インターンシップ バンクーバー 子供に教える Misakiさん インターンシップ バンクーバー 子供に教える Misakiさん

Testimonials留学体験談

ニューウェストミンスターで、念願の博物館でインターンシップ体験

念願の博物館でのインターンシップを、ニューウェストミンスター市にて実現されたMisakiさん。親切なスタッフさんとの仕事、地元の子供達との関りなど、様々な体験をされた彼女の体験談をご紹介します。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
インターンシップの感想

インターンシップ バンクーバー 同僚たちと Misakiさんインターンシップ バンクーバー 同僚たちと Misakiさん

インターンシップ バンクーバー 同僚と Misakiさんインターンシップ バンクーバー 同僚と Misakiさん

インターンシップ バンクーバー 子供に教える Misakiさんインターンシップ バンクーバー 子供に教える Misakiさん

 

インターンシップに参加された理由は

海外での仕事と、現地の人と直接交流して経験したかったからです。博物館での仕事に興味があったからです。大学で行ってもらった小谷さんのプレゼンを聞いて、説明会を終える頃には参加する気持ちが8割決まっていました。

体験されたインターン先での業務内容

・古い有名な家(アービングハウス)でのガイドと、稀に清掃をお願いされました
・ファーストネーションについての記事を打ち直すこと
・キッズプログラムでのサポート
・ファーストネーション、移民などについてのリサーチ(少し)
など、色々なことに挑戦させて頂きました。

業務についての感想を聞かせて下さい

・アービングハウスでは、ガイドとしての役割を果たせるようにするために、ニューウェストミンスター市やアービング家に関することを教えて頂いて、とても興味深かったです。
・ファーストネーションについては、担当の方から事前に歴史や文化をし得て頂いたので、ただ文字を打ち込むだけではなく、彼らの文化や過去を学ぶことができました
・観光客や地元の方々にガイドとして関わることができ、これは得難い貴重な体験となりました。周りの同僚がいてくれることで、不安な時も思いっきり取り組むことができました。

インターンシップを通して学んだことを教えて下さい

・ファーストネーションの過去、特にヨーロッパからの移民からひどい扱いを受けたことなど、カナダの歴史は興味深かったです。他にも多様な移民について学ぶことができました。
・アービングハウスでは、観光客や地元の方々との触れ合い方、外アドのやり方から歴史まで、幅広く学びました。
・カナダの方々は、思っていた以上に仕事に熱心で、「やる時はトコトンやる、休むときは休む」というメリハリがすごくしっかりしていて、感心しました。

インターンシップの感想

・職場の方々はとても親切で、分からないことは分かるようになるまでゆっくりと説明してくださいました。
・ 一つの作業、仕事でなく様々な仕事に興味がある、と申し出たところガイドや事務作業、キッドプログラムなど様々な経験をさせていただきました。日本から僅か3週間という私に最大限のご協力と配慮を頂いたことに感謝しています。
・各作業ごとに違うスタッフの方々と関われたので、様々なバックグラウンドの人々と話す機会ができました。一人ひとりパーソナリティも違うし、興味も違うので、様々な方と関われる機会はとても貴重で、とてもありがたかったです。

ホームステイについて

食事について
夜は準備してくれたものを頂いていました。朝は用意してあるモノの他に自分で好きなものをパンや知りあるなどすきに頂きました。昼は自分で作っていくことが多かったです(食材はいただきました)

交流について
基本的に、どこへ行くのも自分で好きにするスタイルで、自由を尊重してもらいました。初日は交通機関の確認で一緒に下見に行ってくれました。
日々の生活の中では、「今日はどうだった?」と1日の様子を聞いてくれて、何気ない会話を交わし、何気ない日常を楽しむことができました。

アドバイス

・担当の人だけでなく、自分が直接関わりのない人でも職場では積極的に話しかけていくのが良いと思います。皆さん、優しく対応して下さいました。自身も身に付くし、積極性も身に付くと思います。私にとっては大きな収穫で下した。
・私は昼食時間を利用して、職場で時々見かける人に話しかけていました。これも最初は躊躇してしまっていましたが、一度挑戦してみると、思いがけない人の輪の広がりでした。
・仕事に関することはもちろん、仕事に関係のない内容でも積極的に質問したり、
会話を繋げていくことで、インターンシップ全体の充実度がドンドン高まっていくのを感じました。最終的に、「英語力の面」もそうなのですが、それ以上に職場の中で「自分の居場所」があることが心地よかったです。自分から質問したり話しかけることって、ちょっとした勇気が必要なのですが、せっかくカナダまで来ているのだから、思い切って挑戦してみてよかったです。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP