短期語学留学 バンクーバー 素敵な仲間達 Takeshiさん 短期語学留学 バンクーバー 素敵な仲間達 Takeshiさん

Testimonials留学体験談

The 出会い バンクーバーで短期語学留学

【帰国後、遊びに行きます!】と約束してくれていたTakeshiさん。
約束どおり、さわやかに遊びに来てくれました。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
僕の留学

短期語学留学 バンクーバー English Bayでジャンプ Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー English Bayでジャンプ Takeshiさん

短期語学留学 バンクーバー 学校の仲間達 Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー 学校の仲間達 Takeshiさん

短期語学留学 バンクーバー 友達とピース Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー 友達とピース Takeshiさん

学校:Inlingua Vancouver

留学を考えたきっかけ

高校の時に嫌いだった英語でしたが一人旅での出会いや近所のアメリカ人の先生に出会ったことで少なくとも好きにさせてくれた事がきっかけになり、もっと大きな舞台で出会いを求めたいと思っていました。高校時代、アメリカ人の先生が言ってたカナダの事を思い出し、カナダなら!!と思い、検索にひっかかってきたピュアカナダのサイトをなんともなく読んでいた。 が読むたびにだんだん引き込まれていき小谷さんの人柄、世界一の資料、真剣に考えている方の文章がきっかけで留学を決意しました。

留学準備で気になったことや不安になったこと

エージェント選びにはやはり一番の不安がありました、しかし私の場合、実際小谷さんに会い、オリエンテーションや奥さんとのメールにより少しずつですが問題を解決することによって不安を取り除くことが出来たと思います 。不安もいろいろあります。例えば気になるところはホストファミリーの事と思います。実際、友達にも「あれは、運もあるからね」と言われていたし、なんとも解決しにくいことだと思いました。 ピュアカナダではどんな家族構成か、犬がいたほうがいいか、子供は、など項目を選択することによって希望に添えるようにしっかりサポートしてくれたので不安を解決できました。 他にも細かい所では寒さはどうかとか携帯電話、自分の英語力などです。

バンクーバーの印象

想像していた通りの大きな国ですし身近に自然があり人間と自然がうまく共存してるように感じました。メインストリートのロブソン通りは雰囲気や観光の一環として通るのはいいですがぶっちゃけそんなに面白くないです。(笑) カナディアンも少なく外国人だらけです。 ちょっと俺は違うカナダの印象を持ちたいんだ!!という方のは私事ではありますが、イエールタウンやデイビーストリートより南の方をお勧めします。基本的に一人で行動していた私ですが何かされたこともないし、されてる人を見たこともありません。安全面では申し分ない所と感じました。

学校の印象

短期語学留学 バンクーバー 学校の正面玄関で Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー 学校の正面玄関で Takeshiさん

短期語学留学 バンクーバー 授業中の様子 Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー 授業中の様子 Takeshiさん

短期語学留学 バンクーバー ディナーパーティー Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー ディナーパーティー Takeshiさん

学校の雰囲気について

いつも朝に配られるティンビッツのドーナッツが毎朝の楽しみでみんなもそれを楽しみにしていました。ドーナツの到着が少し遅れた時など暴動(笑)が起きそうなくらい待ちかねていました。先生もその輪に入っているので面白すぎです。
キャパ的には狭く、ゆっくり出来る大学などとは違いますが先生も生徒もかなりFriendlyです。ただ、やはり自分から話しかけないとだめですね(自分は英語力が乏しいけれど、とにかくドンドン話しかけて本当に良かったと思います)。いろんな先生がいるのでたとえ日本語でしか伝わりにくい事などがあってもその先生に助けてもらえばいいので問題ないです。パソコンは15台しかないですが日本語対応になっているので心配ないです。

授業について

日本とは違い先生が「これはこうだから、こうしなさい。」だとか「これをやってきなさい」とかはなく、例えば毎日道で配られているフリーペーパーを使い、授業中にその一つの事柄に対して班ごとに意見をまとめる。それを皆発表しあう。いろんな人種、宗教的な考えがある中でグループがそれぞれの意見を言い合う。先生はそれに対してこうだと思うのような意見を押し付けず、先生の個人的な意見を話すだけ。このようなディベートが日々行われる授業があります。英語レベルが高いからこんな授業が受けれるんじゃないの??って思う人がいると思いますが、私の英語レベルは2Bです(笑)(この学校は全10レベル、そのうち下から4番目)言葉を伝えることも大事ですが話し合いを大事にする授業が行われているところがいい授業だと思いました。

先生やスタッフについて

とにかく「陽気」って感じでした。いきなりギターを持ってきている先生もいるしスナフキンって勝手に呼んでました(笑)

もちろん先生方はまじめです!わからないことがあれば本当に分かるまで教えてくれたしプライベートの事もたくさん聞きました。

最高の仲間達

短期語学留学 バンクーバー ドイツ人のフランク Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー ドイツ人のフランク Takeshiさん

短期語学留学 バンクーバー 韓国人のヨハン Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー 韓国人のヨハン Takeshiさん

短期語学留学 バンクーバー メキシコ人のリカルド Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー メキシコ人のリカルド Takeshiさん

ドイツ人のフランク

ドイツ人のフランクとは午後の授業でいつも一緒でした。彼は28歳で年上ですが、ビールと彼女が好きなとても面白いやつでした。

韓国人のヨハン

韓国人のヨハンという子とはアジア系というのもあり案外すっと仲良くなりました。彼とはなかなか日本にいると経験出来ないような話をした事を覚えています。
それは、今韓流ブームでおばちゃんなど盛り上がっていますが、反日デモや、サッカーの日韓戦では日本の国歌の最中にブーイングをしたりなど、日本に対する批判的な考えを持っている国というのはわかっていました。だからこそ本当の所、どう思っているのかというのを聞きたかったし、タイマンで話をしたのを覚えています。彼が言うには、もちろん歴史的にも日本が悪いことをし韓国の教育においても反日が強い年齢層もあると言っていました。30代以上の人はそういう考えが多いといいます。
最近の若い子は、ファッションや音楽で日本に憧れを持っている所もあるので薄れてはいるけれど教育としては今までと変わらない事を教えられているので人によっては反日が強い人もいる。という事でした。実際、韓国の子からそのような事を聞けたことはすごい刺激的なことだと思いました。あとは銃の撃ち方なども教わりました。(笑)彼は兵役を終えてきていたので!

メキシコ人のリカルド

メキシコ人のリカルド。彼は私と同じホームステイ先の子で私が着く三ヶ月前からそこにいました。学校のメキシカンはとても陽気でいつも飲みに行っていた印象がありましたが、彼はいつも私が家に帰る前にもう家にいて地下のリビングでテレビを見ていました。 私が留学中にメキシコの独立記念日があったのですがこれはメキシカンはその日はオールで飲み明かすという特別の日で、次の日、学校にはメキシカンは午後からしか来ないかというくらい盛り上がるそうです。 実際先生方もそれを知ってか当たり前のように欠席でも何も言わないほどです。しかしリカルドだけは普通に家でテレビを見ていました!!!さすがにびっくりしました(笑)たぶんリカルドはあんまり盛り上がるタイプではないのかなと思い、それはそれでいいと思いました^^(そんなメキシカンが1人くらいいても!)

同じクラスなのでいつも彼と学校へ行くのですが、家を出てバス停に行くまでの歩いている時の会話は天気の話のみです(笑)それが終わると全くの無言で嫌われてるのかなと思うくらい寂しかったです。学校や家では普通に話すのに・・(笑)

そんなこんなで一ヶ月という短い期間でした。明日は旅立つ日で朝5時に家を出なければならないので、前の晩に皆にお別れを言うために皆の部屋を訪れていました。リカルドにもと思い彼の部屋に入り「明日トロントへ行くので最後の別れを言いにきた」と言うと彼は握手を求め握手した瞬間、僕をギュッとハグ(抱きしめ)し、「Thank you」と一言。

たくさんの仲間にお別れパーティーをしてもらった時もホストファミリーとの別れの時も泣かなかった僕がその瞬間、涙があふれんばかり出てきて、止まりませんでした。後から考えると初めて共に過ごした外国人で、価値観も生活習慣も違う中、何か頼っていたところもあり、その人との別れが無意識のうちに身体が感じ寂しさを覚え、涙が出てきたのだろうと感じなんともいえない思いでした。

ホストファミリーについて

私のファミリーは最高でした。それは無理に干渉してこないので暇な時は一緒に映画行こうとか、買い物に行こうとかそんな自由な家族だったので鍵も渡してくれて帰りも遅く帰っても何にも言われないので良かったです。
ファミリーの中で印象に残ったこと、それは子供との遊んだ時間です。5歳の男の子ですがいつも僕の部屋に入ってきては、くっついてきたり、ベットで跳ねたり、疲れてる時も彼の笑顔と元気で何度も助けてもらいました。最後の別れの時、彼はもう眠りについていたので頭をなでて「さよなら」を言うと僕の親指をつかみ離しませんでした。目はつむっているのに・・・。かわいくて仕方なかったのを覚えています。

僕の留学を総合評価すると!

短期語学留学 バンクーバー お世話になったホストマザー Takeshiさん短期語学留学 バンクーバー お世話になったホストマザー Takeshiさん

留学中に行動して良かったこと

やっぱり知らない人でも話しかけることで毎日が楽しみに変わることだと思います。毎朝同じ店で紅茶を買って教室で飲んでいたのですが、その店の店員さんと話すことで仲良くなり、値段が安いサイズのもので大きいのにしてもらったり、英語の勉強方法など聞けたりしたこともありました。オープンな国というイメージがあるのでどんどん話しかけていいと思います。

留学を通して得たもの

世界各国の人の文化や価値観、考え方等を理解でき、自国の素晴らしい伝統や文化など改めて見直すことが出来たことなど、貴重な体験を得ることが出来ました。その中で人との係わり合いは言葉だけでなく表情や笑顔、気持ちで伝わる事が身を持ってわかりました。

これから留学をされる方々へのアドバイス

やっぱり、最初は”留学なんて遠い存在”、”英語がしゃべれないから”とか、”お金がない”など問題もあると思いますが実際、ピュアカナダを通じて行った方や海外での留学経験をした人はなんか雰囲気が変わります!!!!大人になるというか、一皮剥けるというか、向こうに行けば洗濯や食事、異文化との触れ合い、自分で考えて選択する事が必然的に多くなります。そんな中でもまれて大きくならないはずがないと思います。何週間(短期間)でもいいと思います。日本と違う空気、空を見てくることに損はないと思います。

ピュアカナダについて

いい点はたくさんあるので、これがあればいいなと思うところを書かせていただきます。ピュアカナダは北海道や沖縄、国内だけでなく中国の上海やアメリカのロスからのお客さんもいると聞きました。そんな遠方のお客さんほど不安も大きいと思います。
実際小谷さんと会ってオリエンテーションすることも出来かねてしまうのですから。なので、全国にピュアカナダを利用され素敵な留学を実現された過去のお客様達に協力してもらって、ちょっと話を聞けるチャンスなどがあったらよいと思います。小谷さんも「留学後も連絡をくれて、何かあったら手伝いますって言ってくれるお客様がたくさんいてくれて、本当にありがたい」とおっしゃっていましたし!

Takeshi

ピュアカナダから一言

彼と接していて”他人への尊敬(Respect)”と”自分への自信(Confedence)”が共存するそんな男性なのではないか。留学をお手伝いしている時にそう感じ、そしてご帰国後も連絡を取り合ううちに確信に変わっていきました。

彼が1人で日本中を旅した話を聞いたのは留学のカウンセリング中でした。留学のプランを作っている時、彼の話に聞き入ってしまいました。私も旅が大好きで旅で得られるものについて自分なりの考えを持っています。
彼のしてきた旅がきっとたくさんのものを与えてきたのだと思います。旅が彼に与えた、いや、彼が動くことによって自分から得てきたのだと思います。

人間1人では生きられません。
立ち止まっていては見えない景色を彼は自分から動くことによってたくさん見てきた。動くことによって自分の弱さを受け止めたり時にずっこけたり、時に有頂天になったり、そして出会いを通して人の温かさに涙したり!!
そうやってTakeshiさんは少しずつ成長してきたのだと思います。

帰国後、彼がピュアカナダのドアを開けて入ってきた時は出発前と同じでした。一見、普通のさわやかボーイです。(いや、ほんとにさわやかなんですが!)
その中に芯の強さがあり相手への優しさがあり、また一段と成長したくさんのものを得てきたと感じました。
今は髪がさっぱりして就職活動中とのこと。
旅好きだけに旅行業関係での仕事を探したいそうです。
旅好きの彼は”人生という旅”でも肩の力を抜き、楽しみ、笑い、たくさんの人と関わりながら成長を続けていかれることでしょう。

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP