ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー かわいい子供達と Kyokoさん  ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー かわいい子供達と Kyokoさん 

Testimonials留学体験談

バンクーバーのワーホリ、カフェ仕事探し

ワーキングホリデーで挑戦と挫折、出会いと別れを経験したKyokoさんのストーリー。
実際に経験した者だから感じたこと、学んだことを書いてくださいました。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
旅立ちそして出会い

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー 友達と Kyokoさんワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー 友達と Kyokoさん 

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー ホストとクッキング Kyokoさんワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー ホストとクッキング Kyokoさん

私がワーホリを決めたのは出発前の1年半前でした。
短大卒業後、期待に胸を膨らまし企業へ就職したのですがそこで私を待ち受けていたのは多くのストレスでした。1年半働いた頃「このままでは自分が駄目になってしまう」と思いつつも何も行動を起こさない日々でした。

ある日、友達とご飯を食べに行きレストランで手にした1枚のフリーペーパー。そこで見つけたのが「ピュアカナダ留学センター」の広告でした。
高校生の頃1週間ニュージーランドに行き、留学というものに興味を持っていたのですが親の反対のもと諦めていました。家に帰り早速ホームページをチェックしていると私の中で長い間眠っていた海外渡航の夢が甦ってきました。ワーホリの事は既に知っていたので行くなら働く事の出来るワーホリでと思っていました。

ピュアカナダほか数社に資料請求しピュアカナダから資料を受け取った時には「ここだ!」と思いました。他社の資料請求もしたのですが一定の枠にはまっていて温かさを感じる事ができなかったからです。ピュアカナダの手作りの資料を読んだ時最終的にカナダ行きを決めました。仕事は3年続けようと思っていたのでカナダ行きを決めてから1年半働きました。 でも目標が出来たので頑張る事が出来ました。

カナダ出発の数週間前に 小谷さん(ピュアカナダの代表カウンセラー) からメールを頂き『同じ日に、同じ都市に、同じ飛行機で同じ年齢の、同じ性別(女)の人が関西空港からカナダに行くので一緒にいってみてはどうか』という提案でした。
そして同じ学校に入学予定と聞きこんなにも偶然が重なるものかととても驚きました。1人よりも2人の方が良いと思い一緒に行く事にしました。
後にこの女性が私のベストフレンドでありルームメイトになるなんて誰も想像していなかったでしょう。

The 仕事探し★アップ&ダウン

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー ホッケーの選手と Kyokoさんワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー ホッケーの選手と Kyokoさん

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー Kyokoさんワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー Kyokoさん

学校&ホームステイの期間も終わり仕事探しを始める事になりました。
でも英語のレジュメ(履歴書)の書き方もわからずどうしようかと思っていたのですが以前にホストマザーがホストマザーの仕事仲間を紹介してくれていたのでその人を頼る事にしました。彼はとても親身になって一緒に考えてくれてタイピング、コピーまでしてくれたので後は私の頑張り次第となりました。日
本にいた頃からカフェで働きたいと思っていたので、カフェに応募し始めました。

日本語の情報誌を見てもジャパレス(日本食レストランのこと)ばかりが目立ち、なかなか見つける事が出来なかったので自分の足で探す事を決めました。ダウンタウンを毎日歩き周り1日に最低1件は履歴書を出すように心掛けました。でもなかなか良い返事はもらえず時間ばかりが経っていきました。ダウンタウンは歩きつくしたので違うエリアもとことん歩きました。

友達に会うと「Kyokoよりも英語が出来ない友達が決ったのに何できまらないんだろうね?」と言われ更にプレッシャーを受けました。ストレスが焦りに変わり25件位レジュメを残し「もう駄目かな~」と思いジャパレスにも・・・って心が折れそうだった頃、1つのカフェでOKをもらえたのです。見かけもかなり良く「ここで働けるなんて!」ととっても嬉しかったです。

小さなカフェだったのでとても働きやすかったのですがこれも長くは続かなかったのです。このカフェで働く事が決る3週間前にバンクーバーでの1大イベントであるMolson Indy のボランティアをする事になっていたので週末に働いていた私には休みが必要となりました。その事を告げると「問題無いよ」とあっさり休みをもらい次の週に行ってみると「休みを取っていた人が帰ってきたからまた必要になったら電話するよ」と言われ愕然としました。「9月からはもっと入ってもらうからね」という話もしていたのに・・・・「あなたは私を雇ってくれたんじゃないの?」と言ってみたのですが受け入れてもらえずこの時点であっという間に仕事を失ったのでした。

頑張れば神様は見ててくれる

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー レイクルイーズKyokoさん ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー レイクルイーズKyokoさん 

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー 親友のRinaさんと鉄道の旅 Kyokoさんワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー 親友のRinaさんと鉄道の旅 Kyokoさん

必死になって見つけた仕事だっただけに家に帰る途中、涙が溢れました。
もう自分の力だけでは止める事はできませんでした。家に帰りルームメイトに話す頃には少し落ち着いていたのですが、次の日からCanadian Rockiesに旅行する事になっていた彼女は私を一人残して行くことを不安に思い「一人で家に居るべきじゃないよ」と彼女と彼女の友達の旅行に誘ってくれたのです。この時改めて私には支えてくれる人がいるんだと実感しました。Rockiesは厳しさの中にも優しさを持っていて私の心を癒してくれました。Rockiesを旅行した後に友達のいるCalgaryにも行き数日滞在する事が出来、身も心もリフレッシュしてVancouverに帰ってくる事ができました。

その後仕事が見つかる転機が訪れます。彼女と知り合ったのは「jpcanada」というWebサイトでした。ルームメイトと私はインターネットで探し物をしていて偶然彼女のインフォメーションを見つけ購入する事になったのです。会ってお互いの話しをしていると彼女は私達の家の近くのカフェで働いているとの事だったので、次の週末に2人でブランチをしにそのカフェに行きました。その出会い以来しばらく彼女に連絡していなかったのですが、私が仕事を失った時にパニックになって彼女に電話していたのです。そして丁度彼女が仕事を辞めようと思っていた頃だったらしく「私の代りに働かない?」と誘ってくれたのです。その時の電話は「オーナーもOKしてくれたから」というものでした。
この時点で8月下旬だったのですが9月の中旬にルームメイトとカナダ東部を旅行する事になっていたので9月末から働くことで話しはまとまりました。今から考えると$20で購入したあの物品でこんな風に仕事をゲットできる事になるなんて出会いというものは本当に素晴らしいものです!!!

私がいるカナダという国

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー 親友のRinaさんとラフティング Kyokoさんワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー 親友のRinaさんとラフティング Kyokoさん

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー 親友のRinaさんとナイアガラの滝 Kyokoさん

カナダ東部の旅行はトロント→ナイアガラ フォールズ→モントリオール→ケベックシティー→トロントと移動しました。

トロント
トロントは噂通りビジネスの街で高いビルが多く少し日本と似ている気がしました。世界一高いCNタワーで食べたランチはこの旅行の中で一番美味しかったです。回転レストランなので外の景色を満喫しながら食事を頂くことが出来るのでとても良かったです。

ナイアガラ
ナイアガラフォールズはカナダとアメリカ両サイドから見ることが出来ました。たった50セントを払ってレインボーブリッジを渡るとそこはアメリカ・ニューヨーク州。日本にいた時から行きたかった場所なのであの迫力を生で見た時には感動しました。

ケベック
ケベックはここはフランス(?)と思わせるほどフランスの香りが漂い石畳やブロックごとに綺麗に整列して建っているかわいくも素晴らしい街並みを楽しむ事が出来ました。

そして、この旅行を通じて感じたことは、私にとってバンクーバーが一番の街だということです。バンクーバーは山も海も公園も全てが近くにあっていつも私の心を温めてくれるからです。確かにバンクーバーは「あかぬけない」という感じなのですが「住めば都」とはまさにこの事です!!

長い人生のたった1年、されど1年 第二の故郷・カナダで得たもの

ワーキングホリデー 語学留学 バンクーバー 成長した私 Kyokoさん 

初のバックパッカーとなりユースホステルを転々とし、とても良い思い出を胸にバンクーバーに戻ってきてから新しいカフェでの仕事が始まりました。お客さんは常連の人が多くとても親切です。仕事仲間の人達もとても良くしてくれるので忙しいお店なのですが今現在も楽しく働くことができました。

日本にいた頃にも生活の波はあったはずなのですが、全く感じることもなく平凡に過ごしていました。けれどもカナダに来て良いことがあれば悪いこともあり嫌でも生活の波というものを感じる事となりました。そんな時にいつも側にいて助けてくれたのはルームメイトであり友達です。その人達のお蔭でくじけそうなときも前に進むことが出来、少し強くなれたのではないかと思っています。特にルームメイトのリナとはお互いを高め合っている仲だと思っています。問題があればその都度解決し時には夜中まで話すこともありました。彼女は次の日も学校があるのにも関わらず私の話を聞いてくれました。私達はお互いを尊重し合うことをとても大切だと考えていて学んだ事を共有し、お互いの友達も紹介しあいました。よく”仲の良かった友達がルームメイトになって仲が悪くなってしまった”という話を耳にしますが尊重し合い、理解しようとする気持ちを持っていればそんな事にはならないと思います。”自分、自分”となりがちなのですが、相手の気持ちを考える事を忘れない様にする事が大切だと思います。私がカナダで出会った人達はいつも親身になって私の事を考えてくれる人ばかりでそんな私はとてもラッキーだと思います。

そして約1年前にカナダ行きを告げた時に反対もせず送り出してくれた家族に今とても感謝しています。日本にいた時にはあまり考える事のなかった「愛情」を今とても感じています。これは友達やボーイフレンドでさえ築く事の出来ない「愛情」です。家族は何があっても私の見方になって私の支えになってくれています。
カナダの家庭では子供に愛情を100%注いでいると感じましたが、今は私も負けないくらい海の向こうから感じています。仕事を失い初めて日本に帰りたいと思った時、日本に電話し心境を話すと「そんなに頑張りすぎなくていいじゃない。焦らずにゆっくり次の仕事を探せば良いのよ」この言葉でどんなに私の気持ちが楽になった事でしょう。そんな家族がいるからこそ残りの日々も楽しんで一回りも二回りも大きくなって帰国出来る様頑張ろうと思うことが出来ました。

カナダでの生活は1年というタイムリミットがあるので焦ったりナーバスになったりしたのですがそうなっても何も変わる事はないんです。私は自分の事を誰とも比べる必要はないと考えています。「私は私」なのです。それぞれのペースで前に進んでいけば良いと思っています。これからカナダに旅立たれる方には色々な期待や不安があると思うのですが何事にも挑戦する気持ちをもって頑張れば結果は後からついてくると思います。小さなチャンスから大きな可能性をつかんで下さい!!

最後に、私がカナダで得たものは
→粘り強く頑張る事の大切さ
→人生を楽しむ事の素晴らしさ
→全ての事において可能性があるという事です。
そして、私のモットーは「いつも心は温かく」です。

Kyoko

ピュアカナダへのお問合せ

ピュアカナダへのお問合せ

当体験談のプログラム・年齢・都市・学校

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP