スタッフブログ

弊社の日本オフィス、カナダオフィス、そしてお客様からの、
リアルタイムの生の声をお届けいたします!

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
2020年05月07日

ILAC(アイラック)~カナダ留学訪問記 #3

学校訪問記 #3 ILAC

こんにちは。
ピュアカナダ留学センター代表の小谷順士(こたにじゅんじ)です。

弊社の哲学、「ご紹介する全ての学校を訪問する」という点について、今回以降は、実際に訪問した学校のご紹介をしていきたいと思います。
350校以上を訪問してきて、僕の目は「どこの誰よりも厳しい目」をしていると思います。そんな中、長年、弊社のお客様に期待以上のカナダ語学留学を提供し続けてくれている学校です。

ILAC(アイラック)

International Language Academy of Canadaという、長い名前の学校は、現在、カナダで最大級の語学学校です。インターナショナル・ランゲージ・アカデミー・オブ・カナダと呼ぶのは大変なので、頭文字を取ってILAC、これで業界ではアイラックと呼ばれています。

弊社は創業が1999年ですが、このILACは1998年が創業だったと記憶しています。
20年以上前に学校を訪問した際には、学生数は今の10分の1にも満たない人数でした。
学校を開校した当時は、僅か25人の生徒からスタートした学校は、今や、カナダ最大の語学学校であり、トロントキャンパス2000人、バンクーバーキャンパス1500人を超える規模を誇ります。

すぐに惚れ込んだ理由

初めて学校を訪問したとき、「この学校は信頼できる」と感じました。
出迎えてくれたのは、共同創業者のIlan(イラン)さん。僕より2~3コ年上の兄さんと言った感じの人で、気さくな人です。
カナダ留学訪問記 #1でもご紹介した通り、「ウェルカム」と「門前払い」という2タイプがあるなか、ILACは「大ウェルカム」の学校でした。
当時はトロントキャンパスだけだったので、トロントを訪問し、その時点でウェルカムな雰囲気はガンガン伝わってきました。ILACのことを聞き、ピュアカナダのことを話し、交互に話し合うような感じ。キャッチボールが心地よいのは、イランさんのコミュニケーション能力の高さゆえかもしれません。
イランさんをはじめ、彼らが集中しているのは、常に「顧客の満足」だったように思います。彼らの言葉には想いがあり、「僕達が生徒さんに、そしてエージェントに、ILACが力になれることは、できることはないだろうか」ということを常に考えてきました。
僕達が「この人は信用できる」と惚れこむまでに時間はかかりませんでした。

 

激戦のカナダ語学留学で、ILACが人気の理由

ILACは、カナダで最も人気の高い学校として、不動の地位を確保していると言っていいでしょう。それには、明確な理由が複数存在しています。

1、国籍比率が整っている

現在、年間70か国からの留学生を受け入れているという、世界で最も国籍比率が整った学校と言えます。クラスメートが日本人ばかり、アジア人ばかりという環境にならないのは、英語を習得したい日本人学生にとって最良の環境でしょう。

2、レベルが17に分かれている

17レベルに分かれているというのは、これまた恐らく世界一でしょう。細かく分かれていることによって、クラス内でレベルの開きがないため、つまり同レベルの生徒同士がクラス内にいることになる為、間違いを恐れなくなるという相乗効果が見込めます。

3、プログラムが素晴らしい

大雑把に分けると、現在のILACには、
一般英語コース
・英語関連コース(ビジネス英語TOEFLなど)
大学進学準備コース(Pathway)
Co-op(コープ・仕事体験)・・・(これは専門学校であるILAC International Collegeの提供)
の4つです。

どこに世界のニーズがあるのかを見極め、それにすぐに対応し、質の高いプログラムを提供しています。

4、スタッフが素晴らしい

下記に詳しく書きますが、やはりサポートして下さるスタッフが素晴らしい、これは、我々だけでなく、どのエージェント様も同じ思いではないでしょうか?!

歴代の素晴らしいスタッフ達

20年前から、ILACのスタッフとして日本マーケット担当として勤務されてきた方は、イランさんを皮切りに、マグダさん、ミホさん、アイさん、スミヨさん、ナツキさんと、脈々と素晴らしい人々がお仕事をされており、そのいずれの方も信頼でき、安心してサポートをお任せできました。

人間力と言うのは、やはり学校や企業の根幹となるものなのだとILACを見ていて強く感じます。

ILAC 訪問時にイランさんと
20年以上前、初めてのILAC訪問時のイランさんと弊社代表の小谷(写真が粗いのが時代を感じます)
ILAC イランさんが来日
イランさんが来日
ILAC トロントキャンパスにてミホさんと
トロントキャンパスにてミホさんと
ILAC マグダさんと息子
マグダさん来日時、息子も一緒に食事に行きました
ILAC バンクーバーキャンパスでアイさんと
バンクーバーキャンパスにてアイさんと。今も家族ぐるみのお付き合い!
ILAC スミヨさんが弊社を訪問
スミヨさん来日。同じく、今も家族ぐるみのお付き合いさせて頂いています!

ILACの営業に「成功の秘訣」が隠れていた

今まで、他の学校と違うな~と思っていたことをここでご紹介します。
僕はILACを何度も訪問してきました。
同時に、ILACのスタッフ達も、日本&カナダの弊社のオフィスを何度も訪問してくれています。
そこで、気づいたことがあります。
彼らは、僕に営業をしてこないのです。
ILACの学校のことを、ほぼ話さないのです。
彼らは、僕達エージェントの要望を聞き、お客様の要望に耳を傾け、お客様が喜ぶことを全力で実現しようとするのです。

これから社会人となる方々にとって、このILACの歴代のスタッフさん達の行動は参考になるのではないでしょうか?!成功の秘訣だと思います。

人と人との繋がり

ILACで歴代お勤めになっていた方々の中で、特に仲良かったスタッフ達とは今もお付き合いが続いています。つい先日も、Zoomで世界中のエージェントとミーティングをしていた際、カナダに住んでいるイランさんと、ロシアに住んでいるマグダさんから「じゅんじ、久しぶり!元気にしてる?!」と個人的にメッセージが飛んできて、そういう時、とても嬉しくなります。
日本人スタッフとして活躍したアイさんは、現在日本におられますが、お互いが親になった今は、家族ぐるみで交流が続いています。
スミヨさんとも、ILACでのお仕事を終えられても、個人的に繋がり、一緒に食事に行ったりしています。

この人とのつながりを大切にする「人間力」が、学生数が2キャンパスで3000人を超えた今も、世界中の留学生から、そしてエージェントから支持される理由ではないかと思います。

ILACに興味を持たれたら

ILACについて、ご質問がありましたら、お気軽にお問合せ下さいませ。
お問合せの方法は以下から。
資料請求はこちら
メールからのお問合せはこちら
LINEからのお問合せはこちら
お電話からのお問合せはこちら
無料カウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP