Company会社案内

スタッフ紹介

小谷比呂美の物語

創業の瞬間(1999年9月)から現在までで、3児に恵まれ、妻として、母として、一人の女性として過ごす日々の中、親として子を留学へ送り出す痛みや葛藤、そして素晴らしさを感じることができました。こんな私の人生が、1つの出会いから、どのように動き始め、今に至るのか、そして留学への思いを綴らせて頂きます。

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
別世界

私が地元でOLしている頃、小谷(主人)はカナダやオーストラリアに留学をしていて、その頃の私にとっては全く別世界の人でした。 (同じ頃、弊社を支えてくれている光好奈巳、福田弥絵子、前任者の曽我朋美も同じくカナダやオーストラリアへ留学)

なぜなら私が中学2年生の頃、父親が癌で亡くなり、母・祖母・弟・私の4人が、普通に生活するだけでも必死でした。『将来こんなことがしたい』『自分の夢はこれ』、『海外に行ってみたい』等、考えたことがなかったからです。

当時、女性として「幸せな結婚生活、出産、家族の皆が健康で楽しい日々を過ごせたら、それだけで良い」と思っていました。

そして転機

結婚式の翌日、主人と二人、カナダに渡りました(初海外)
ピュアカナダの創業準備のためです。
私自身は留学経験がなく、英語も全く分からず、話せない状況で、何もかもが新しいチャレンジの連続でした。

カナダに渡って3ヶ月間、
  ・会社名を考える
  ・どのように仕事を進めるかを考える
  ・提携してくれる学校へ営業
  ・各学校のプログラムや仕組みの勉強
  ・主人、ウィリアムと3人でのカナダライフを満喫
と、目が回るような時間の中、楽しさに溢れる日々でした。

ピュアカナダの創業者である主人とウィリアム、そしてキャーラ(ウィリアムの愛犬)との生活は、それまでの私の人生とは全く違う素晴らしいものでした。
人のおおらかさ、言葉、食事、習慣、時間の流れなど、何もかもが日本と違っていて、当時20代だった私の価値観が大きく変わりました。
主人が「なぜカナダという国に惚れ込み、カナダ留学を広めたいのか」の意味が理解できた瞬間でした。

当時、カナダ留学中だった曽我朋美ともこの頃に偶然の出会いを果たし、大きな刺激を受けました。

変化

私には学歴も留学経験もありませんが、この3か月のカナダ滞在を通して、自分の人生がとても大きく変わりました。
考え方や捉え方、日本やカナダの良いところや改善点など本当に人生の多くの気づきを得ましたし、日本での生活は何もかも恵まれていたんだなぁとカナダに行ってみて改めて実感しました。

日本で普通のレールの上を歩いてきたことに関して、決して悪いとは思いません。
しかし、もっと視野を広げて、様々な人々との出会いを通じて、創業当初の自分と比べて、性格も考え方も大きく変わり、成長したと実感しています。

日本での当たり前が、海外に行けば当たり前ではないこと、違いや間違いや良いことなど、いろんなことが気づけました。

母として、我が子を留学に送り出す経験

主人と話し合い、我が家では、子供達が小学3年生になる年齢から夏休みの短期留学に挑戦させることにしています。
毎年夏にカナダ出張する父親(小谷)と共にカナダに渡ります。
しかし、カナダに到着したら、1週間~2週間、親から完全に離れ、一人で学校のプログラムに参加し、ホームステイ or 寮にも自分だけで滞在します。
この間、同じカナダに滞在中の父親は様子を見に行くことも、連絡を取ることもしません。

長男が小学3年生の夏、初めての留学に出発する日のことは、今も頭から離れません。

息子は飄々としています。カナダでは一人で生活することしっかり理解し、腹の底で覚悟が決まっていることが伝わってきました。
それに対して、母親である私は、言葉にならない不安でいっぱいでした。
しかし、ネガティブなことは言ってはいけない、ポジティブな言葉で「楽しんでおいで!」と声を掛けることが精一杯でした。

長年、留学会社を運営してきた人間として、留学の環境はよく分かっているつもりです。
しかし、この日、自分の子供を留学に送り出すまでは、本当の意味で、手を離して異国に行かせる親の気持ちは分かっているようで分かっていませんでした。

息子をギュッと抱きしめた途端、涙が流れました。
でも、息子に涙はありません。
親が思っている以上に子供達はとても逞しく、想像以上だということ。
子供の自立を願うなら、親から子離れをすることの大切さを学びました。
いつか、親と子は離れ離れになります。
一緒にいられる限りある時間の大切さを痛感し、子供達との時間を思いっきり楽しもうと思っています。

日々成長

創業以来、本当に色々なことを経て、色々なことが見えてきた気がします。

◆カナダに留学する本人の気持ち
◆子供を留学させる親の気持ち
◆ホームスティファミリーの気持ち(日本から留学生を受け入れる立場)
◆学校や教師、スタッフの気持ち

そして、
私は母親として息子や娘を留学させて本当に良かったと思っています。
小学3年生の息子が初留学から帰国した際、目に見える部分、見えない部分の両方で、大きな成長を感じました。
・物怖じしない
 ・人を肌の色で判断しない
 ・人を思いやる心の芽生え
 ・自分で考える力と癖づけ
 ・日本にいる家族や友人への感謝の気持ち
 ・笑顔の大切さ
など、本当に多くのことを、カナダ留学を通して学んでくれていると感じています。

子供が何歳になってからでもいいと思います。
小学生でなくても、中学生、高校生、大学生、社会人、いつでも良いと思います。
遅すぎることなんてありません。

親が子離れできないと、子供もいつまで経っても親離れできないと思います。
いつでも「親が何とかしてくれる」という気持ちが子供の中であるからです。
逆に「思いっきりチャレンジしておいで」と送り出してあげることによって、子供達には「失敗しても、迎えてくれる家族、そして帰る場所がある。思いっきりチャレンジしよう」と感じてくれるのではないかと信じています。

さぁ今からでも遅くありません。
いかに子供を自立させ、子離れするかが親の務めだと思います。
いざという時に子供の力になれれば、常に一緒にいなくても気持ちや心が通じるはず・・・

創業以来、ピュアカナダのお仕事を通じて実感していることは、
『何でも最後は自分次第なんだ』ということ。

何でも「できるか、できないか?」ではなく、
「やるか(tryするか)、やらないか?(tryしないか?)」
だということ。

結局、「今ある自分は、自分で選んだ道であって、責任を持って最後までやり遂げることが大切」なんだと思っています。
そんなみなさんのカナダ留学へのお手伝いができれば嬉しいです。

プログラムに関するお問い合わせはこちら

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP