大学付属語学留学 ゲルフ Naohiroさん 大好きな仲間達と 大学付属語学留学 ゲルフ Naohiroさん 大好きな仲間達と

Testimonials留学体験談

目標達成できたゲルフでの語学留学

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
帰国後アンケート

大学付属語学留学 ゲルフ Naohiroさん ご自身のサヨナラパーティー大学付属語学留学 ゲルフ Naohiroさん ご自身のサヨナラパーティー

大学付属語学留学 ゲルフ Naohiroさん ボランティア体験大学付属語学留学 ゲルフ Naohiroさん ボランティア体験

大学付属語学留学 ゲルフ Naohiroさん ゲルフ最高!大学付属語学留学 ゲルフ Naohiroさん ゲルフ最高!

 

学校について

①午前と午後、どんな授業を取っていましたか? 授業の主な内容、雰囲気、先生がどんな人だったかなど教えてください。

授業はReading、Writing、Grammar、Speaking、Listeningの5つでした。クラスメートも先生もとても良い人ばかりだったので、最後まで楽しく授業を受けることができました。

Writingでは主にエッセイを書いていました。多くの参考文献も呼んだので個人的にはReadingの力も上がったと思います。

Grammarは一度高校の頃にやっている内容でしたが高校の頃よりもさらに詳しく教えて頂けたので、復習と同時に自分の知らなかったこともたくさん学ぶことが出来ました。

Readingはいかに早く記事の内容を理解するかなどの戦略を学びました。レベルが上がるごとに記事の内容も多くなり大変でしたがReadingが苦手だった私も留学前に比べると記事の内容を多く読み取れるようになりました。

Listeningでは10分ほどのレクチャーの映像を見て、みんなでディスカッションをしました。個人的には一番大変な授業でした。

個人的に一番好きだったのがSpeakingの時間です。内容としてはプレゼンテーションが多かったです。個人もありましたがグループプレゼンなどもありました。どの授業も先生方が丁寧に教えてくれるのでとても良かったです。ですが課題はとても多かったです。

 

②クラスの人数やクラスメートの国籍はどんなかんじでしたか? 時期によって「日本人が多かった」「〇〇人が多かった」ということはありましたか? クラスの雰囲気はどうでしたか?

クラスは13-14人ほどの少人数のクラスでした。レベル5の頃は中国人、日本人、コロンビア人、リビア人で大半が中国人でした。日本人はこの頃、私を含め3人でした。

レベル6の頃には、少しクラス替えがあり半分ほどクラスメートが変わりました。そして新たに韓国人がクラスに来ました。

レベル7の頃には日本人は私だけになり、クラスメートも大半変わりました。最後のクラスでの国籍は中国人、日本人、リビア人、韓国人、ブラジル人でした。そのうち2人の中国人とリビア人はレベル5、6で一緒だった友達でした。

どのレベルでも中国人が多かったですがそれでも私のクラスは他のクラスに比べると多国籍な暮らすだったと思います。クラスの雰囲気も和やかでみんなとても仲良しでした。テスト後には良くみんなでご飯を食べに行ったりなどしてクラスの中でも学校外でも仲良くすることが出来ました。

 

大学ではアクティビティ(放課後や週末のイベント)は企画されていましたか? もしあれば参加したアクティビティ、その中でもよかったものを教えてください。また、アクティビティ以外にも個人で観光や旅行をした場合はお勧めの場所やその理由を教えて下さい。

私はサッカーが好きだったので放課後に皆でサッカーしたことが印象に残っています。あと日本を紹介するイベントで皆の前でソーラン節を踊ったことや、ギターを弾きながら上を向いて歩こうを歌ったりしたことも楽しかったです。

ホリデーの度に旅行にも行きました。色々な所に行きましたが、個人的にはナイアガラの滝のライトアップは本当にきれいでした。昼に見るナイアガラとは全く違った一面でとても幻想的な滝を見ることができます。私は夜に見るナイアガラの方が好きでした。モントランブラントも紅葉のメープルがとてもきれいに見ることの出来る場所で、少し行きにくい場所ではありましたがこの場所も好きです。あと年末のニューヨーク、タイムズスクエアの年越しは決して忘れられません。すごく感動はしました。

現地での生活について

①ホームステイはどうでしたか? 

ファミリーはお母さん、お父さん、そして娘が2人いました。お父さんは仕事場が遠かったので、私がステイしている間に単身赴任になりました。ファミリーみんなととても仲良くできたと思います。特に5歳の娘さんとは良く遊んでいました。しかしとてもいたずらっ子だったので良く部屋を荒らされました。笑 ルームメイトで日本人が一人、サウジアラビア人が一人いたのですがサウジアラビア人のルームメイトとはとても良く話しました。彼とは本当にたくさんくだらないことをしていましたが私にとっては本当に楽しい時間でした。

②大学の内外に限らず授業以外に活動していたクラブ活動、サークル、ボランティアなどがあればどんなことに取り組んでいたか教えて下さい。

クラブやサークルには入っていませんでしたが、学校のアクティビティにはほとんど参加していました。そのおかげでスノボーやホッケーの試合など多くの場所に行くことが出来ました。さらにボランティアグループに参加している知り合いがいてその人に誘われて、ケベックシティのマスコットキャラクターになったりと貴重な体験もさせて頂けました。

③留学中、一番苦労したこと、大変だったこと、それをどのように乗り越えたかを教えてください。

やはり一番大変だったのは英語でのコミュニケーションです。自分の伝えたいことをどのように伝えたら良いのかわからない時、自分の無力さにとても悔しくなりました。しかしそんな落ち込んだ時、助けてくれたのはいつも友達でした。彼らは私の英語力がたどたどしくても、いつもそばにいてくれました。時には励ましてくれたりもしてくれて、そんな彼らと一緒にいるうちにもっと頑張ろうという気持ちになりました。国は違えど彼らは私にとって本当に大切な存在です。

これから留学にいく人たちへメッセージ

私はこれから留学する人たちには是非、目標をしっかり持って行ってほしいなと思います。今回、私の目標は1、友達と英語で笑い話が出来るくらい英語力を向上させる。 2、他国の友達をたくさん作る。3、誰よりもこの留学生活を楽しむ。でした。結果からいうと私はそれらを全て達成できた自信があります。そのくらいの自信が持てるくらい私の留学生活は充実していました。目標を持つと持たないとでは行動そのものの質が変わってくると思います。なので留学前には是非、どんなことでも良いので目標を決めて下さい。
Naohiro

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP