマーキャンプにチャレンジされたToukoさんが、5年後にオーストラリア留学中に久しぶりにメールを下さいました。彼女に取って、あの中学の頃のカナダ留学が人生の分岐点だったことを語って下さっています。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
お礼

ピュアカナダ留学センター小谷様

五年前、中学生の頃、小谷さんのサポートのもとカナダのバンクーバーに3週間ほど留学をさせていただいたToukoです!覚えて頂いていますでしょうか?
ご無沙汰しています!
ホームステイはジョイスというところで、学校はILACに通っていました。

当時、私は北海道に住んでいましたので説明会などにも行けず電話で説明をしてもらったりなどたくさんお世話になりました!
現地に行った際には語学学校ではとても楽しい時間を過ごせました。当時、まだ中学生だった私にとっては何もかも新鮮でホームシックになる間もなく楽しい時間があっという間に過ぎ去ったように記憶しています。ILACに通っていた期間は授業もアクティビティも楽しかった思い出しかありませんが、得意授業は詳しく覚えていません。
アクティビティに関しては一番記憶に残っているのはビーチに行って、皆でビーチバレーや運動会のようなことをしたのがとても楽しくてエキサイトしていました。

またホームステイ先ではまだ幼かった私にとても良くして頂きました。当時、一緒にご飯を食べるとき「今日はどうだった?」「どんなことをしたの?」と、その日あったことを聞いてもらって限られた英語力で一生懸命話していたことを思い出しました。どこかに連れて行ってもらった気もするのですがどこだったか詳しくは覚えていません。一緒に過ごした何気ない時間がとても楽しかった気がします。

とにかくバンクーバーではいい思い出しかありません。
あの時間が私の人生を大きく変えてくれたことは間違いありません。

当時、小谷さんの連絡先を教えていただいたのですが5年も前なので、なくなってしまいホームページからこのアドレスを見つけて連絡させていただきました!!

実は私は今、大学3年生になり一年間オーストラリアのBrisbaneで生活しています!オーストラリアにまで来て自分と向き合う時間を持った時、私にとってのスタートポイントとは間違いなくあの日のカナダだったと思っています。中学のあの頃から「いつか長期留学をしたい」ということを親にも伝え続けていてとうとう実現しました。間違いなくカナダでの中学生の頃の経験があったからこそ今こうしてここで生活できているのだなと実感しています。あの時、私に自信を持たせてくれるように学校の先生もホームステイファミリーもピュアカナダさんも親も、皆が私を大切にポジティブな方向に導いて下さったと当時は感じられなかったことを今は感じています。
あの当時、関わって下さった全ての方に感謝しています。
いきなりの一方的なメールで申し訳ありません。でもどうしてもお伝えしたかったのでお送りさせて頂きました。

今後もカナダでの経験を活かし自分の生活を前向きに過ごしていきたいと思っています。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

Touko オーストラリア留学中

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP