語学留学 バンクーバー Kenjiさん 人生が変わった留学 語学留学 バンクーバー Kenjiさん 人生が変わった留学

Testimonials留学体験談

カナダ長期留学で人生を180度変えた熱い男の物語

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
【カナダ留学】 〜バンクーバー6ヶ月、トロント3ヶ月〜

語学留学 バンクーバー Kenjiさん 大きな成長を得られた時間語学留学 バンクーバー Kenjiさん 大きな成長を得られた時間

皆さん初めまして! 

〜簡単な自己紹介から〜

Kenjiと申します。大学5年生、経営学専攻です。海外経験はカナダ留学の時が初です!ピュアカナダの順士さんからは、「ヒラケンッ!」と呼ばれてるんで皆さんも気軽に「ヒラケンッ!」と呼んでください!(笑)

性格は、「真っすぐですぐ人の話を信じるから、すぐ人から騙されそう」とよく周りから言われるのでそんな感じの性格です!(笑)よろしくお願いします!!

尚、ここから全て僕の個人的感想ですが是非参考にして下さい!!

早速、①カナダ留学に至った経緯、②留学中の話(留学は人生のターニングポイント!)、③帰国して2年経った今の流れで綴っていきます。

①カナダ留学に至った経緯

ここだけの話、僕は大学受験で大失敗した人間です!(笑)

結論から! 勉強をみんなが思い描くすごく真面目に受験勉強をしている人の1.5倍増しぐらいの勢いで勉強しました。自分で言うか?と突っ込まれた皆さん、、、データにも残ってるしなによりも受験失敗したんでこれぐらい言わせてください!(笑)気分は大雨のまま大学に入学しました。毎日学校の最寄駅については変な妄想が膨らんで精神的に大学に行けないまでに追い込まれました。人生で初めての大きな挫折でした。

ほぼ大学にも行かず、ひたすらアルバイトに明け暮れてた僕が大学2年生の秋?冬?の時に一つの転機がありました。ある友人にピュアカナダを紹介してもらい、オフィスに行ったのがきっかけでした。あの時これが自分の人生を180度変わるとは予想できなかったです。

その日初めて順士さんとお会いし、留学の話を中心にと思いきや、気づけば色んなお話をさせてもらっていました。今はスペインにいますが、先日オフィスにお邪魔した時、順士さんが「3年前、初めてヒラケンがここに来た時、人の話を割いてまで夢中で喋っとったで〜!でもな目がキラキラしとったの覚えてるわ〜!」と言ってくださり少し恥ずかしくなりました。でも僕も鮮明に3年前のあの日を覚えています。僕の話に真剣に寄り添ってメモを取ってる順士さんがいました。そして「カナダ留学はヒラケンの人生のターニングポイントになる」と断言された時、自分の中でもそうなると直感で感じたのを覚えています。そして留学サポートは大まかな部分から細かい部分まで丁寧にして下さいました!何度も時には同じ質問をしても僕が納得するまで最後まで丁寧にサポートしてくださいました。あの時も大変ご迷惑お掛けしました!(笑)そうして無事2016年3月25日、日本を立ちました。

留学中の話(留学は人生のターニングポイント!)

多くの方が気になる「結局留学ってどうなの?」と疑問をお持ちだと思います。僕はあえて今回は留学エピソードについてはあまり述べません。

僕が口を大にしてお伝えしたいことは留学はあなたの人生のターニングポイントになります。それが例え将来仕事で英語を使わなくとも。実際僕の友達で留学後英語を使わない仕事に就いた方もいます。でも未だに留学仲間とは口を揃えて「留学して良かったよな〜」と話しますし、ある日カナダですごく仲良くなった友人2人とたくさんお酒を飲み3人でカナダの道路に寝転がり星を見ながら「今俺らカナダいるねんな。」とか、「留学に行かせてくれた親って偉大よな。」とか心の底から「お父さん、お母さんありがとう!」と僕だけじゃなくみんな思っていて、少し今振り返ると恥ずかしいけど心の底からありがとうって思えるって素敵な事じゃないですか?

おおっと、話が脱線したぞ、、、。ターニングポイントの話!!(笑)

ターニングポイントになる理由は数え切れないほどありますが、敢えて言うとすれば留学生活では超えなければならない壁が沢山あるのも事実ですが、人って不思議で何とかその壁を超えていきます。時には友達の助けも借りて超えていきます。その積み重ねは振り返った時に大きな目に見えない自信として身についています。記事を読んでくださる方で私には超えられないと思っている方はあなたも必ず乗り越えられる事を是非信じて欲しいです。そして自信がつく事は何を意味しているか。それはこの先の人生、たくさんの道を決断していく中で自信が身についてると自分で道を選択でき、留学を乗り越えた人は「自分は、海外でも色んなことを乗り越えてきた。」という自信と共に大きな困難があろうとあなたは突き進めるでしょう。

帰国して2年経った今

まず、カナダから帰国をして2年の月日が過ぎながら今回体験談を書かせてくださった順士さん改めまして本当に有難うございます。帰国して2年経った今だからこそ話せる事もあるので皆さんも是非帰国後はこんな道もあるんだ〜と知って頂ければ幸いです。

2017年2月カナダから帰国し大学3年生から復学しました。休学はせず9月〜12月末まで台湾に語学留学、台湾自転車で縦断旅をし2018年2月に無事卒業に必要な単位を取得し4年生の年になりました。

皆さんお気付きの通り、就活、、、 周りが頑張っている時、僕はある板前の寿司職人さんの元で寿司修行をしていました。始めたきっかけは寿司の技術を磨けば海外移住がし易いと思ったからです。とにかく海外移住にこだわっていました。 

僕の大将はすごく温かい人で僕を息子のように接してくれました。「Kenji!毎日、飯食べにきたらええねんぞ〜」といつも言ってくれるような方でした。ある日大将が「俺は自分が握った寿司を美味しそうに食べてくれるお客さんを見るために握ってる」「Kenjiも自分の好きな事やらなあかんぞ〜!」と言われた時、今僕がお寿司の勉強をしているのは「海外移住の為やな〜」、「勿論海外移住はしたいけどお寿司を提供する事が自分のやりたい仕事なのか?」と自問自答していました。いつも通り夜遅く仕事を終え大将と話している時、全てを話しました。”海外移住の為にお寿司の修行に取り組んでいる事” ”もっと海外でチャレンジをして本当に自分のやりたいことを見つけたい”と言う事。それを聞いた大将は「良いやんか、チャレンジしたらええ!」と言ってくれました。約4ヶ月の修行を終え7月から現在(2019年1月16日)僕はスペインでスペイン語の勉強と将来ピュアカナダのような素敵な留学エージェントを起業する夢ができたのでその夢に向かって日々精進しています。

最後に僕がお伝えしたい事は2つ。

1、カナダ留学で人生の一歩を踏み出した事で自信が身につき、視野が広がり、その先に自分でも想像でき得なかった生活が待っていると言う事。僕で言うその後の台湾、スペインの二度の留学。

2、順士さんも僕の大将にも共通しているのは自分の気持ちに嘘をつかず、自分の仕事に誇りを持ち且つそれを全力で楽しんでいると僕は感じました。

きっとカナダ留学に踏み出せてなかったら今の自分はいないだろうな〜。

留学は自分の想像以上の沢山の貴重な目に見えない”何か”を与えてくれます。

もし留学に興味がある、日々退屈だ、と感じている方。是非カナダ留学いかがでしょうか。

皆さんが一歩踏み出せることを心から祈っています。

最後までお読み頂き有難うございました。
Kenji

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP