語学留学 ワーキングホリデー  カレッジ留学まで、様々な留学を経験されたMinakoさん カルガリー トロント 語学留学 ワーキングホリデー  カレッジ留学まで、様々な留学を経験されたMinakoさん カルガリー トロント

Testimonials留学体験談

人生で3回目の留学

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
留学のエピソード

語学留学 ワーキングホリデー カルガリー トロント カレッジで栄養学を学ばれた Minakoさん語学留学 ワーキングホリデー カルガリー トロント カレッジで栄養学を学ばれた Minakoさん

語学留学 ワーキングホリデー カルガリー トロント 大好きな仲間達と Minakoさん語学留学 ワーキングホリデー カルガリー トロント 大好きな仲間達と Minakoさん

語学留学 ワーキングホリデー カルガリー トロント 高い英語力を習得 Minakoさん語学留学 ワーキングホリデー カルガリー トロント 高い英語力を習得 Minakoさん

語学留学 ワーキングホリデー カルガリー トロント 仲間達 Minakoさん語学留学 ワーキングホリデー カルガリー トロント 仲間達 Minakoさん

【ピュアカナダとの出会いはカルガリーの短期留学】
PURE CANADAさんとの出会いは、もう 7 年も前になります。
大学生の時、夏休みに短期留学したい!と思い、その時のクラスメイトにPURE CANADAからカルガリーに留
学した友達がいて、「すごく親切にサポートしてくれた」と聞いたので、何の迷いもなく私もお願いすることにしました。
カルガリーでの生活はとても楽しく、ホームステイ先にも大変恵まれたこともあって、6 週間はあっという間に過ぎてしまいました。
私はただただ楽しい毎日だったのですが、日本にいる両親は、初めて 1 ヶ月以上日本を離れた私の事を心配
していたと思います。両親は英語が話せないのでホームステイ先の家庭に電話するのもためらって、大阪の小谷さんに連絡し、小谷さんから私に連絡・・・ということまでお世話になってしまいました。
短期間でしたが、この時の経験が「次は長期でカナダに滞在する」と決心させてくれた留学でもありました。

【大学卒業時のカナダ横断旅行】
大学を卒業して仕事を始める前に、「カナダ横断一人旅」を敢行し色々な地域をバスで周りました。トロントには数日いたのですが、トロントには「ここに将来住みたい」と思わせる何かがありました。この旅行で、次にカナダに来るときはトロントにしようと決めました。

【決断、いよいよ長期留学へ】
仕事を始めて 1 年半ほどたったころでしょうか。PURECANADAさんに連絡しました。
「カナダ行きの実現はまだまだ先になりそうですが、決まった際にはよろしくお願いします」と、話を聞いてもらっていました。
トロントに行くことは決めていたものの、何を勉強したいのか等具体的に決めかねていた為、メールやお電話、またオフィスに伺って色々相談にのってもらいました。
そして最終的には、約 6 ヶ月語学学校で英語を勉強し、その後にインターンシップをするという形になりました。

【乗継便で乗り遅れた】
そしていざ出発の日。バンクーバー経由トロント着のフライトだったのですが、バンクーバーでの入国審査に 3 時間弱かかり、トロント行きの国内線に乗り遅れてしまいました。
その後の国内線もキャンセル待ち等で乗る事ができず、その日は空港で寝るはめになってしまいました。翌朝一番の便でトロントに向かうことになったのですが、トロントの空港にピックアップに来てもらう予定になっていたので、その方に遅れる旨を伝えなくてはいけないのに何度かけても電話が通じず・・・。結局、PURECANADAのバンクーバーオフィスのトモミさんに連絡をしたところ、トモミさんからその方に伝えてもらう事ができ、安心したのを覚えています。

【語学学校開始】
トロントについてすぐに学校に通い始めたわけですが、その語学学校での 6 ヶ月もあっという間に過ぎてしまいました。ESL、TOEFL,大学進学準備コース、と色々なコースを取りました。
学校にいる間、「日本語は話さない」と決めていたこと、また毎日のように遊んでいた友人達が日本人でなかった事もあり、「英語漬け」な毎日が送れたと思います。
ESL先生にレベルアップテストを受けるよう勧められたり、大学準備コースを取ってみるよう勧められた時も、自分にできるかわからなかったけど、「とにかくやってみよう」と挑戦しました。
今までの自分なら「自信がないから・・・」と自らチャンスを逃していたように思いますが、トロントにきてとても前向きに何でもチャレンジしてみようと思えるようになりました。
また、ESLのクラスで出会ったメキシコ人と韓国人の親友とは、それぞれが帰国してしまったあともずっと連絡を取り合っています。
トロントに来て、「人との出会いの大切さ」を実感する事ばかりですが、特にこの二人との出会いは私にとってかけがえのない財産となっています。

【インターンシップ】
半年間学校に通ったあと、インターンシップでレストランで働き始めました。
海外で働く、というのが初めての経験だったので何もかもが新鮮でした。「日本人は勤勉」とはよく聞きますが、これは本当だと思います。(普通に働いていると「そんなに頑張らなくてもいいのに・・・」とよく言われてました・・。)
学校ではない“カナダ社会”にいて強く感じたことは、「自分の意見を主張することの大切さ」です。
同僚間ではもちろん、先輩・後輩・さらには上司にまで、自分の意見はしっかり伝えます。
「言葉にしないと伝わらない」という考えがあるため、どんなに些細な事でも皆きちんと伝えていました。

【カナダ人の生き方】
また、こちらで暮らしてる人(カナダ人や移民の人々)は時間の使い方が上手なようにも思います。
仕事は仕事できっちりするのですが、自分の時間もきっちり取る。オンとオフの使い分けが日本人以上にはっきりしてるように思います。どちらが良いも悪いもないとは思いますが、こういった違った考え方を持つ人々と一緒に働く事が出来たのは良い経験となりました。

【ワーキングホリデーに挑戦】
あっという間に時間はすぎ、トロント生活も 1 年以上たち、もうすぐビザも切れるしどうしようか、と考え始めた頃、レストランでの勤務も良い経験だったのですが、次第に「日本で仕事していた経験を生かせる仕事がしたい」と思い始めました。
そこで、ワーキングホリデーのビザを申請しもう1年トロントにいようと決めました。
すぐに小谷さんに相談したところ、国内申請が可能になったのが今年からである事もあり、色々な状況も重なり
「ビザ取得は100%ではない」とのお話でしたので、慎重に慎重を重ね、ビザの申請準備を進めました。色々とアドバイスを頂いたおかげで、無事にワーホリビザを取る事ができました。

【絶対に諦めないと決めた】
せっかく取れたビザですので有効に使わなくてはと思い、前々より興味のあった“語学学校での仕事”を探し始めました。
トロントにはたくさんの語学学校がありますが、大抵どこも求人広告などは出しません。自分で学校を調べ、
求人してるのかも分からない状態でしたが、とにかくたくさん歩いてレジュメを配りました。
「担当者に渡しておく」と言われ話もしてもらえない事がほとんどで、「求人してない」とレジュメを受け取ってももらえないケースも多々ありました。
30校以上の学校について調べて歩いて回りレジュメを落としていきました。
何の反応もない日が続くと、「無駄なことしてるのかもしれない・・・」と、就職活動をやめようと思うこともありました。
ただ、簡単ではないのは覚悟の上だったし、あとから後悔だけはしたくなかったので「トロントにある語学学校全部回って、それでもダメならあきらめよう」と決めていたので最後までめげずにいられたのだと思います。
運よく、1つの学校から連絡を頂き、3 度の面接を経て、今そこで日本人カウンセラーとして働いています。

【今、自分ができる精一杯を注ぐ
語学学校、レストランでの経験、カウンセラーとしての現在】
すべてに関して言えるのは、「とにかく自分から動かなくては何も始まらない」という事です。あの時動いてなければ今の自分はいなかった、と思うことばかりです。
そして、そうして動く事が、自分を助けてくれる人達との出会いに繋がり、運を呼び込んでいくのではないかと思います。
今自分が出来ることを精一杯していき、今までの自分が出会った人達に感謝をしつつ、もっともっと成長していきたいと思います。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP