スタッフブログ

弊社の日本オフィス、カナダオフィス、そしてお客様からの、
リアルタイムの生の声をお届けいたします!

カナダ留学ならピュアカナダ

カナダ留学をサポート

0120-391210
2020年05月18日

ビクトリア大学(University of Victoria)~カナダ留学訪問記 #6

学校訪問記 #6 ビクトリア大学

こんにちは。
ピュアカナダ留学センター代表の小谷順士(こたにじゅんじ)です。

弊社の哲学、「ご紹介する全ての学校を訪問する」という点について、20年以上前から続く学校訪問の中でも、印象に残っている学校をピックアップしてご紹介していきたいと思います。

単位認定留学を希望される日本の大学生は、私立語学学校ではなく、カナダの大学付属語学コースでの留学が必要条件となる場合が多いです。そんな時、とても満足度が高い大学をご紹介致します。

ビクトリア大学(University of Victoria・Uvic)

ビクトリア大学は、正式名はUniversity of Victoriaですが、カナダ人にはUvic(ユービック・ユーヴィック)という愛称で親しまれています。

ビクトリア大学との出会いは、ビルおじさんでした。伝統と歴史のある世界有数のUniversity of Victoria(Uvic)は、英語コースと短期ビジネスコースを提供しています。
これまでに、弊社は、どちらのスタッフも訪問し、一緒に食事をし、最も信頼できるスタッフさん達とお仕事を行ってきました。
世界有数の大学の中でも、他にない12週間のビジネスコースを提供しています。

ギャリ―さんとの関係

Mr. Gary Holtomさんは、ビジネス学部のディレクターさんです。
これまで、何度も何度も交渉を重ね、ピュアカナダ留学センターはUvicのビジネスプログラムの公式エージェントとなりました。
それから数年、Uvicのエージェントとして仕事をしていたある日、ギャリ―さんから郵送物が届きました。そこには「Preferred Agent」の文字が。これは、「ピュアカナダは、ビクトリア大学の特別なエージェント」という意味です。何度も何度もコミュニケーションを重ね、プログラムを学び、学生にご紹介し、ギャリ―さんはカナダ側で学生に最大限のプログラムとサポートを提供し、お互いが切磋琢磨する関係性だっただけに、本当にうれしかったです。
しかし、ギャリ―さんは、ご病気となられ、ほどなくして逝去されたことをUvicのスタッフから聞きました。ギャリ―さんは、退職される直前、ピュアカナダのことを「いいエージェントだから、よろしく」と話して下さっていたそうです。ありがたくて、感謝の気持ちでいっぱいです。ギャリ―さんのご冥福をお祈りしています。
UvicのGaryさんUvicのGaryさん

懐かしいGaryさん、弊社ビルと共にUvicを訪問

ELIのスタッフさん達

これまでに様々なスタッフさんと一緒に食事をしてきました。特に印象に残っているのは、当時のELIのディレクターであるクリスさんとビジネスコースのマーローさんとの食事です。この日、Uvic内にあるとても雰囲気の良いレストランを予約して頂き、ご馳走になったのですが、とても楽しくて、とても充実したミーティングとなりました。この日、日本人スタッフのレナさんにも初めてお会いした日となりました。
その後に訪問した際にはカイラさんとも、また現ディレクターのジャッキーさんともお会いして、情報交換をしつつ、多くのお客様にUvicのELIの素晴らしさをお伝えしています。
UvicのChrisさんとMarlowさんと食事

英語コースのクリスさん、ビジネスコースのマーローさんとランチミーティング
UvicのRenaさん

日本人スタッフのレナさん
UvicのKylaさん

英語コースのカイラさん

ビジネスコースのスタッフさん達

前述のGaryさんを通して、12週間のCertificate in Business Administration(CBA)コースについて学びました。ギャリ―さんの退職後、リチャードさんとパットさんという運営をされ、教えてもおられる教授陣とお会いし、プログラムの素晴らしさやサポート体制というを聞かせて頂きました。また別の時に訪問した際には、前述の通り、マーローさんともお会いし、信頼関係を深めています。
UvicのRichardさんとPatさん

ビジネスコースのリチャード教授とパット教授、お二人とガッチリ握手

息子と妻が実感したこと

リチャードさん&パットさんと、ビジネスミーティング兼食事後、ビクトリア大学を訪問時、妻と当時1歳の息子も一緒に大学にいました。晴れた気持ちいい日でした。息子は大学のとある建物のドアを通るのが楽しくなったようです。この歳の子は、同じことを繰り返すので、入っては出て、出ては入って・・・を何度も何度も繰り返したそうです。そのたびに、通りすがりのカナダ人学生(男性も女性も)が「はい、どうぞ」と、歩いてくる息子をずっとドアを押さえて待ってくれているそうです。それが何とも自然で、押しつけがましくなく、別の学生さんが毎回毎回ドアのところで待ってくれるので、妻が「ビクトリア大学、サイコーやわ~」と大絶賛でした。

満足度が高い

これまで、多くの方にビクトリア大学で学んで頂きましたが、満足度が低かったことがありません。人気が高いため、日本人学生の割合が特に夏と春は多くなりますが、それでも、提供される機会として、授業の質、アクティビティ、ジャパンクラブ、そして、何より気候の良さと美しいビクトリアの街、どれもこれも満足度の高さに繋がっています。
ビクトリア大学で学んだ方が、友達や後輩を紹介して下さって、またビクトリア大学を目指されるというサイクルが続いています。

Uvicに興味を持たれたら

これまでに沢山の方がビクトリア大学で学ばれましたが、皆さんが「Uvicは、大切な友達にでも自信を持っておススメできる」と言ってくれるほど。
質の高い教育に加え、世界でも随一の自然に囲まれた美しいキャンパス、カナダで最も温暖な気候、優しい人々など魅力満載で、成長できる機会であり、世界中の友達と出会い、語学力を習得し、人間関係を深め、自信を身に付けるようなカナダ留学を実現したい方は、ぜひお気軽にお問合せ下さいませ。
お問合せの方法は以下から。
資料請求はこちら
メールからのお問合せはこちら
LINEからのお問合せはこちら
お電話からのお問合せはこちら
無料カウンセリングはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

フェイスブックのページ
インスタグラムのページ
TOP