高校留学 ノバスコシア州 ラグビー部の副首相として活躍 Ryugoさん 高校留学 ノバスコシア州 ラグビー部の副首相として活躍 Ryugoさん

Testimonials留学体験談

不登校からハリファックスでの高校卒業留学を達成

原因不明の朝起きれない症状で不登校だったRyugo君。ご家族の応援の元、カナダ高校卒業留学に挑戦し、ラグビー部では立派に副主将も務めるほどの大成功を納められました。本人の頑張りと親御様の愛情が花咲いたRyugo君の留学後の感想です。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
カナダ留学を通して

高校留学 ノバスコシア州 ラグビーという言語を通してたくさんの仲間と出会えた Ryugoさん高校留学 ノバスコシア州 ラグビーという言語を通してたくさんの仲間と出会えた Ryugoさん

高校留学 ノバスコシア州 留学生の仲間達と Ryugoさん高校留学 ノバスコシア州 留学生の仲間達と Ryugoさん

高校留学 ノバスコシア州 学校のアクティビティに参加 Ryugoさん高校留学 ノバスコシア州 学校のアクティビティに参加 Ryugoさん

高校留学 ノバスコシア州 みんな、緑で統一してみた Ryugoさん高校留学 ノバスコシア州 みんな、緑で統一してみた Ryugoさん

カナダでの留学は僕にとってとても貴重な時間となりました。日本語の使えない環境での生活、いろいろな国の人との出会いなど日本ではほとんど経験できないようなことがあり、自分で思っていた以上に留学というものは自分自信に影響を与えるものだと感じました。日本に帰ってきてからも友達からRyugoは明るくなった、などいわれるようになりました。自分では変わったつもりはなかったのですが、人の目からみると性格もポジティブになったみたいです。外国に1人でいくということは少し不安でしたが、カナダに行ってみると楽しくて日本に帰りたいとは思わなかったくらいでした。友達や家族に会いたい、親のご飯が食べたい、けどカナダにいたい、みんながカナダに来ればいいなーなどと思っていたほど外国で住むのは思っていたより抵抗がなく過ごせました。逆に外国で住む方がいいと思うくらいでした。

僕が楽しく過ごせた一番の理由はホームステイが一緒だった台湾からの留学生であるyu-tingという友達ができたからだと思います。今思い返すとカナダにいる時間のほとんどはyu-tingといました。yu-tingのおかげでたくさんの友達ができたので僕はラッキーだったのかもしれません。日本語が使えない環境で英語があまりできなくても、話そうとする意思を見せたらみんな話してくれます。片言の英語でも自分から話しをしにいくということが一番大事だとこの留学を通して思いました。はじめのうちは友達があまりできなくて、同じ時期にきたブラジル人の留学生はもうすでにたくさんの友達がいたりして、少し不安になったことはあったけれど僕とその留学生の違いは、わからなくても英語力ではなく、積極的に英語を話すかどうかだと気付き、実際に自分も積極に話してみると、友達もできてきて楽しくなりました。英語力は中学生くらいのレベルがあれば、生活には困らないので心配する必要はないと思います。わからなくても恥ずかしいことではないし、カナダ人は留学生が英語をあまりしゃべれないということを知っているのでわかりやすいように話し方を変えてくれたりするので、英語ができないからどうしようと思っているひとも留学に挑戦してみたらとてもいい経験をすることができると思います。

クラブ活動に参加するということはとても大事なことだと思いました。クラブ活動に参加するとクラブの話という同じ話題があったり、話すきっかけができるので話しがしやすく、カナダ人の方からも話しかけてくれたりするので、クラブ活動に参加した方が充実した留学生活が送れると思います。僕は小学生の頃からラグビーをしていて、ラグビーが好きだったのでラグビー部に入りました。ラグビーを始めたことにより、ラグビーをやってる人みんなと仲良くなりました。ラグビーをやることによって知らなかった人からもラグビーやってるんやんね?など話しかけてきてくれたりして、たくさんの人と知り合うことができました。スポーツや芸術は世界共通なので、自信がなくてもスポーツに参加したり、音楽のバンドなどに参加できたら留学生活が楽しくなると思います。ホストマザーが厳しい人で、絶対にクラブ活動に入らないといけないと言われていたので不安ながらも入ることに決めましたが、今振り返ってみるとホストマザーは僕のためを思ってそのようなことを言ってくれていたんだなと思います。

そう思うと向こうの家族には恵まれていたんだなと感じます。カナダに行くことによって、いろいろな国の人と出会えるということはすごくいいことだと思いました。留学生同士で悩みなども共有でき、僕が行っていたハリファックスというところでは留学生が集まるイベントなどをノバスコシア州の教育委員会の人が開いてくれたのでたくさんの留学生と仲良くなりました。日本人の留学生もたくさんいて、困ったときは助け合え、自分は1人ではないと思えることができたので、日本人の存在はとても大きいものでした。 この留学を通して日本のことがもっと好きになりました。外国を知ることによって日本のことについて知ることができました。また日本のことをぜんぜん知らないということも気付かされました。日本という国はおもっていたよりもかっこよくて歴史のある国なんだなと実感しました。 留学を通してまず思いつくことはやっぱり楽しかったということで、日本に帰ってきてからもカナダに帰りたいなと思ったりします。また機会があればカナダの方に遊びに行きたいなと思っています。

Ryugo

Ryugo君のお母様からのお礼のメールはこちら

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP