語学留学 インターンシップ 友達と Yufukoさん 語学留学 インターンシップ 友達と Yufukoさん

Testimonials留学体験談

ビクトリア&トロント語学留学&インターンシップ

とても礼儀正しくて、周りに気配りができるYufukoさん。弊社から2度目の留学でした。
今回はビクトリア&トロントでの1年間留学。臨場感たっぷりのストーリーをじっくりお読みください。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
ピュアカナダより

語学留学 インターンシップ 友達とパーティー Yufukoさん

Yufukoさんが初めてピュアカナダを利用してカルガリーへ留学してくださった後、彼女はたくさんの写真をピュアカナダに下さいました。仲間との楽しそうな写真やアクティビティの写真、そしてファミリーのお子さんとの写真。本当に輝いていました。
それから1年半後、再びピュアカナダを訪れてくれた彼女は『今度は1年間の留学をしたい、どうぞよろしくお願いします』と再び来社してくださいました。

ピュアカナダへはお母様と一緒にお越しになり、お母様にもご納得いただけるプランを一緒に作り上げました。親御さんの希望としては 『将来につながる留学にしてほしい』 とのこと。
留学は人生で何度も出来ることではないのでリーズナブルで、それでいて仕事にも使えるレベルのものを身に着けてくることでした。「ただ遊びに行くだけなら行かせるつもりはない」ということをおっしゃいました。そしてYufukoさんはしっかり勉強することをピュアカナダとお母様に誓って1年間の留学を決意されました。

今回ご提案した 『英語コース(ESL)』→『ケンブリッジテスト』→『ビジネス英語』→『インターンシップ』 という4段階の留学は、彼女のご希望にピッタリのものでした。まだ英語力が十分ではなかった彼女には、まず 英語コースにて総合的な英語力を身につけていただきました。
ケンブリッジテストはTOEICやTOEFLの様なテストに加え、スピーキングも学ぶことが出来る非常に面白い、質の高いプログラムですので受講いただいて喜んでいただきました。
英語の総合力が上がってきた段階で今度は社会に出るための準備としてビジネス英語コース 、そして最後に実際にカナダ人の中に入って責任ある仕事に従事しながら英語をより磨き上げる インターンシップ。

1年間を総合的に無駄なく着実に能力を伸ばしていただけるよう、ご提案を差し上げました。そしてその目標をしっかりクリアし自信と経験と実力の全てを持って帰国してくださいました。
今回のYufuko物語では表現されていませんが苦労されたのではないかと思います。でも多くの仲間に支えられ、彼女自身の持ち前の明るさとバイタリティでたくさんの壁を乗り越え今の彼女があります。

4回生になられた彼女は、これからの自分に大いに期待し、そして羽ばたかれることでしょう。

学校編

語学留学 インターンシップ 学校の先生と Yufukoさん語学留学 インターンシップ 学校の先生と Yufukoさん

語学留学 インターンシップ ピザ Yufukoさん

語学留学 インターンシップ 修了証 Yufukoさん語学留学 インターンシップ 修了証 Yufukoさん

様々なコースに挑戦し、英語力アップ

ESL (English as a Second Language) 3ヶ月

一般的な語学学校の授業コースです。英語を使って生活できるようになるために日常会話を勉強していきます。これが語学を始めるにあたって一番基本であり大事な部分です。
ただ英語を習うだけといっても語学学校では他の国の人達と英語を習うんです。それが楽しいけれども大変な部分でもあって、考え方や行動が全く違う人達と勉強すると日本では信じられない行動や発言をする人達がたくさんいて最初はすごくやりにくい。例えばメキシコ人の人達は授業中すごく発言します。思いついたことがあれば口にするし分からないことがあれば必ず「わかりません」と大きな声で質問し自分が完全に理解できるまで質問します。
日本の学校だと生徒は授業が終わってから質問しますよね。それも他の人の勉強の妨げにならなくてすむ良い方法だと思いますが私はここで、質問の大切さを学びました。彼らが質問してくれたおかげで、一応理解していたことでも先生がさらに詳しい例や説明をしてくれたおかげでしっかり理解出来たし、覚えやすかったからです。思いついたアイディアを口に出すことも言ってみたことによって実感したり、他の人から付け加えられたりすることで内容が簡単に明確化できることに気づきました。そこで考えを口に出して言ったり、質問したりすることの大切さを学びました。ただ授業中に急に教室から出て行ったり、果物をむいて食べ始めたりする人がいたのにはびっくりしましたが(笑) これは一つの例であって「ええっ」と思うことって本当に毎日ありました。でもすぐに慣れてきて、他国の知識を得られると同時に、日本に対して気づくことも沢山でてきて楽しかったです。

ケンブリッジ検定試験・FCE (First Certificate E…) 3ヶ月

ケンブリッジ検定試験といってヨーロッパのTOEICのようなものでヨーロッパではこの試験にパスすると就職に有利だそうです。なので私のクラスメイトはスイス人が多かったです。試験内容はすべてイギリス英語でspeaking, reading, listening, writing, Use 0f English。日本人である私がこのコースを受講した理由は試験内容が実践英語で不可欠なものばかりだからです。Writing試験対策では、手紙、レポート、苦情の手紙、申し込みの書き方など日常生活の様々な場面で必要になる文書の書き方が習えます。私はこのコースで、ESLでは足りなかった必要不可欠な部分を学べたと思っています。

Business English Program2ヶ月 + Co-op 2ヶ月

このコースでは、英語圏(北米と英国)のビジネスについてとマーケティング、インボイスについてなどビジネスに関する知識を学びました。ここで私が一番身に付いたと思うのはプレゼンテーション能力です。授業では毎日と言って良いほどプレゼンテーションがあり、話し方、振る舞い方、内容、基本事項などを毎回全員からチェックされ評価されてきました。
その結果、人前で話すことやどうしたら人が聞きやすいプレゼンになるかなどを毎回考えるようになりました。さらに発表内容の研究を通して自然とビジネス用語や知識が得られたと思います。クラスメイトは色んな国から来たビジネス経験者で学生だった私はついて行くのに必死で毎日半泣き状態でした(笑)
けれども時には厳しくも協力的な彼らと一緒に勉強できたことが自分の成長につながり各国のビジネス常識などを知ることができた貴重な経験だったと思います。

私はこれらすべてのコースをGlobal Villageという学校で受講していました。Victoria校はダウンタウンの中心に位置し、小さいけれども先生も生徒もみんなフレンドリーですごく良い学校でした。ほぼ毎日Activity担当のNellieの企画でスポーツをしたり、小旅行に行ったり、時には私たち生徒が個人で計画した遊びや飲み会にも先生達がたまに参加したりと、この学校は先生と生徒の壁がない心地よい場所だったと思います。これは私個人の意見ですが語学学校に行くなら小さい学校がおすすめです。その方が他のクラスやコースの生徒とも仲よくなりやすいからです。私の経験から大きな学校だとグループ(同国籍がかたまりやすい)で行動しがちになってしまい他人は他人という雰囲気になりやすいということを感じました。

自分がやりたいことが実現できる学校を見つけるのってすごく難しいですが、どこにいっても前向きな気持ちと、学びたい、沢山の人と出会いたい、という意欲があれば結果は必ずうまくいくと私は思います☆

インターンシップ編

語学留学 インターンシップに挑戦、素敵な仕事仲間 Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、素敵な仕事仲間 Yufukoさん

語学留学 インターンシップに挑戦、仕事先のカサロマ Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、仕事先のカサロマ Yufukoさん

語学留学 インターンシップに挑戦、仕事先の大好きな仲間 Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、仕事先の大好きな仲間 Yufukoさん

語学留学 インターンシップに挑戦、仕事場 Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、仕事場 Yufukoさん

私が2ヶ月働くことになったのはトロントにある観光名所CASA LOMAという大きなお城(本当は個人の邸宅だったんですけどね)でした。インターンシップ=会社をイメージしていた私は正直言って働き初めはかなりがっかりだったのですが、実際働いてみると自分について、仕事についてなど、見えてきたものがたくさんありました。今回はそんなこともふまえてお話したいと思います。

仕事内容
オーディオデスク:CASALOMAでは入場者全員にオーディオガイドマシンのサービスがあります。

フロントドア:チケットの確認とオーディオディスクへの案内。その他、質問や道案内など全体の案内もする。

エレベーター管理:カナダで最古のエレベーターで手動で動く。時々故障することがあるので体の不自由な人と作業用で使用するときにエレベータを動かす。
私は主にこれら3つの仕事を他のインターン生やカナダ人のアルバイトの人達と日替わりで行っていました。クリスマスのイベント時にはサンタクロースのアシスタントなどもしていました。
私がここで得た一番のものといえば年齢の近いカナダ人と知り合う機会です。語学学校だと沢山の国の人と出会える代わりに学校にはいない英語圏のカナダ人の友達を作るのは非常に難しいです。身近なカナダ人といえばホストファミリーだけになりがちというのが語学学校に通う弱みであるともいえると思います。(もちろん強みもたくさんありますよ)
ここで私と同じ仕事をしていたのは19~25歳までの大学生や高校を卒業して一旦休憩や勉強期間中にいる人達でした。最初は若者の話すスピードについて行けなくて辛い時期もありましたが、不思議なものでいつのまにか分かるようになりました。みんなすごくフレンドリーで分からないと何度も繰り返してくれたおかげかもしれません。学校では習えないことも沢山おしえてくれましたし、トロントの地元ネタもわかるようになりました。ある意味私はカナダの真の若者の日常会話と生活というものをここでやっと学べたのかもしれません(笑)

ここで働いて語学学校で英語を勉強して良かったと思うことがよくありました。それは観光で色んな国から来たお客さんの母国語なまりの英語が理解できるということです。語学学校に入った当初は他の国から来た人達の英語を聞き取れなくて困ったことが何度もありました。特にスペイン語なまりの英語が一番私の頭をなやませました。しかし、学校で仲良くなった人達との交流を通してそれらを乗り越えたおかげで、CASALOMAのお客さんと円滑にコミュニケーションをとることができたのだと思います。

この仕事を通して私にはもっともっと英語の勉強が必要だということを実感しました。接客を通じてどうやったらもっと丁寧なものの言い方が出来るかということを何度も考えさせられ、接客も含め、様々な状況に応じた会話力をもっとつけていきたいと思いました。そしてこの2ヶ月間の貴重な就労体験を素敵な仲間達と一緒に出来たということが何より私が得たものだと思います。

友達編

語学留学 インターンシップに挑戦、愉快な仲間達 Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、愉快な仲間達 Yufukoさん

語学留学 インターンシップに挑戦、愉快な仲間達2 Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、愉快な仲間達2 Yufukoさん

語学留学 インターンシップに挑戦、リンボー Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、リンボー Yufukoさん

語学留学 インターンシップに挑戦、楽しい仲間 Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、楽しい仲間 Yufukoさん

今回はカナダで出来た友人についてお話ししたいと思います。色んな国から来た人と会えるのが語学学校の醍醐味。私が通っていたGVは、大体が日本人、韓国人、南米人、スイス人ですが、時々、アラブ人、ドイツ人、フランス人、そして、カナダのフランス語圏ケベック州からきた人(夏休みを利用して)などがいました。
ビクトリアの学校は大体200人ほど生徒がいたのですが、知らない人でも廊下やトイレで会えば笑顔で挨拶するような学校でアクティビティも盛んだったので自然と仲の良い友達が出来ました。
私の友達は南米人(メキシコ、コロンビア人)が多かったので放課後はバレーボール、サッカー、ボーリングなどのスポーツに出かけ、週末はナイトクラブに行くのが日課になってました。南米の人っていつもテンションが高くてナイトクラブから早朝に帰ったその日の昼には電話かけてきて「買い物にいこう」って誘ってくるのにはびっくりでした。
私「眠いから嫌だ。」
友達「もう12時なのに何でそんなに眠いの?Yufukoはlazyだ。」
私「もーほんとに眠いから無理(怒)」
友達「わかったよ。じゃあ今は寝ていいけど、今夜は9時集合だからちゃんと来てよ。」
私「今夜も?!いつ寝てるの?!なんでそんな元気なの?!」という会話が日課になっていて毎回彼らのパワーには驚かされっぱなしでした。
今考えると、学校行って、宿題やって、自炊して(ランチのお弁当も作って)、そしてこんな感じで遊んでよくやっていたなと思います。でも今思い出すとすごく充実していて楽しかったなーって、戻りたくなってしまいます(笑)

言葉や文化の違う人達と友達になって得られたことって沢山あります。これらがこの一年で私をすごく成長させてくれたことだと思うので、5つ紹介しておきます。

1.他の国の文化や習慣についての知識が増えた

2.”聞く姿勢”の大切さを知る
お互いが母国語でない言葉を話していると相手の言っている意味がわからない、理解できないことがよくあります。相手が一生懸命伝えようとしているからにはこっちも理解しようと相手が何を伝えたいのか真剣に考えながら聞きますよね。そして分からないところがあれば「ここは分かるけど、ここはどういう意味?」とか「それって例えば、こんなかんじもの?」といった感じで、思い当たるものを言ってみる。そうすると大体当たるんです。それを繰り返していくうちに自然と日本人と話すときや学校の授業でも考えながら聞き、疑問に思うことや分からないことがあれば質問するようになっていったところ、今までより授業内容をきちんと理解できるということに気づきました。「聞く姿勢」ってすごく大事だなーと実感しました。

3.”違い”の素晴らしさとそれが自分の成長に繋がるということ
カナダは移民の国です。語学学校の外でも母国語が英語でなく、自分たちの文化や習慣を持ったカナダ人の人達はたくさんいます。人種も見た目も服装も習慣もみんなバラバラ、けれどもみんなカナダ人です。だからカナダ人の中では”人と違うのは当たり前”なんです。自分と違うってことは自分にないものを持っているってことですよね。私はそれに興味を持ったことで自分の世界がさらに広がったと思います。

4.人を○○人として見るのではなく、一個人として見るようになったこと
カナダに着いた頃は学校の友人に対して、○○人の○○さん、17歳くらいかなーという目で見ていたと思います。それが色んな人と出会い、交流していく度に国籍について考えることって少なくなりました。知り合ってしばらくしてからそういえばどこからきたんだっけ?というのが多かったです。考えてみると仲の良い友達で未だに年齢を知らない人もいます。
私は色んな人達と出会い行動を共にする中で、それぞれの国に対して持つイメージやステレオタイプを崩していきました。そのため私の中で人と人との間の国境が消えてしまったのかもしれません。

5.”思いやり心”の大切さ
1年間楽しいことがいっぱいありましたがもちろん辛いことも沢山ありました。そんな時に私を支えて励ましてくれたのが友人やホストファミリーでした。私が最初に住んでいた家を飛び出してきた夜に「もし良かったら部屋を空けるからうちに来て住んでもいいのよ。」といってくれた友人のホストマザーや授業が大変で毎日必死で勉強していた時に夜遅くまでプレゼンの練習を手伝ってくれた友人たち、そして辛いときや悲しいときに自分の予定を投げ出してまで一緒にいてくれた友人の優しさには感謝してもしきれないし一生忘れられないと思います。彼らと出会って人は人に支えられて生きているということを実感し、私も彼らのような人に対して”思いやり”と優しい心を持つ人になろうと思いました。

これ以外にもたくさん友人達から得られたことって数え切れないくらいあります。だからといって日本人以外で友達を作れ!っていっているわけではありません。日本人の友達って実は海外で生活する上で一番大事と言えるかもしれません。自分と同じ文化や習慣を持っているからこそ、本当に楽しい時や悲しい時、困ったときに一緒にいて安心できるしたくさんのことを分け合えると私は思います。私はこのカナダでの生活を通して親友と言える日本人の友人ができました。彼女とは、英語を勉強する時だって日本人特有の間違いや勘違いなどを一緒に練習したし、帰国後の悩みや生活についてなどたくさんのことを話しあい励まし合ってきました。彼女がいなかったら私のカナダ生活での楽しさは半減していたかもしれません。

私のおすすめはとにかく沢山の人と出会って一緒に笑って、泣いて、怒って、沢山のことを吸収してくださいってことです。一年間、長いようでいて意外に短いもんです。もしこれから行かれる方がいらっしゃったら毎日を友人達と全力で楽しく過ごして下さいね☆★

生活・住まい編

語学留学 インターンシップに挑戦、ホストファミリー Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、ホストファミリー Yufukoさん

語学留学 インターンシップに挑戦、ホストファミリー Yufukoさん語学留学 インターンシップに挑戦、ホストファミリー Yufukoさん

私は、この一年間でホームステイとシェアハウスの両方を体験しました。

ホームステイ

カナダに来たばかりの人はほとんどみんな最初にホームステイをする人が多いです。ホームステイのいいところは何と言っても家族の一員になれることです。帰ってこなければもちろん心配してくれますしご飯もちゃんと作ってくれる。カナダ人の家族と身近に接することができます。
私はすごくホストファミリーに恵まれていたと思います。特にトロントで1ヶ月お世話になったホストファミリーは最高でした。宿題をみてくれたり買い物に一緒にいったり、時にはホストマザーオリジナルCD”ママダンスMIX2004″で夜中まで一緒に踊りました(笑)トロントのホームステイ費用は他の地域よりも高いのでどこか部屋を探すことになったときもホストマザーは知り合いの家で空き部屋がないか探し回ってくれました。家を出た後もパーティや行事があれば呼んでくれたし、時々電話もくれ、帰国前にはさよならパーティまで開いてくれました。トロントに来たばかりで不安だった私を暖かく迎えてくれたこのファミリーには本当に感謝しています。

私はホストファミリーとの問題を抱えている人も沢山知っています。病気になったら追い出されたり、何をするにも見張られたり、行ってみたら家には家族でなくホストファザーと称した男の人が一人で住んでいて卑猥なビデオを強制的に見せられたりされた友達もいました。(友人は男性でしたが、そのホストファザーはゲイだったそうです。一歩間違えたら大変なことになっていたかもしれません。)学校に手配してもらった場合でも残念ですが現実にこういったことって起こっています。本当にその学校のホームステイコーディネーター次第です。なのでホームステイをしたい場合は信頼できる会社に頼むか余裕がある場合は一度ホームステイを見学すると良いかと思います。(学校に何件か紹介してもらって自分で見て回っている人もいました。)せっかく住むんですから楽しいものにしたいですよね♪

自炊生活
私はこの一年間で2回、部屋を借りて自炊生活をおくりました。一回はビクトリア、もう一回はトロントです。初めての自炊生活をしかも海外でなんて最初は出来るのかと不安に思いましたが意外に楽しかったです。料理も日本では全く興味なかったのにいざ始めてみるとはまってしまって毎日お弁当を作って学校に持っていっていました。トロントでは料理が得意な台湾人の友達と各自3,4種類ほどおかずを作って持って行き、お互いの国の料理を教えあいながらランチを食べていたら、いつのまにか参加人数が増えてきて気づけばランチタイムは各国の料理を楽しむ時間になっていました(笑)

先程ホストマザーが家探しを手伝ってくれたと書きましたが、その中で私が選んだ家はホストマザーの妹Diahnの家でした。彼女は一週間ごとに帰ってくる息子と二人で住んでいて地下が余っているということで、キッチン、バストイレ、リビング、寝室など地下にあるものを全て私が一人で使わせてもらえるということになりました。そのため何年間も使われていなかった地下を掃除し、壁を塗り替え、キッチン用品などを私のためにすべてそろえてくれました。普通このように部屋をかりる場合、ホームステイではないので住んでいる家族とは挨拶だけの他人の関係になる場合が多いですがDiahnは私に上の部屋も自由に出入りさせてくれ、たまに一緒にご飯を食べながら映画をみたり、話をしたりして一緒に過ごしてくれました。電車も走っていないのどかな田舎町ビクトリアからカナダ一の都会トロントに来て不安な中でホストマザー含め、こんなにいい人達との出会いは私のトロントでの生活をすごく安心で楽しくしてくれたと感謝しています。

シェアハウスを探すときに注意したこと

家は生活基盤をおく場所だから絶対妥協しないというのが私のモットーです。シェアハウス探しでは、場所、人、値段、部屋、生活ルールなど、自分にあったところを探すよう努力しました。以前は住めればいいんじゃないの?という感覚でしたが最初のホームステイで他の生徒と長い間もめて家を出たり、友人のホームステイでの問題を色々きいて以来、家の重要性をすごく考えるようになりました。私が一番重要視したのは場所と人ですビクトリアでは特にありませんがトロントでは中には治安の悪い地域もたくさんあるので夜中まで遊びがちな私は比較的安全な地域で家を見つけるようにしました。その次に重要なのは人です。部屋は違うといえども他人と一緒の家で過ごすのですから部屋を見に行く際に出来るだけたくさん話して相手を見極めるようにしました。(友人のシェアハウスではシェアメイトの部屋を警察が捜索しにきたなんて話もあったので)きちんと調べてから決めれば問題はそんなに起こらないと思うので「危ない」なんて思わずに試してみることをおすすめします。地元の人と仲よくなるチャンスでもありますし☆

帰国した今でも尚、一緒に過ごしたビクトリアやトロントのホストファミリーとは連絡を取り合っています。つい最近も「私の庭に今年も沢山の花が咲き始めています。」というビクトリアのホストマザーからの手紙を読んで本気でカナダに戻りたくなってしまいました。

カナダの素敵なクリスマス編

カナダでのクリスマスパーティー Yufukoさんカナダでのクリスマスパーティー Yufukoさん

雪のクリスマス Yufukoさん雪のクリスマス Yufukoさん

カナダでのクリスマスディナー Yufukoさんカナダでのクリスマスディナー Yufukoさん

雪のクリスマスの教会 Yufukoさん雪のクリスマスの教会 Yufukoさん

今回はカナダのクリスマスについてお話したいと思います。本場キリスト教の国ではどんな風にクリスマスを祝うのかと映画でしか見たことのない外国のクリスマスに胸をふくらませていた私になんとビクトリアで出会ったケベック出身のジュリーから「クリスマスは早織と私の実家にきなよー!」とお誘いが!
さっそくビクトリアに住んでいたSaoriと相談しクリスマスを挟んで2週間、ジュリーの実家があるケベック州の小さな街GRAND MAREに行くことになりました。

トロントからVIA鉄道で5時間かけて、モントリオールに到着。(国際学生証を使えばバスより安く行けますよ☆)そこでジュリーと合流。ジュリーとの再会や初めてのモントリオールに感動!!のつもりが、「寒いっ!!!」なんと外はマイナス20℃、強風も加わって体感温度はマイナス30度の勢い。外に出た瞬間に鼻の中が凍るのを感じながらの涙の再会でした。モントリオールはカナダで3番目に大きな都市でフランス語と英語が両方通じる唯一の街です。(ケベックシティの人は意外と英語は片言の人が多かったです。)「ほんまにみんな両方完璧なんかいな??」と疑っていましたが本当にみんな両方ペラペラでびっくりしました。
ケベックは国?州?:英語圏の人は、ケベックのことをカナダとしてではなくケベックとして見る人が多いです。何年か前の話ですがケベックで、カナダから独立するかしないかの投票が行われ、何と51:49でカナダに属したままでいることが決まったらしいです。つまり約半分の人はケベックを国としてカナダから独立させたいのでしょうね。ケベックには独自のTV,FMなどの放送会社がありケベック人歌手やコメディアンなどがたくさんいてこの州独自の文化や習慣が大切にされています。

ケベック州の小さな街GRANDMERE
ジュリーの実家があるGRANDMEREはモントリオールから車で2時間の田舎町です。全くと行って良いほど英語が通じずアジア人を見たことがない人がたくさんいて色んな人が「どこからきたの?」と話しかけられることがよくありました。ビクトリアやトロントに住んでいる時からケベックは他のカナダとは違うというイメージがありましたが実際行ってみてそれを実感しました。ここで私が見つけた英語圏との違いを紹介してみたいと思います。

公用語はフランス語:
ケベックのフランス語の特徴は、フランスのフランス語よりも発音の時に喉を鳴らす(うがいのような音)度合いが多いことです。ケベックの人達から言えばケベックのフランス語のほうがまったりとした音ならフランスの方はあっさりといった感じだそうです。(私にはどれも同じですが。笑)

ケベック伝統料理:
カナダの色んな英語圏を旅しましたが誰に聞いても「カナダ料理なんてないよ。バーガーとピザじゃないの?」なんて言葉か返ってきますが、ケベックには沢山の伝統料理があるんです。
代表的なケベック料理といえば、あつあつのフライドポテトにチェダー、カッテージチーズ、グレイビーをかけた”POUTINE”という料理です。一度食べたらおいしくてやめられません!これはトロントでも有名でバーガーショップでも注文することができるので東カナダに行ったら是非食べてみて下さい。ただしカロリーは恐ろしく高いです(笑)
クリスマスということでクリスマスに食べるケベックの代表料理を紹介しておきます。”Russian Bread”と呼ばれるサンドイッチのようなものです。色んな具をパンに挟んで10段くらいにし、溶けたチェダーチーズを全体に塗ってオリーブで飾り付けして出来上がり。25日の朝に家族で分けて食べます。この料理、なぜ名前が”Russian Bread”かと言うと昔々、ロシアの宮廷でクリスマスのパーティで余った料理を次の日の朝にパンに挟んで食べていた習慣からきたものらしいです。なぜそれがなぜケベックの伝統行事になったのかは謎ですが。
他にもいくつかケベック料理を食べましたが全てがチーズを使った物でした。ジュリーのママによるとケベック料理はチーズが基本なのであまり普段から食べていると体重が増えて大変なことになっちゃうので特別な時しか作らないそうですよ。みなさんもケベックに行かれたときはチーズには気をつけてくださいね。

クリスマス:
ではここで今回の本題であるクリスマスの話に移りたいと思います。カナダの街では秋の終わり頃(11月くらいからかな?)から、いろんな場所で電飾がみられるようになってきます。12月に入るともう街も住宅地もクリスマス一色。ドアにはサンタやトナカイなど夜になると、それぞれの電飾を見に、散歩に出かけたくなってしまうほどきれいです。特にジュリーの実家のGRANDMAREは、一面雪だらけで夜は黒い空と白い雪の世界にきらきら光る電飾がすごくきれいでした。
日本では「クリスマスは恋人と」「お正月は家族で」が定番化(?)していますがカナダでは全くの逆。クリスマスは家族で過ごすためにあるのです。ジュリーの家も例外でなく彼女の祖父母が訪れて、みんなで夕食を食べ、ケーキを食べました。そしてその後大きなツリーの下にある沢山のプレゼントをみんなであけました。(家によるそうですが、25日の朝にプレゼントを開ける家が多いそうです。)このツリーの下においてあるプレゼントはプレゼントを買ってきた人から次々に置いていくので、12月初め頃から毎日増えていくプレゼントをきっとカナダの子どもたちは指をくわえて25日を待っているんでしょうね。
ジュリーの家で過ごしたクリスマスはまさに私が描いていたカナダのクリスマスでした。大きな暖炉とクリスマスツリーのある部屋で家族で楽しくクリスマスの日を祝う。こんな体験ができたのもカナダに来て素敵な友人達に巡り会えたからですよね。トロントに帰るときは3人で号泣しましたが、また必ずケベックに行って3人で会える日が来ると思っています。

Yufuko

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP