カナダ高校卒業留学 ノバスコシア州 Reinaさん カナダ高校卒業留学 ノバスコシア州 Reinaさん

Testimonials留学体験談

カナダ高校留学で心の距離が縮まった

カナダ高校留学をノバスコシア州で実現されたReinaさん。お母様から頂いたお電話から、「身体の距離が離れて心の距離が近づいた」という素晴らしい体験をされたご家族様のお話もご紹介しております。高校留学を目指す全ての方に読んで頂きたい体験談です。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
帰国後のメール

カナダ高校卒業留学 ノバスコシア州 先生と Reinaさんカナダ高校卒業留学 ノバスコシア州 先生と Reinaさん

カナダ高校卒業留学 ノバスコシア州 大好きな仲間と Reinaさんカナダ高校卒業留学 ノバスコシア州 大好きな仲間と Reinaさん

カナダ高校卒業留学 ノバスコシア州 スポーツ観戦 Reinaさんカナダ高校卒業留学 ノバスコシア州 スポーツ観戦 Reinaさん

小谷さん、卒業の今日まで、私だけでなく家族までの手厚いサポート、ありがとうございました。

思えば、両親と一緒にオフィスを伺った日が懐かしいです。あの日、お世話になることを決めた時から私の人生は大きく動き始めた気がします。日本では私と母が連絡させて頂く度に丁寧に対応を頂き、不安が少しずつ減っていきました。

高校1年生の時、初めてカナダに行った日のことを今でも懐かしく思います。

小谷さんは覚えているでしょうか?
私がおじいちゃん先生に怒られたとき、私は先生に腹が立って、どうしても我慢できずお母さんに文句言ったら「どういう理由で怒られたのかは分からないけれど、きっと悪いのはあなただから、しっかり謝ってきなさい」と言われました。日本にいた時は母親の言葉を素直に聞き入れることができなかったんですが、カナダにいると「きっと私が悪い、、、謝ろう」という気持ちになりました。
とは言え、おじいちゃん先生に直接謝れるほど素直じゃなかった私はメールで謝ったのですが、あの日以来、おじいちゃん先生は私のことを本当の孫かっていうくらいかわいがってくれて、大好きな先生となりました。
母のアドバイスのおかげですごくうまく行ったことで、やっぱり母はすごいな~って思って、ドンドン親との距離が近くなって行きました。

母が小谷さんに泣きながらお電話したことも聞いています(笑)
恥ずかしかったけれど、でも本当の気持ちだったので、母が泣くほど喜んでくれたのが私にとって嬉しかったです。

頭がよい方ではないので、勉強はそこそこという感じではありますが、SMU(St. Mary’s University)にも合格できましたし(自分でも驚き)、これからの新しい4年間のカナダ留学も楽しみです!

それもこれも、あの時ピュアカナダさんに出会ってなかったら、今の私は多分居ません。色々なことがあったけれど、何もかも、無駄なことはなかったな~
人として、とても成長できた留学生活でした。

本当にお世話になりました。ありがとうございました。

またいつかお会いできると嬉しいです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このようなご連絡を頂いたReinaさん。卒業後、Reinaさんのご両親とは何度かお会いさせて頂き、彼女の国内外でのご活躍を伺っています。

卒業後、やりたいことを見つけ、そして、今も海外で活躍されているReinaさんをピュアカナダはいつまでも応援しています!!

ピュアカナダよりのコメント

Reinaさんがご両親と一緒に来て下さった時のことは、なぜかあまり強い印象が残っていません。しかしやり取りをさせて頂くたびにドンドン弊社の中で存在感が強まっていったのが彼女です。

存在感がマックスまで到達したのが、彼女からのメールにもあった出来事です。

ある日、お母様からお電話を頂きましたが、電話を受け取った瞬間からお母様が電話の向こうで泣いていらっしゃいます。「何かあったのか?」ととても心配になり、お母様に
「どうされましたか?」
と聞いてみると、
「あのね、あのね・・・」
と言葉になりません。そこで、少し待ってみると、
「娘がね・・・娘がね・・・」
と言葉を続けられ、
「お母さんの子に生まれて、本当によかったって、あの子が言ってくれたの~。中学の頃には何言っても反抗ばかりしてたあの子が、こんなことを言ってくれるなんて・・・」
と、一気に言葉を吐き出され、また泣いておられました。

僕にも子供が3人おりますが、果たして子供達がそんなことを言ってくれる日が来るかどうかは分かりません。しかし、Reinaちゃんのお母様には宝物のような言葉を娘さんが言ってくれて、そしてお母様は次のように感じられたそうです。

「小谷さん、あのね、日本とカナダで身体の距離は離れているんだけれど、むしろ心の距離は近づいた気がするんです」
すごくすごく重い言葉だな~って思います。本当に素晴らしいですし、多くのご家族でこういう言葉の交換や、心の距離が近づくということができたならなんて素晴らしいんだろうって思います。

このご家族様からは高校留学の3年間、本当に多くのことを学ばせて頂きました。素敵なご家族様のエピソードをご紹介させて頂きました。
Reinaさんの今後のご活躍をいつまでも応援しております!

ピュアカナダ留学センター一同

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP